フォト

ポチリとブログ村!

お気に入りリンク集

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

量販スポーツ店の狙い

昨日の台風typhoonは意外に大した事無く、あっさり通過してしまいました・・・・

 

かなり前から娘と約束をしていたテニスラケットtennis購入の件に関して、先週より始まった

量販スポーツ店さんの値引きセールに一家で行って参りました。

 

元々テニスを始めるにあたり、『続けるつもりなら良い(高い)ラケットを買ってあげるsign01』と、

半ばギャンブルに近い形で、番長が昔使っていたラケットを使用させていたのですが、

意外や意外coldsweats01たいして上手く無いらしいのですが、1年半以上続ける結果となりました。

 

中学生としては、あと1年程度しか部活動の機会は有りませんが、その先も考え父親と

して、約束を果たさねばなりません・・・・

 

今回購入したラケットがこちらです。

 

Spotaka_tennisrprince0075

Prince EXO3

 

ハッキリ言って今の実力からしたら、ラケット性能を本当に理解出来るレベルでは無いと

確信しておりますが、どうせ買うなら現状のお古と同じレベルのラケットでは意味が無いと・・

ガットも含めて諭吉2枚で手を打ちましたsweat01

 

ここで、今回の20%offが無かったら?と安易に考えると、漱石4枚を得した事になり、

このラケット購入は以前から決まっていた事だし・・・・と

 

得した漱石4枚は管理人の物? との錯覚に陥り(?_?)

 

買ってしまいましたcoldsweats01

Dsc06549

ナイキ DRI-FIT

 

完全に店の狙いにハマった“”となってしまいました・・・・・

 

お陰で11月も貧民生活決定です。(;一_一)

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

 

 

 

 

2010年10月30日 (土)

トレック子弟さんとの出会い

昨晩はバイクを通じて知り合いとなったトレック子弟さん達とbeer親交を深めて参りましたsign01

 

我々の馴れ初め(笑)は、この10月に初の『裏ヤビツライド』に行った際に、宮ヶ瀬付近

から同じコースで何度も遭遇した事がきっかけとなり、ヤビツ峠の頂上にてお話をさせて

頂いたのがスタートでした。

  

その時は自分がブロガーである事は話さず(なんとなく照れくさいcoldsweats01)、撮らせて頂いた

TREK Madone の写真を掲載させて頂いた所、なんと管理人を発見してくれてshine

 

その後何度か連絡を取り合い、昨日再開を祝って盛り上がる事と・・・・up

 

Dsc00224

 

注文した料理がポスのトラブル?により、おつまみ無しでビール2杯を飲む位

楽しい話が続き、結局同じお店に4時間以上居座る事と・・・・bottle

終電近かったです(笑)train

 

このヤビツ峠での出会いに始まり、たまたまお弟子さんと管理人の名前が一緒だったり、

皆の都合が合わずに延び延びとなった飲み会も、見事台風避けたピンポイントの日に

当たるなど・・・・・チョット運命的な偶然を感じずにはいられないと思っています。

  

宴は来月ヤビツへご一緒させて頂く計画を立てて解散となりましたが、今後トレック子弟

さん達との楽しい話題(ライド)が増えればとsign01 期待は膨らむばかりです。happy01

 

こんな出会いをプレゼントしてくれたEscapeに感謝です。!(^^)!

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします! 

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

 

 

 

 

2010年10月29日 (金)

特別セール

冬対策のネタは先日報告しましたが、タイツの購入が未だ完了していませんでしたので、

『会員さま特別セール』の誘いに負けて、スポーツ用品店へ行って来ました。

 

早速ですが、今回管理人が行ったお店がこちら(決して宣伝では有りませんcoldsweats01)です。

 

一応過去に大した買い物はした事が無いのですが、

oneカード提示で5%off

two自転車売り場もあり、そこそこ部品も置いている(予備チューブ購入経験有り)

three特別割引の誘いが来る

 

今回の誘いは・・・・・全品15%off 1万円以上で20%offsign01

 

女性だけでは無く、オヤジもバーゲン(値引き)の言葉に弱いのです・・・・(*^_^*)

 

 

購入品1 半袖ドライウエアー

Dsc06280

メーカーはスポーツオーソリティー?ブランドです。

 

Dsc06283_2

結構良い感じですsign01

 

購入品2  ランニング用タイツ

Dsc06290

3Dパットが無い自転車用レーパンと同じです。

メーカーはスポーツオーソリティー?ブランドで、今回の目的の品をGetですsign03

 

Dsc06291

裾がチャックで非常に履きやすかったです。

 

Dsc06292

腰からももの部分にかけてデザイン&素材変更が有り、とてもお洒落です。

 

購入品3 冬用ランニングジャージ

Dsc06284

ぱっと見は自転車用と何ら変わりが有りません。

 

Dsc06285

薄手ですが、裏起毛で温かくサイズもピッタリでしたlovely

 

Dsc06287

自転車用と形状は違いますが背中にチャック付きのポケット有りsign01

 

Dsc06289

背中側が長く、裾にはめくれ防止のゴム処理有りsign02

 

さてさて・・・・・・貧乏な管理人が何故か大盤振る舞いの3点買いnotes

 

moneybag今回のお支払金額は・・・・・

 

ヒントです! ジャージの値札ですsweat01

Dsc06316

 

 

皆さんでしたら、この3点に幾ら迄なら出す価値があるでしょうか?

 

管理人が支払った金額は

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・

 

 

moneybag \3,881- 

詳細:①半袖ドライ\1,343- ②タイツ\1,691- ③ジャージ\847-

買い物上手でしょうか? (*^^)v

  

今週末は、娘を連れてテニスラケットtennisを購入しに行く予定ですが、こっそり掘り出し物を

探すつもりです(^O^)/

 

 

 

 

 

 

2010年10月28日 (木)

禁煙開始から75日経過

『600万ドルの男』走るサイボーグブロガーkanokaですgood(笑) 

 

夏休みより開始した禁煙nosmokingが、75日を経過して当初目標の3カ月迄あと一息となりました。

 

昨日は新潟のビジネスホテルに泊まりましたが、予約が遅かった関係で禁煙室は既に

満室fullで・・・・・・喫煙室に泊まりましたcrying

 

別に酔っぱらっていた訳では有りませんでしたが、煙草の臭いはあまり気になりませんでした。

 

75日目の感想ですが、未だ突然発生する動悸に悩まされていますdown

実際その時は、大きく深呼吸する事で乗り切っていますが、何時までこの状況が発生

するのか??ちょっと心配です。

 

心配と言えば体重の変化ですが・・・・wobbly

 

かなりヤバイ状況に危機感を感じています。

自転車に乗る前 ⇒ 通常67kg(max70kg)の中年体型

自転車で週末ライド ⇒ 通常63kg(min61kg) 体脂肪16%前後

禁煙開始の現在 ⇒ 65~66kg 体脂肪18%程度

 

このままでは、また履けないズボンが増えてしまうかもしれない・・・・

 

今度はダイエットネタでも考えないとまずいかも知れませんsign03 (笑)

 

 

2010年10月27日 (水)

バックバック投入

肩こりが嫌な管理人は、サイクリング時の小物は全てウエストバックへ収納していましたが・・・・

 

最近峠に行く機会が増えた事により、色々な問題点が出て来ました。bearing

季節の変わり目は、温度調節をこまめにする必要があり、着替えを持ってゆきたいなぁ~とかsign01

山の上にはコンビニは有りませんので、それなりの食糧等を絶えず携帯する必要が出て来て・・・・・・

ウエストバックではチョット容量不足を感じて来ました。

 

そこで、重量の軽いバックバックはないかと探していると・・・・shine

やはり deuterのトレールランニングが気になりclip

09_009

 アドベンチャーライト8 530g 容量8L 定価7,000-

 042

アドベンチャーライト10 550g 容量10L 定価7,300-

 

とここで、管理人がロングで使用しているウエストバックは容量が4Lです。

詳細記事はこちらをご覧下さい。

 

やはり8L(2倍)程度ではチョット少ないかdown

 

そこで更に他のカテゴリーも探してみると・・・・・flair

有るじゃないですがsign01 管理人好みの一品を発見sign03

 

108

レースX 560g 容量12L 定価7,000-

 

お気に入りポイント

one重量が非常に軽い!ランニング用とほぼ互角sign01

two現状ウエストバックの3倍の容量

threeチャックを含め分割内容が使い易そうhappy01

fourアドベンチャーライトに比べて、ライド時の前傾姿勢を考慮した設計?だそうで・・・・

 (使っていないので、その差は不明です・・・笑)

 

と心に決めてsign01  遂に購入moneybag

 

 

Dsc06270

色々考えましたが、ナルシマさんであっさり購入(10%offでネットよりお得)paper

 

Dsc06271

ヘルメットカラーとおそろいで気に入りましたsign01

 

Dsc06273

何といってもこの肩や背中と触れる部分が、最大の特徴と言えると思います。

 

Dsc06274

メイン部分はメッシュの小物入れと、背中側に薄い仕切りが作られています。

お財布や薬を入れる事になるのでしょうか?

 

Dsc06275

トップ部分に開閉口があるポケットです。

携帯電話入れになるのでしょうか・・・・mobilephone

 

Dsc06277

keyホルダー付きのポケットです。

この辺がこのバックに決めたポイントと言えるかも知れませんbell

 

Dsc06278

バックの下側には、レインカバーrainが仕込んで有りますsign01

管理人は雨の日にお出かけはしませんけど・・・・(*^_^*)

 

 

さて、肩こりの具合ですがrun 先日の和田峠ライドでは殆ど問題有りませんでしたscissors

次回重量が増えた時に再度確認したいと思います。

 

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

 

 

 

2010年10月26日 (火)

kanokaブログ

こんばんは!kanoka in 上越です。bleah

 

2週間ぶりに新潟へやって参りましたが、天気は最悪typhoon

今晩はきっと妙高の峠は初雪になるかと・・・・・・snow 帰れるだろうか(汗)

 

さて、最近自身のブログ内容をまじまじと見てみると、まともな文書になっていない

事に気付かされます。

 

元々焼酎片手に色々なブロガーさんの記事を流し読みする事がいつの

間にか管理人の日課となり、仕舞いには自分でブログを書き始める事に

なっているこの現実sign01

 

当然書いている側になった時も、自分が読みやすいブログ形式をそのまま

実行する(最高でも3行迄)と、何とも低レベルな内容にdown 

(絵文字等を使うのもどうかと・・・・・笑)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

 

前振りも無く愚痴の様な内容に、レギュラー読者の方は驚かれているのでは?

ないのでしょうか・・・・

実は、自転車開始より1年経過だったのですが、それらを記事にする事無く、

逆にレギュラーメンバーの方々にお祝いの言葉を掛けて頂き・・・・・

 

たまには、文書だけで長文記事を書いてみようかと(笑)今日は最近感じている

事を脈絡もなく書きなぐってみたいと思います。

 

 

さて、ブロガーの皆さんは何の為にブログを書いているのでしょうか?

私の場合は突然PCが壊れてデーターが消えた事件より、自転車の記録を

安全に保管する方法の一つとしてブログを開始しました。

 

ですので個人的な記録項目が多く、カテゴリーを分類した構成のページと

なっているのが現在の姿です。(自転車ばっかりですが・・)

 

いざブログを開始してみると、自分が書いた記事にコメントを記載して頂いたり、

ブログを通して見ず知らずの人と知り合いになったりと、ネットの力を体感する

数ヶ月が続いて来ました。

 

書いた記事への閲覧数字がどんどんと上がって行き、言葉を交わす知り合いが

一人また一人と増えてゆく・・・・・

 

今までには無い生活は、仕事を除いて一つの大きな柱になった事は間違え有りません。

 

毎日の記事更新と、お気に入りのブロガーさんの日々の記載記事を読む事が、毎日の

自然な行動として繰り替えされる様になってしまったのです。

 

 

私はブログ村に登録していますが、ランキングはそこそこの順位で頭打ちとなり、少数の

仲良しの方が押してくれる応援にてINポイントを保持していますが、これも最近は何か

矛盾を感じる事が多く、何か虚しさを感じる事も有る位です。

(思いっきり順位が上がれば別なのでしょうが・・・・笑)

 

本来であれば沢山の方のブログへ訪問し、それをきっかけに当ブログへの訪問者が

増え、ランキングが自然と上昇⇒同じ趣味(考え)を持った方と知り合い週末ライドや

イベントを企画して皆で楽しむ!なんて事が理想だと・・・・・・・

 

そう考えてランキングに参加しているのですがなかなか時間が取れずに他のサイトへ

訪問する余力が有りません(笑)

 

当ブログのお気に入りリンク先貼り付けも、実は相手先の了解を取った事が有りません(笑)

条件としては、①管理人が気に入っているブログである事 ②kanokaブログへコメントを

記載してくれた事!  以上2点の条件で勝手に貼り付けています。(滝汗)

※コメントをくれたことがOKのサインと決め付けています!m(_ _)m

今後も実施させて頂きますのでご容赦下さい!

 

 

実は今週末に裏ヤビツで出会ったトレックの師弟さんと一杯飲む約束をしています。

最近のイベントの中では最も楽しみな時間となりそうです!

(出会いの記事はこちらをご覧下さい)

この出会いは当然裏ヤビツをたまたま一緒に上ったことがきっかけでしたが、お互い

特に名乗る訳でも無く、連絡先を交換することも無く・・・・・(当然ですね!)

しかし、このトレック師弟さんは私のブログ記事を発見してくれて、更に連絡まで・・・

(ブログをやっていて本当に良かったと感じた最高の出来事でした)

 

ブログを続けていれば、この様な出会いが今後も増えて行く事は間違えなさそうです

ので、出来る限り数多くの更新を目指して行きたいと思います。

 

今最大の悩みは・・・・・・多摩サイをホームとする方の書き込みが無い事です!

題名に“多摩サイ日記”と記載させて頂いておりますので、絶対検索でヒットした

方が読者にいると思うのですが・・・・(是非書き込みお願いします)

 

あと・・・・・

訪問者がオヤジばかりのオヤジブログとなっている事(爆)

オヤジブログはとても楽しく居心地も最高でお気に入りなのですが・・・

本来であれば、趣味を通じて違う年代の方(若い方だけでは無く年配の方

ともお話させて頂きたいです)や女性・ご夫婦ライダーさんの知り合いが

増えればと期待していたのです!(贅沢な悩み?)

 

週末に多摩サイ走って自転車やたわいも無い世間話、子供の話題とか

過去の経験とか気軽に話せる知り合いが出来れば最高なのですがhappy01

(一人娘がそろそろお年頃なので、良きアドバイスとかもらえればと・・・)

何か脈絡の無いつまらない話に長々とお付き合い頂きありがとうございました。 m(_ _)m

 

明日より通常営業へ戻りますのでので、今後とも宜しくお願い致します。

 

(  ̄^ ̄)ゞラジャ

和田峠ライド(撃沈のタイムトライアル編)

峠のタイムトライアルサイトが結構有る事に最近気付いた管理人です。coldsweats01

 

今回の和田峠は2回目という事で、事前にタイムトライアル(良く利用されている)の場所や

ルールを確認してから出発する余裕がありました。

 

先ずはコースの紹介です。

『和田峠』←ルートラボで見れます。

距離 : 3600m

平均勾配 : 10.08%(最大は18%弱との話です・・・・滝汗)

標高差 : 363m

ルート全般に休む事を許さない激坂の連続と、5つのインコースは走れないヘアピンから

構成される手強いコースです。

 

最初に管理人のEscapeの仕様を記載しておきます。

最も軽いギアは 28x25(1.12)です。

先日の裏ヤビツは 28x21(1.33)と28x23(1.22)を多用して登りました。

ノーマルEscapeは 28x32(0.88)、28x28(1.00)、28x24(1.17)となります。

したがって、現時点でのEscape仕様は、ほぼノーマルのリア2枚残しという事になります。

 

さて、この和田峠の記録を見てみると・・・・・こちらのサイトをご覧下さい。

最速は13:34sign01 信じられないスピードshine 

Best10は15分台とは pencil

 

前回はゼーハーshockで40分以上の貧脚管理人からしたら、異次元の話しです・・・・(笑)

さて、半年修行を重ねた管理人の実力は如何にsign01

 

先ずはスタート地点である『陣馬亭』event

Dsc06525_2

廃墟ですが、向かって右側には椅子と灰皿が用意して有ります。

 

スタート直後の路地ですbell

Dsc06528

間違えない様に、この右側に見える橋をスタートにした方が良いと思うのですが・・・coldsweats01

 

Dsc06521

帰りに撮った写真ですので、Escapeの向きが逆(下り)となっています。bleah

奥に峠の山並みが・・・・・

 

前半の約1.2kmは、程良い峠の雰囲気とトレッキングの人達を交わしながら進みます。

ガンガン走るロードの方3名程に軽くちぎられました。down

 

この区間のお気に入り風景を2枚程clip

Dsc06486

立木と木漏れ日notes

 

Dsc06474

苔の生えたガードがとても良い味を出しています。

一眼レフ(せめてもう少し画素数の高いデジカメ)が欲しくなって来ましたlovely

 

ここを過ぎると挨拶代わりの第一波がやって来ます。

Dsc06470

ほぼ直線で一気に上がるのですが、既にこの段階でギアは 28x25(1.12)です。(滝汗)

 

Dsc06469

少しの区間傾斜の緩い場所が現れます。

 

Dsc06467

ヒルクライム中(行き)は、ここでトレッキングの4人組が休息を取っていましたが、

これが最後の足休めポイントであり、以降約2.2kmはひたすら激坂との戦いとなります。

一度シフトアップするもすぐさま最も軽いギアへrecycle

 

1.9km地点の第1左ヘアピンです。impact

Dsc06463

一応まともな道に見えますが、Escapeの後ろタイヤに木の枝をはさんで

何とか止めている状態です。coldsweats01

 

上か見るとこんな感じです。

Dsc06461

ヘアピンの中では一番勾配が緩い?と思います。

 

Dsc06454

第1ヘアピンからのS字アプローチと第2右ヘアピンですimpact

 

Dsc06452

上から見た感じですが、ブラインドになっている分勾配を感じません。

 

ここまでの激坂区間で、MTBを4台抜かしそれなりのペースでペダリングしていたの

ですが、この辺から貧脚が悲鳴をあげ始めます・・・・・(>_<)

 

Dsc06450

何故かバタバタと倒れているsweat02 寂しい雰囲気・・・shock

 

屍の骨の山・・・・

足が上がらない・・・・・・・

このままスピードが落ちたらコケルのか・・・・・・・・sign02

 

Dsc06444

(第3ヘアピン入口から見下ろした画像)

  

おもぉ~い雰囲気になった瞬間第3左ヘアピンが登場impact

Dsc06438

Dsc06439_2

2枚とも上から見た画像ですが、最も絞られた部分に土がせり出し、コースが狭くなった

錯覚に陥ります。また、進行方向の左を見上げると、まさに2階へのはしごを登る様な

気分になってしまいます。

 

『駄目だsweat02このままでは登れずにコケルbomb未だビンディングを外す力が残っているのか?』

真剣に恐怖が襲って来ましたbearing

当然インコースはとても走れないので、右側のアウトコースを無視して走りますが・・・・

 

『ガードレールshineキャッチpaper

Dsc06442

(帰りの画像ですので、Escapeは逆向きです)

 

スタートより2.7km地点であえなく撃沈downwardright 

ガードレールを握りしめ、完全stopとなってしまいました。(T_T)

 

ゆっくりビンディングを外し、呼吸を整えますwobbly 今日も負けです(涙)

 

そんな管理人をあざ笑う様に先程抜かして行ったMTBがどんどん登って行きますsign01

 

焦る気持ちはゆっくり抑え(ここがどの位のポイントかも判断出来ていないsweat02)再スタートの

タイミングを計ります。

 

3人目のMTBが通った後で、その背中を追う様に再スタートを切りますbicycledash

 

あぁ~ なぁなんだぁ~sign02

 

足が異常に軽いup さっきまであんなに重たかった足が・・・・・

以前来た時は、一度止まると再スタートを切っても100m程度でまたSTOPdanger

そんな事を繰り返して泣きながら登ったのですが、今回は体力も急速に回復し

息苦しくも無いsign01 完全なnosmoking禁煙効果(*^^)v

 

するとギア比が違うMTBにすぐ追いつき、簡単にパスsign01

『失礼します!』 『お先にどうぞ!!』てな具合で・・・・

 

あと後気付いたのですが、このコースの一番の難所は第3左ヘアピンから第4右ヘアピン

迄の約600mが、コース・体力・気持ち的にも大きなポイントとなる様です。

 

Dsc06434

少し見晴らしが良くなり・・・・

 

Dsc06431

こんな目印が有る場所に・・・・・

 

『もののけ姫』の“こだま”の様なオブジェが有りますsign01

Dsc06425

 

苦しい上りのさなかで気付く事が出来たくらい、一回の休憩で復活したと言えますwink

Dsc06427

Escapeも一緒にパチリcamera

 

 

Dsc06421

大きな左コーナー

勾配はそこそこですが、気持よく登れる雰囲気です。

 Dsc06415

第4右ヘアピンです。 イン側の道が崩れています・・・・

 

Dsc06410_2

背の高いこの立木が目印です。

 

Dsc06406

和田峠唯一の絶景ポイントです。

ほんの一瞬ですので、見逃さない様に要注意ですsign01

 

そして最終第5左ヘアピンを迎えます。

Dsc06397

道幅は広く、道の中央部分でも登れる位の勾配です。

 

Dsc06395

上から見ると結構凄いのですが・・・・

第3、第4ヘアピンからすると、少し気持ち的に楽なヘアピンです。note

 

ここを過ぎれば後はゴールへまっしぐらぁ~upwardright

途中から山頂小屋の姿も見えて来ますので、一気に元気が出て来ますsign01

 

Dsc06393

ゴール地点から見た最後の直線です。

何人かのゴールシーンを見ましたが、何故か皆ダンシングでゴールしてました・・・・

実は管理人もsweat01 ゴールが見えて来るからだと思います。

 

果たしてタイムは?

Dsc06392

watch26分19秒  おぉ~ 結構早い?

 

サイトで確認しても、1.2近辺のギア比を使用している人達は20~23分程度で

皆記録を出している状況なのです!

もし、管理人がペダリングしていたペースを守って、途中休憩を行わなかったら・・・

20~23分の記録を出す事も出来たかも知れません。(*^_^*)

 

最終的にリベンジマッチは返り討ちにあってしまいましたが、是非次回こそはノンストップで

完走したいと思います。(@^^)/~~~

 

 

 

 

2010年10月24日 (日)

和田峠ライド

昨年の10月にEscapeを購入して、約1年が経過しましたbleah 今日は思い出の地に・・・・

 

現在の走行距離は、週末ライドのみで5000kmに達した状況ですが、その中でも最も苦手な

カテゴリーがいわゆる『峠』である事は言うまでもありません。sleepy

 

管理人の峠デビューはEscape購入より約半年、改造も一通り落ち着いた(資金が尽きた)

今年の3月末の事でした。

自転車歴20年を超える大先生の浜ちゃんからライドのお誘いが・・・・・

二つ返事で管理人がOKしたのが、こちらのコースでしたsign01

 

当時はルートラボ自体もまともに使っていない状態で、『距離は100kmちょっとですよheart02』との

説明に『まあ~ついて行けばいいやsign01』と何時ものいい加減な考えで・・・・

 

そりゃ~あsign01 完全にいじめかと思う様なコース設定crying 

和田峠では『足付き』なんて問題では無く・・・何度止まったか(--〆)

100m走ったら止まって休憩spa そしてまた100m走って休憩down みたいな感じでcoldsweats02

 

最後迄押し歩きだけはしたく無いとbicycle 泣きながら登頂・・・・

途中で心配してくれた浜ちゃんが迎えに来てくれる程の結果sweat01

多分40~50分は掛ったのではないかと思います。

 

そこで、半年経った自分の実力を確認するべく、再度同じコースを一人で行ってみる事にshoe

 

7:30 自宅出発

Dsc06320

今日はこんな服装です。(気温13~19度)

・ホームセンターヒートテック上下

・いつもの短パン

・ランニング用?長袖ジャージー

※本日よりバックバックを投入しました! 詳細内容は別途報告します。

 

Dsc06324

何時もの京王線高架cloud 天気がいまいちでとても寒いですdown

多くのライダーが走る中、浅川ルートで高尾駅を目指しますbicycle

 

Dsc06332

↑高尾駅 ←20号新宿方面 →20号大垂水峠(甲府)方面 ↓方面に進みますhappy01

 

しかしながら、このコースはここで補給物資を調達しないと、この先まともな場所が有りませんbleah

 

Dsc06326

とりあえずアメリカンドックを胃袋へ・・・

そしておにぎり2個とソーセージパンをバックバックへsign02

 

早速陣馬街道を目指してスタートしますが、このコースは目的の峠に到達する前に

結構な上りが待っています・・・・(>_<)

 

Dsc06334

第二多摩・八王子・東京と3つの霊園が密集するこの付近は、結構手ごわい坂が・・・・

半年前に来た時は、ここでかなり疲れてしまった様な記憶が・・coldsweats01

(ルートラボの最初のギザギザがこの部分です)

 

今回は難なくクリアし、我ながらパワーアップを感じますscissors

 

Dsc06336

高尾から約5.1km地点の『川原宿』の交差点clip ここを左に曲がれば陣馬街道となります。

 

 Dsc06344

高尾から約11.4km地点の『夕やけ小やけふれあいの里』に付きます。

 

Dsc06351

ここで軽量化を実施して、和田峠の入口へ向かいますが・・・・・

天気がcloud 午後は山梨県で50%の降水確立down

 

走りながらも考えていたのですが、今日は無理せず和田峠の登頂完了後、同じルートで

帰宅するコースへ変更する事にbearing こうすれば、行きの上りはひたすらライドに専念し、

帰路の下りで写真を撮りまくるsign01という作戦が使えますpaper (大分楽になりましたsmile

 

Dsc06363

ふれあいの里と出て間も無く『陣馬高原』のかんばんが出て来ます。

これを左に曲がればあとは和田峠迄一本道です。

 

Dsc06366

沢沿いに走りますbicycle この雰囲気が好きです。

 

Dsc06370

今日はライダーの数が非常に多く、スピードを上げたローディーさんがガンガン抜かして行きます。

(抜かれても慌てずゆっくりconfident 今日は走りながらシャッターを押してみましたcamera

 

Dsc06371

“ごごごごぉ~”とバスがbus やっとバスの折り返し地点に到着です。

 

Dsc06377_2

『陣馬亭』を発見sign02 ここがタイム計測の出発点として使用される場所です。

 

Dsc06374

バス停の待機所?(単なるトイレですbleah

今日はライダーだけでは無く、トレッキングの人達がとても多かったです。

 

さて、一休み呼吸を整えて、いざリベンジマッチのスタートですup

 

Dsc06376_2

スタート地点ですが・・・ また一人ローディーさんがスタートsign01

看板の案内通り、直ぐに右に曲がって峠が始まります bicycledash

 

・・・・・・・・・・・

・・・・・・

 

走りの内容は後編でゆっくり報告します。

 

Dsc06387

ゴール地点の石碑です。(ここにタッチしてゴールインです)

 

Dsc06381

山頂の小屋ですが、本日もお店は開いていませんdown

店の奥様が話していましたが、店を開けていても皆何も買ってくれないので、

採算が合わないそうです。

今は単純にハイカー相手の駐車場管理人をされていました。(600円/日です)

 

Dsc06382

こちらが相模湖側と呼ばれている方向です。

今考えてみれば、このまま降りて20号から大垂水峠で帰れば良かったかと・・・・

 

帰りはウインドブレーカーを着て寒さをしのぎましたが、この時期のウエアー選択は

やはり難しいです・・・・・weep

 

本日の走行記録

走行距離 : 80.35km

平均速度 : 20.2km/h

最高速度 : 51.4km/h

 

 

 

 

2010年10月23日 (土)

冬対策

先週の週末にホームセンターに行き、今年用にアンダーウエアーを追加購入しました。

 

以前よりお話していますが、冬用のインナーウエアーは全てホームセンターで調達している

管理人です(*^^)v

 

去年は上下一組の購入でしたが、週末2連走の場合を考えて、上下更に一組追加するのが

目的でしたが・・・・・・

 

購入したのがこちら

Dsc06269

漱石一枚でお釣りが来ます。(爆)

 

今年はハイネックタイプを購入したのですが、タイツが・・・・・・・

去年と違って『ももひき』みたいなやつしか無くて・・・・去年2枚買っておけば良かったcrying

普段の短パンの下に履くだけで、昨年の冬は乗り切ってしまいました・・・・

 

皆さんは冬対策はどの様にされているのでしょうか?

 

 

実は今日もウエアーを購入してきましたが、自転車用の品物を買おうと思うとかなり高い

買い物を覚悟する必要があり、管理人は別のカテゴリーで同じ様な性能の商品をGetする

様にしています。

後日ゆっくりと購入した商品の内容は報告させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は軽めに・・・・・

昨晩は名古屋で宴会をこなし、終電bullettrainすれすれで我が家へ無事帰宅の管理人でしたので・・・beer

 

当然の様に本日はゆっくりの起床でcatface まったりした週末がスタートnote

 

午前中に床屋へ行き、いつも通りにカリカリに刈ってもらいましたcancer

その後冬対策のウエアーを探しにお店へ・・・・・

戦利品は後日紹介させて頂きます。

 

少しお疲れ気味でしたので、軽く羽村迄とEscapeを走らせたのですが・・・・

これが、結構寒いwobbly  えぇ~未だ15時だよぉ~?

 

Dsc06297

短パン&長袖シャツsign01

 

多摩サイを走っている人達は、長ズボン(ジャージ)&長袖重ね着でみなさん

走っていました。(>_<)

 

寒い事と重なって、先週Escapeを洗車したばかりという事により、未舗装区間となる

タイ焼き公園にてUターンして帰りました。

Dsc06305

この先は一部未舗装で砂地を走る区間が有ります。

 

Dsc06313

せっかくですので、ピカピカ感を一枚camera(笑)

 

Dsc06300

お日様も隠れてばかりcloudで・・・・・寒い訳だdown

 

 

本日の走行記録

走行距離 : 25.36km 

平均速度 : 25.2km/h

最高速度 : 38.6km/h  

(本日で累計走行距離が5000kmを突破!)

 

明日はどこへ行こうか・・・・・

 

 

2010年10月21日 (木)

聖跡いろはタイムアタック(その3)

先週の日曜日に桜ケ丘ポタを実施しましたが、桜ケ丘と言えば・・・・・thunder

 

たとえ前日が峠であっても何故かタイム計測をしてみたくなりwink

関戸橋を渡っている最中で、寄り道をする事に決めました。

 

このタイム計測は3回目になります。

だいぶ忘れ掛けて来ましたので、コースと過去の記事を記載させてもらいます。

 

<コース概要>

距離 : 825m

標高差 : 55m

平均斜度 : 6.7%

※詳細説明は『聖跡いろは』の紹介をご覧下さい。

one 5月30日 2:55:50  記事内容

two 6月19日 2:51:69  記事内容

 

Dsc06168

いつもの様にスタートグリットでの一枚camera

 

今日の誓いはpaper

・フロントセンター縛り

・勝負は1回のみ

 

信号が変わり車が全て発信したのを確認しスタート bicycledash 

昨日の疲れはそれほど感じずに、フロントセンター縛りで前半を進みsweat01

中盤以降のヘアピン区間においてはダンシング発動sign01

後半はいつもの通り軽い酸欠&貧血shock 気にせずゴールの横断歩道へmotorsports

 

さてタイムは・・・・・・

Dsc06175

watch 2分53秒59    (;一_一) 平凡なタイム・・・・・

 

残念ながら、記録更新とはなりませんでしたが、ハッキリ以前とは違う事が1つsign01 

 

nosmoking禁煙効果で、ゴール後のハーハーゼーゼーからの復活が非常に早いscissors

禁煙前は走り出せる迄10分近く掛っていた(大げさでは有りませんcoldsweats01)のに、

今回は1分程度で復活fuji 吸気系の改造は凄い威力ですgood

 

次回は元気な状態で、50秒切りを目指して登りますsign03

 

 

 

2010年10月20日 (水)

グリーンライン~正丸峠(後編)

第一目的地である刈場坂峠の登頂に成功し次の方針を決める時が来ました。sun

 

Dsc06050

このまま299号へ向かいダウンヒルを開始しますが、目的通り正丸峠を目指すべきかsign02

それとも299号を下って往路と同じコースで帰路に着くか・・・・・

 

梅おにぎりを食べ終わって時間を確認するとwatch

Dsc06070

未だお昼前じゃないですかsign01 大分ペース巻き返した模様です・・・(笑)

 

足もマダマダ元気だしnotes 予定通り本日8個目の峠となる“正丸峠”へ向かいますbicycledash

  

Dsc06063

一応刈場坂峠頂上の雰囲気です。 左の赤い小屋がトイレになりますwink(綺麗でした)

 

 

Dsc06071

刈場坂線の入口です。 ここにもゲートがありますdanger

 

Dsc06079

紅葉mapleの頃が楽しみな風景です。 

やはりもう一度シーズン中に来るべきでしょうか・・・・・・

 

Dsc06085

全体的にはこんな感じの雰囲気が続きます。

下ってはじめて感じましたが、どの路線を使っても、グリーラインの峰に登る迄の

区間が、最も大変な登りとなる事は間違えなさそうです・・・・・snail

 

Dsc06088

←正丸峠 ↓299号 ↑刈場坂線の分岐点です。

 

一瞬ためらったのですが、こんな看板を発見し正丸峠の方向が解りましたsign02

Dsc06089

頂上迄4kmupwardright 少し進むと・・・・

 

Dsc06095

正丸トンネルの上に到達good 下に見えるのが299号です。

 

とりあえず、ここから正丸峠のスタート(起点)として、タイムを計る事にしました。

 

・・・・・・・・・・・・

開始から約17分watch   頂上到着sign03

 

Dsc06096

coldsweats01 実に紛らわしい看板が・・・・・・

どうも、頂上迄あと1kmらしいdown

 

Dsc06106_2

やっと到着motorsports

Dsc06108

記念碑でも1枚パチリcamerashine

 

Dsc06111

watch22分02秒 Ave11.5km/h でしたcoldsweats01

 

上の写真に有る様に、ここには峠の茶屋(食堂)が有り、複数のライダーが休憩を

取っていましたが、管理人のウエストバックには、未だ補給物資が残っていたので、

一人寂しく茶屋の横で休息です。

Dsc06120

あんドーナツですcake いいタイミングでのあんこ投入ですsign01 (*^_^*)

 

これで思い残す事無く、後は以前一度行った事の有る名栗湖を通過して、ホームコース

である羽村堰を目指すのみです。

 

この時点でwatch12:43 と予定より少し早いペースで進んでおり、心配無く帰路へ着きました。

 

 

Dsc06123

名栗湖迄の道のりはこんな感じの林道を進みbicycle

 

Dsc06129

だんだん道幅も広くなって行きます。notes

 

名栗湖脇を通過して、青梅へ向かうとこんな看板を発見sign01

Dsc06138

『山王峠sign01』 うぉおぉ~これで本日9個目の峠happy02 

 

距離は1km程度ですが、勾配が一般道で有りながら約10%も有りsweat01

ルートラボの後半で一か所ピーンと垂直の様に尖っている部分です。bearing

 

流石に体力的に限界か?足がプルプル言い始めていたのですが・・・・・

Dsc06143

ガンガン登るライダーに後押しされて、何とか無事に9個目を完食sign03 お腹一杯です(笑)

 

全ての峠を完食したご褒美がこちらですspa

Dsc06149

たっぷりプリン&粗引きソーセージsign03 バカ旨ですshine

  

 

この後の多摩サイは何時に無くゆっくり走ったのは、言う迄もありません・・・(*^。^*)

 

 

3週連続の峠ライドですが、決して変態では有りませんsign01

 

この週末もどこかへ登ろうか?と思っていますが・・・・・変態では・・・有りませんsign03

 

今週は何方か一緒に登りませんか?(笑)

 

 

 

 

 

2010年10月19日 (火)

グリーンライン~正丸峠(中編 刈場坂峠)

グリーンラインに入り、これから尾根の林道を約23km進む行程が始まりましたclover

 

今回のグリーンラインは刈場坂峠迄進み、その後正丸峠へ越えるコースを取りますので、

グリーンライン最高峰の大野峠には行きませんが、合計7つの峠をまたぐ林道となります。

 

club一本杉峠~顔振峠~傘杉峠~花立松ノ峠~飯盛峠~檥峠~刈場坂峠となります。

概要はこちらの記事で確認下さいhappy01

 

一応の作戦として、各峠の分岐点で一旦停止して方向確認と写真撮りを実施する事、

今回は正丸峠を含めて完走が目的である事から、ゆっくり無理をせずに進む事を

心に誓ってのライド再開ですsign01

 

最初に現れるのが『北向地蔵』ですclip

Dsc05944

Dsc05946

ライドの安全を祈願しますconfident

 

ここを過ぎると下り坂が続きshockこのまま299号迄降りてしまうのでは?

との不安と闘いながらカメさんダウンヒル(笑)・・・・・直ぐにまたのぼり coldsweats01(爆)

 

Dsc05950  

途中にこんな看板(オブジェ)もshine

 

Dsc05962

一本杉峠?に到着です。

Dsc05963

黒山方面から駆け上がって来たと思われるローディーさんが2名休憩中でしたので、

休む事無く先に進みますapple

 

Dsc05977

顔振峠手前の分岐点です。

このまま進んで右手前に切り返しますが、これら分岐点付近はかなり勾配が

厳しい所が多いのが特徴かも知れませんbearing

 

Dsc05982

時間が早いのか?未だ開店前の峠の茶屋ですjapanesetea 

手打ちそば食べてみたかったのですが・・・・・・restaurant

 

小腹もすいて来たので、次の傘杉峠で補給タイムとしました。

Dsc05997

ここは立派な碑が有りますsweat01

Dsc05989

背中に入れてあった“あらびき”をお腹にcat この時点で約半分の13kmが経過bicycle

トレッキングの叔父さんも休憩していましたbleah

 

此処までの間で風景写真が何故か無いsign02

実はここ迄の区間で見晴らしが良い場所が殆ど有りませんdown

というか・・・・全区間『森林浴』状態の林道sweat02 夏場は日差しを遮ってくれて良いかも・・・sun

 Dsc06002

数少ないポイントでcameraパチリsign01

 

撮影をしていると、単独ライドのローディーさんが『シャッター押しますよ!』と

管理人&Escapeの貴重な写真を・・・・・(●^o^●) 掲載無しです(笑)

 

Dsc06020

『関八州見晴らし台』です。

今回は登ってみませんでしたが、果たして素晴らしい光景を見る事が出来るのか?

 

Dsc06032

飯盛峠手前のゲートです。

大型車を絞るのか? 気象による通行止めをする為なのか?

この日はオートバイのツーリング(特に女性)車が非常に目立ちましたsign01

調子に乗っていたのは、オフロード車の単独走行(2名)程で、思ったより恐怖は無かったです。

 

Dsc06035

飯盛峠ですsign01 碑への落書きが半端じゃありません(爆)coldsweats01

 

このあたり迄来ると勾配も緩くなり、体も登りに慣れたのか?進む事に苦痛は感じない

状態でどんどん目的地へ向かって進みます。

  

Dsc06040

檥峠到着cherry  

 

本当に同じ様な景色がひたすた続きます・・・・

 

Dsc06049

代表的な風景ですcherryblossom 

紅葉が始まったら、違った雰囲気になるのかも知れませんmaple 

そしてこのトンネルを通過すると・・・・・・

 

Dsc06052

今回のライドで最も見晴らしの良い刈場坂峠に到着ですmotorsports

ずうっと森の中でしたので、余計に解放感がsun 最高の場所ですsign03

 

記録は取るつもりは無かったのですが、一応グリーンライン入口で、サイコン2をリセット

しておいたので、写真を撮っておきました。(梅おにぎりで休憩ですriceball

 

時間 : 1:53:16 

距離 : 24.14km

平均速度 : 12.7km/h

 

武蔵横手から登り始め、ここまでの間に抜かしたり、すれ違ったりした人達には

大きな声で『おはようございます!』『こんにちは!』と声を掛けまくってみたのですが、

逆に大きな声で返事を下さったのは、トレッキングの叔父様方ばかりでした・・・・coldsweats01

 

顔振峠付近ですれ違った完全無視sweat01のローディーさん1名を除けば、最低でも会釈を

する事位は皆実行していましたが・・・・・

久しぶりの完全無視downにはちょっとへこみましたcrying こっちが登りで苦しかったのに・・・・

 

やはり若い人は恥ずかしいのでしょうか?バイク乗りは内気の人が多いのか?

登りは苦しいけれど、やはり山の中では出来る限り元気に挨拶したいものですsign03

 

(;一_一) つづく    今回ライドで200枚以上の写真を撮りました(笑)

 

 

2010年10月18日 (月)

グリーンライン~正丸峠ライド(前編)

週末ライダーの管理人ですので、ロングライドの内容は落ち着いてから

ゆっくり書こうかと・・・・pencil

 

今日は、一昨日のグリーンラインライドを報告したいと思います。

 

まずコース概要のおさらいです。  コース詳細はこちらをご覧下さい。

 

<初期の計画> 今回は多少考えてみました・・・・(^O^)/

6:.00~8:00   自宅~武蔵横手(約40km)

8:00~11:00   武蔵横手~刈場坂峠(約23kmのグリーンライン)

11:00~12:00  刈場坂峠頂上~正丸峠頂上(約10km)

12:00~14:00  正丸峠頂上~羽村堰(約37km)

14:00~15:00  羽村堰~自宅(約23km)

※この計画の中で、昼食を含めた休憩を合計1時間取り、16:00迄には帰宅するmotorsports

 

何時に無く真面目に計画を立て?いざ出発sign01だったのですが・・・・・

 

やはり、前日の新宿bottleが(;一_一)

 

それでも頑張って5:00には起床clock

 

出発はいつもより早起きの 6:30 bicycle   既に休憩時間の半分を消費ですcoldsweats01(滝汗)

 

7:05 多摩湖到着 

Dsc05884  

一番お気に入りなこの場所で今日も1枚camera

 

朝早いからかも知れませんが、今日は人気が少ない・・・・・・mist

 

Dsc05890

不思議な空typhoon さて、天候は一日持ってくれるのだろうか・・・・

 

休憩もそこそこで先を急ぎます bicycledash 

 

Dsc05908

299号のバイパスです。(来た道を振り返って撮りました!チャンと左側通行ですcatface

 

この場所には牧場が有って・・・・・

Dsc05907

普段はhorse見る事が出来るのですが、本日は時間が早すぎた?みたいで・・・・

 

このあたり迄来ると、グリーンラインへの入口である武蔵横手迄5kmを切ったポイントと

なりますので、正丸峠越え迄を賄う補給物資を調達しなければなりませんriceball

 

Dsc05910

ドリンクはあまり減っていなかったので、500mlを1本水筒へsweat01

管理人が好きな鳥五目はお腹の中へ・・・・happy01

そして残りはウエストバックへsign01(ソーセージパン・アンドーナツ・梅おにぎり・チョコレート)

 

 

Dsc05912

『台(ダイ)』の交差点sign01 ただ面白い名前なので・・・・(*^。^*)

 

 

Dsc05913

前方左に見えるのが武蔵横手駅です。

正面にはグリーンラインの一部(顔振り峠あたり??)が見えますsign01

 

Dsc05918

峠の入口がここです。 ここからの詳細は前回の鎌北湖ライドを確認下さい。

 

8:40 更に10分押しでヒルクライムスタートsign01

2回目ですので、最小限の写真撮り(休憩)で進む事にします。(*^_^*)

 

Dsc05928

登り始めてすぐの光景です。(決して足付きでは有りません・・・笑)

昨日の雨で、完全にウエットコンディションと諦めていたのですが・・・・・乾いているshine

 

この先より一気に峠は厳しくなりますので、今回は休憩無しでくるくるとbicycle

 

すると鎌北湖への分岐点(最初の休憩ポイント予定場所)の手前で、管理人を心を

鷲掴みする物体を発見flair これは・・・・凄いup

 

Dsc05935

キノコなのですが・・・・

大きさが半端じゃなくデカイsign03

 

Dsc05937

Escapeと比較しようと思ったのですが・・・・・いまいちdown

 

実際背丈は30~35cm カサの直径は約20~25cm位の立派な奴ですsign03

何方かこのキノコの名前や情報を教えて頂けると助かりますm(_ _)m

 

この後約20m登って第一チェックポイントへ到着です。

Dsc05938

写真左から登って来て、右側へ進みます。

写真を撮っている管理人の背中方向へ進むと鎌北湖へ下る事が出来ます。

 

(;一_一)   つづく

 

 

 

2010年10月17日 (日)

桜ケ丘ポタ

昨日のグリーンラインの詳細を書きたい所ですが、今日は今日で走ってしまいましたので・・・apple

 

やはりブログですので、ホットなネタから書き込む事にします。wink

 

今日は朝起きると久しぶりに全身筋肉痛で・・・・・(-_-)zzz

色々やりたい事も有るし、確か今日はあまり天気も良くないはずだし・・・・cloud

 

いつものマッタリした休日の始まり・・・・japanesetea

 

の? はずだったのですが(*^。^*)  ワンピースを見終わると何故かsun良い天気sign01

天気予報を確認すると降水確率0%shine

 

乗りたい・・・・・・coldsweats01

 

という訳で、軽く近場を走る事に決定sign03

走ったコースはこちら←ルートラボで見れます。

目的地は対岸のここになります。(近い・・・)

Dsc06166

桜ケ丘は鎌倉街道の両サイドが小さな丘になていて、その片方が以前紹介した

『聖跡いろは』の有る京王聖跡桜ケ丘方面であり、今日の目的地は反対側に有る

『桜ケ丘公園』迄プチヒルクライムです。happy01

 

この近辺はジブリ映画に登場?した場所?

(ここは耳をすませばで主人公が好きだと言っていた丘に良くにています)

 

Dsc06190

頂上付近からはこんな眺めです。cherry

 

Dsc06204

有りがちな、通信系の中継基地(アンテナ)です。

 

頂上には・・・・

Dsc06207

こんな公園とbanana

Dsc06197

八坂神社が有ります。maple

 

軽く山登りを本日も味わい、早速目的にに乗り込みますsign01

Dsc06214

 

お気付きの方もいるかも知れませんが、ここには大河ドラマで只今ホットな

坂本竜馬のあの掛け軸が保管されている場所なのですsign02

 

自転車を降りて押して進むと記念館が有ります。

まるでケーキの様な形をしていますが・・・・・・

訪れている人は少なく、余裕でEscapeを止めて写真を撮る事が出来ました。

Dsc06223

Dsc06227

入場無料で早速中に入りましたが、明治天皇の騎馬像と竜馬の掛け軸をじっくり

見る事が出来ました。

建物内部は写真撮影禁止ですので興味の有る方はこちらで確認頂き、是非一度

足を運んでみて下さい。

 

Dsc06229

この公園の風景見覚えは有りませんか?

 

1年位前に嵐の相場君が出ていたドラマ(カメラマンの相場君が小さな女の子と暮らす)に

良く出て来た公園です。(ドラマは何度か見ましたが、題名を忘れましたcoldsweats01

 

Dsc06240

『ゆうひの丘』公園と言うらしいのですが、関戸橋を始めとして立川の方迄見える

とても見晴らしの良い公園でした。

 

Dsc06231_2

とても気に入りましたsign03

近場なので是非また来たいと思います。(次はおにぎりriceball持ってこようcatface

 

 

家に戻り最近さぼり気味だったEscapeのメンテナンスを実施しました。

洗車&チェーン清掃(注油)を行いましたが、途中でデジカメが電池切れとなってしまい

ましたので、最後の写真のみ掲載します。(#^.^#)

 

何れまた、メンテ内容の記事をアップする時に、前半の写真を利用したいと思います。

Dsc06265

本日もピカピカshineになりましたsign01(●^o^●)

 

 

本日の走行記録

走行距離 : 24.35km

平均速度 : 17.4km/h

最高速度 : 47.4km/h

 

今週末は自転車三昧の週末でした (*^^)v

 

 

 

2010年10月16日 (土)

グリーンラインライド

冬を迎える前にsnow 管理人にはどうしても行って見たい所がありましたhappy01

 

本日遂にそのコースに行って来ましたsign01

 

コースの概要はこちら←ルートラボで見れます。

と・・・・・

何時もであれば、本日のライドを頭から小学生の日記レベルに書き込んで行くのですが、

昨晩は夜の新宿でぱぁ~っと盛り上がりbeer 今朝は早起きで山登り・・・・・fuji

 

流石にお疲れモードですので、明日以降に詳細を報告させて頂きますが、

管理人をこのコースへ引き込んだ地図を皆さまにもご覧頂きます。

Glmap_bnf02e6

なすくまオリジナル【奥武蔵グリーンラインマップ】です。

 

私の好きなブロガーさんが作ったMAPなのですが、これを始めて見た時から

このコースを走って見たいと・・・・・・

 

このブロガーさんはNasco blog!のなすこさんです。maple

注)本MAPの個人利用は問題ございませんが、他のサイト(ブログ)で使用する際は

 製作者の許可が必要となりますので、ご注意ください。

 ※管理人は以前coldsweats01メールで了解を頂きました。

 

以前このマップとブログ記事を見て、鎌北湖ライドに行って来ましたが・・・・

やはりグリーンラインを最高峰迄登ってみたいとcoldsweats01

 

今回は武蔵横手から登り始めて、刈場坂峠迄を進むコースにチャレンジですsign01

 

 

本日の走行記録

走行距離 : 139.5km 

平均速度 : 19.9km/h

最高速度 : 52.5km/h

獲得標高上り : 1854m

 

もしかしたらnotesなすこ夫妻に会えるかも・・・・とわずかに期待していたのですがbearing

なんとご本人様達は関戸橋のフリーマーケットに4時間もいらしたとはdown

完全に入れ違いとなってしまいました・・・ (;一_一)フリマ行っときゃ良かった・・・・・・?

 

完全に油断していましたが、半年に一度のフリマを逃してしまい、かなりへこんでいますcrying

 

 

 

 

 

2010年10月14日 (木)

スクープ掲載『UFO』発見! マジです・・・・

先週長野地区を仕事に回った時の事です・・・・・・danger

 

斑尾高原を通過している時に撮った写真にsign01

な!なんとぉ~  『未確認飛行物体』が・・・・( ̄Д ̄;;

 

Dsc05567

中央やや右の白い雲の上にアダムスキー型と思われる物体がimpact

 

娘には鳥だとか虫だとか言われましたが、写っている距離的には

かなり大きな物体と推測され・・・・・遂にスクープcamerashine

 

何処かに投稿しようかなぁ~sign02

 

場所は斑尾高原から中野市?方向を写した写真になります。

 

 

最後に雪の無い斑尾高原をどうぞnotes

Dsc05586

 

 

 

仕込みでは有りません( ̄○ ̄;)!   マジですgood

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・?

 

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ 

2010年10月13日 (水)

牧馬峠タイムアタック?

調子に乗ってまた記録を残しておこうとタイムを計測しましたwatch

 

この内容は個人的な記録として記入する内容ですので、軽く読み流して下さいsign01

 

さて、『牧馬峠』って言ってもハッキリ言って聞いた事無いcoldsweats01のが本音で・・・・・(爆)

でも、それなりの峠ぽいので、自分なりの基準を設けて(次回ライドの目安として)

記録を残しておく事にしましたpencil

 

先ずはコース概要の確認です。

距離 : 3.2km

上り : 7.7%

 

スタート地点に決めたポイントがこちらflag

 Dsc05759

 『青馬橋』ですsign01

 

橋の下はこんな感じで・・・

Dsc05758_2

ここも綺麗な緑色の川wink  notes

 

スタート地点から一気に上りへと転じているそのコースが見て取れますcoldsweats01

Dsc05760

 

一応フロントミドルの38でスタートするも、直ぐにインナー28に切り替え

先週と同じ2枚残しの28-21で進みますbicycle

 

しかし・・・・

やはりかなりの勾配が・・・・・・

とりあえず絶好の撮影ポイントと割り切り、数百メーター地点で早くも撮影実施camera

(決して苦しくなっての足着きでは有りません・・・・笑(-_-)zzz)

Dsc05763

 

気を取り直して同じギアで再出発すると・・・・これまた直ぐに眼下のキャンプ場がsign01

Dsc05765

(あくまで撮影で、足着きでは・・・・sweat01 ありませんsign02

 

おいおい!真面目に登れsign01って感じになって来たので、ギアの縛りは一切無しにして

苦しくなったら最も下の28-25を使用して一気に上りますsweat01   結構きついです(涙)

 

そして、次に撮影ポイントとなったのがこちらです。

Dsc05777

一瞬ゴール地点と思いこみ、ストップウオッチを止めてwatch 写真をパチリcamera

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

 

あれぇ~? まだ上が有る??

再度バイクに跨り、ストップウオッチを再起動sign01

 

頂上付近の緩い勾配を軽自動車の後ろに付きゆっくり進みます。

 

Dsc05778

このゲートを一応のゴールとしましたmotorsports

 

気になるタイムはsign02

Dsc05779

watch15分19秒

 

ルートラボの自電車所要時間より遅いタイム・・・・・(;一_一)

まあ、個人的な記録(日記)ですから・・・・徒歩よりは速いし(爆)

 

このポイントでしばし休んでいると、次から次へと物凄い勢いで駆け上がって来る

ローディーさんが多数up  ハッキリ言ってレベルが違います! (-_-)zzz

 

登坂状況を確認していると・・・・

今回も裏のコースだったのでは?と思い始め、峠を下り始めるとannoy

 

Dsc05787

激坂の証であるエンボス加工が続きます。

 

Dsc05783

車も上るのが苦しそう・・・coldsweats01

 

次回同じコースを走るのであれば、このチェックポイントを利用しようと思います。

 

でも・・・・

次は表のエンボス加工道路を上ってみたいかも・・・・・(笑)

 

 

 

2010年10月12日 (火)

牧馬峠ライド(後編)

カレーパンで休憩を終えた管理人は、宮ヶ瀬ダム目指し再出発 bicycledash

 

Dsc05681

ダム手前の駐車場に着いたのですが・・・・ダムへの行き方が解りませんweep

 

Dsc05682

412号と思われる橋は確認出来るのですが・・・・・

 

しょうが無いので、歩道に沿って公園入り口付近をうろうろしているとflair

Dsc05683

有りましたgood この道(結構な激坂)を登りきるとダム上部に到着ですsign01

ここで、過去に読んだブログ(KIKUさんの)をふと思い出しました・・・

あぁ~ ここのダムは、確かエレベーターで登れたはず・・・・・coldsweats01

 

登ってから気がついたのでは、今更しょうがないので割りきって記念撮影をcamerashine

Dsc05684

天気も最高sunで湖は鮮やかな緑色ですnotes

 

Dsc05698

ダムの下流も何故か緑・・・・club

(秋をイメージしてススキも入れてみましたwink

  

Dsc05692

久しぶりに綺麗な景色をバックにEscapeを撮る事が出来て大満足(●^o^●)

 

Dsc05729

遊覧船も走っていますyacht

 

Dsc05721

最後にお約束の一枚をややローアングルでsign01

 

  

今日は良いコースを選択したsign01とここまでは大満足の管理人scissors

このまま帰っても良いのですが、この後は峠を登りまくる予定がcoldsweats01

 

ここが単独ライドの悲しい所で・・・・・

この雰囲気を長時間味わう事無く、次の目的地に向かい進みます。

 

Dsc05735

先週も遠くに見えていた大吊橋をまじかで確認sign01

早速記念撮影camera  やはりこの様なポイントへは、仲間と一緒に来て

皆で写真を撮った方がどれだけ楽しいかsign01

 

まあ、本日はその下見をしたと割り切るしか無いと言い聞かせ・・・

 

地図を再確認して本日のメインディシュである『牧馬峠』を目指します。

一応本日も全体コースを再確認paper こちらを確認下さい!ルートラボで見れます。

 

峠レポpencilは先週の裏ヤビツ同様、今後の更新を考慮して単独記事にしようと思いますが、

宮ヶ瀬湖側からの入口はこんな看板が・・・・

Dsc05751

『全線Uターン不可sign01』ってどんな峠なの・・・・・

 

峠の登り開始付近の風景cherryblossom

Dsc05767

 

登り出しの雰囲気はこんな感じの完全片側1車線舗装路です。

Dsc05762

雨上がりの翌日ですが、ロードコンディションは最後まで問題有りませんでしたhappy01sign03

狙い通りです・・・・・(#^.^#)

 

せっかくですので、牧馬峠(まきめとうげ)のダイジェスト写真をどうぞgood

Dsc05776

この先が狭くなっているので(頂上付近)、ここで車両幅を絞ります。

 

Dsc05786

20号側からの登り坂風景です(;一_一) ありえない程の勾配です・・・・・

密かにこの写真の頂上付近でローディーさんが倒れ込んでいるのが見えますでしょうか?

 

本当にペースを考えないと、登りきるのは難しいコースです。

 

全体コースは、牧馬峠を越えても部分的に急勾配が何度もやって来るタフなコースで

貧脚管理人にはかなり応える状況down

 

 

日連大橋にて本日3回目の休憩(補給)を実施riceball

Dsc05803

 

残してあった丹沢あんぱんですsign01

Dsc05804

以前一度食べた事が有りましたが、疲れているこのタイミングでは最高の一品ですheart04

おまんじゅうの外皮がパンbreadと考えて頂ければ間違え有りません。

 

その後20号線に乗り、休む事無く一気に大垂水峠を満喫sign01

Dsc05812

頂上での1枚ですcamera

 

大垂水では撮影が一切有りませんので・・・・・coldsweats01

決して撮影は足付きでも休憩でも有りません(;一_一) (滝汗)

 

今回は誰一人抜かれる事無く、逆にランドナー乗りの人を・・・・・・

『お先失礼しまぁ~す!』と抜いてしまいましたhappy01

 

少しはレベルが上がって来たか??

来週も何処かの峠に・・・・・・・   行こうsign03(笑)

 

 

その後高尾経由で浅川CRコースを戻りました。

 

本日の走行記録

走行距離 : 115.66km

平均速度 : 20.6km/h

最高速度 : 56.1km/h

 

獲得標高上り1364m 平均勾配上り4.9%は

管理人のレベルをはるかにオーバーしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dash

2010年10月11日 (月)

牧馬峠ライド(前編 オギノパン)

今日のメニューはsun 何にしようか考えて・・・・wink

 

せっかくの3連休なので、ロングに行きたいのは当然なのですが、昨日迄は雨で

ロードコンディションも悪い事が予想されて、さらに先週のヤビツ峠で気を良くしている

管理人としては、今週も何処か峠へ登りに・・・・・up

 

そして選んだコースがこちら←ルートラボで見れます。

 

one距離的にもまずまず

two先週行かなかった宮ヶ瀬ダムへの訪問を実施出来る

three牧馬峠&大垂水峠と獲得標高1364mと十分なメニュー

 

7:00 出発bicycle

本日の1枚目は多摩サイから見える富士山ですfuji

Dsc05647

未だ雪がないので、チョットイメージが・・・・・coldsweats01

 

ついでなので、浅川から見える富士山も1枚camera

Dsc05651

この2か所は富士山定点ポイントとして、今後も写真を撮って行きたいと思います。

 

多摩御陵に向けて浅川を進んでいると・・・・・

Dsc05655

大量の消防自動車がCRを占拠しています・・・

川原の草が燃える火災がよく発生しますが、さすがに昨日迄は警報が出るレベルの雨sign02

さらに野次馬が見ている方向は川と反対側・・・・・もしや?

 

Dsc05653

ほぼ鎮火状態でしたが、完全に屋根が落ちた状態・・・・

怪我人が出て無ければ良いのですが・・・・(救急車は確認出来ませんでした)

 

野次馬や消防関係者をかき分け、なんとかこの現場を脱出しますrun 意外に大変でしたcoldsweats01

 

 

休憩ポイントである多摩御陵では、ウインドブレーカーを脱ぐだけで再スタートしbicycle

城山湖迄一気に走ります。

 

Dsc05664

Escape初登場sign01 (^O^)/

 

この先も先週と同じコースを進みますが、関交差点で513号に乗り換えるのでは無く、

412号をそのまま進み、ダムへの最短コースを選択します。

 

すると管理人を引き付ける幟が・・・・・

Dsc05668_2

『丹沢あんぱん』? はてsign01何処かで聞いた様な・・・・・

 

とりあえずパン屋さんであれば、補給物資調達でも良いしbread食べても良いし・・・・(^-^) 

 

Dsc05677

有るじゃないですかsign01(いきなり好印象)

ライダーを意識してくれているお店ですshine

 

100円のあげぱんを食べたかったmoneybagのですが、完成待ちをしているお客様もいたので、

とりあえず店に入ってみると・・・・・・・焼きたてのパンが沢山notes

あぁ~この丹沢あんぱん知ってるsign01

高速道路のSAで売っているあんぱんだと直ぐに気付きました(*^。^*)

ここ(オギノパン)で作っていたんですねぇ~

 

さっそく丹沢あんぱんを手に取り、さてあとは・・・・

と物色していると従業員のお兄さんがsign01

 

お兄さん: スタンド使って頂いてありがとうございます

管理人: いや・・・つい入っちゃい(店に)ました。(笑)

お兄さん: 他に何か?

管理人: ではそのカレーパンを1つ

 

Dsc05673

お兄さんの上手な営業で、定番の丹沢あんぱんと揚げたてカレーパンをGetsign01

あんぱんはウエストバックへしまい、早速カレーパンを食べて見ました。

  

Dsc05674

揚げたてのカレーパンは生まれて初めて食べましたが、カリカリサクサクでとても

良い食感sign03  なのですが・・・・

 

中に入っているカレーは、家庭で良くありがちなカレールーを溶かしただけの物?でした。

食べ慣れているといえば間違え無いのですが・・・・これが160円はsign02  高いgawk

個人的な意見で申し訳有りませんが、次回購入する事は無いでしょう・・・・down

(次回は是非アゲパンと他のパンを食べてみたいです) 

チョット盛り下がってしまったので、一旦水入りです。(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

2010年10月10日 (日)

やっぱり羽村堰

今日のライドは完全にあきらめていたのですが、思ったより早く回復したのでsun

ホームコースである羽村堰へ行って来ましたbicycle

 

14:00出発です。

多摩サイ全体は既にドライコンディションへと変化していましたが、周囲の状態はsign04

Dsc05589

水たまりがいっぱいfish 

 

しかし・・・

管理人も含めて昨日自宅待機だったライダー&ランナーでCRは大渋滞down

 

部分的にはこんな状態が数か所annoy

Dsc05595

今日は徐行運転が多いsweat01 でも走れないよりはましですsign03

 

何故かコスモスが非常に目立っていて・・・・ 秋が来ましたmaple

Dsc05598

思わず止まってパチリcamerashine

 

他のブロガーさんの様に素敵な写真が撮りたいのですが・・・・腕がdown(笑)

 

羽村堰にもコスモスが咲いていたので、いつもとは違った雰囲気でcamera

Dsc05612

 

最後に、いつもよりも水位が高く流れが激しい堰を一枚happy01paper

Dsc05630

 

本日の走行記録

走行距離 : 45.11km

平均速度 : 23.4km/h

最高速度 : 36.8km/h

 

 

さぁ~て、明日は何処へ行こうかな? 

 

 

 

 

 

2010年10月 9日 (土)

ヘルメットの洗濯?

皆さんヘルメットの洗浄はどの様な方法を取っていますか?

 

色々な方法が有ると思いますが、私の場合は洗面所で丸洗いをしています。sweat01

 

ハンドソープ又は中性洗剤(食器洗い用)をスポンジに付けてゴシゴシと・・・・

 

当然ヘルメットの外装だけでば無く、ベルトやインナーのクッション部分も取り外す事無く

そのままの状態で、完全な丸洗を実施しますsign01

 

今の所ヘルメットに大きなダメージは確認出来ませんので・・・・今後もこの方法でcatface

 

 

アゴひもの部分が汗で・・・・down なんて気になりませんpaper

 

何時も爽やかな状態です。happy01

 

Dsc05205

少しの間、こんな感じで外に干します。

 

水がポタポタと垂れて来ますので、干す場所に注意が必要ですsign01

 

 

今日は一日雨weep そして明日も雨crying せっかくの連休なのに・・・・

 

 

 

 

2010年10月 7日 (木)

30ヶ月で切り番?

本日は完全な脱線ネタでお茶濁しちゃいます・・・・japanesetea

 

かのかさんって本当は長距離トラックの運転手ですかぁ~?coldsweats01 なんて噂が・・・・

 

当たらずとも遠からずsweat01 と日本各地を走り回っていますが、本日実に珍しい

事態に遭遇する事に気が付きましたsign03

 

愛用している『プリ薄君car』ですが、新車からの付き合いで丁度今月で2年半

(30ヶ月目)となります。

果たしてその走行距離は・・・・・・wave

 

 

じゃぁ~んsign02

201010070853001

xmas本日88888kmの切り番?をなんと時速88km/hで迎える事が出来ましたbell !(^^)!

仕事用携帯のカメラ画像で非常に見えにくいのですが、見事に末広がりが7個もsign01

めでたい、めでたい(@^^)/~~~

  

追記:わざと高速道路を走った訳では有りません!(笑)

 

  

 

 

 

 

 

2010年10月 6日 (水)

裏ヤビツショートタイムアタック?

先日来より記事としている裏ヤビツ峠にて、一応のタイム計測を実施してみたので、

別記事にて記録しておきたいと思います。pencil

 

最初にsign01 かなり期待されている方が若干1名いらっしゃいますが・・・・(笑)

大した内容(記録)では無く、個人的な記録として残す記事ですので、軽く読み流して下さい。

 

初めてのヤビツ峠fuji それも十分な準備もせずに登頂を開始して、頂上に着く迄は

そのコースが裏ヤビツで有る事の確信も無いままに進んだ内容ですので、相変わらずの

小学生日記形式coldsweats01 で記載します(笑)

 

 

素晴らしい景色とその雰囲気に下手な写真ばかりを撮りまくる管理人でしたが、

だんだんと心配になって来る事が (;一_一)

ここは本当にヤビツ峠なのであろうか・・・・・

頂上迄あとどの位登るのだろうか・・・・・・

 

お腹も少し減ってきたし、足(体力)をどの位残しておけば良いのかとcloud不安が膨らんで

きはじめた頃の事ですshine 休憩中のローディーさん発見sign01lovely

 

明らかにお休み中の状態sleepy と見受ける状態だったので、バイクを止めて話し掛けよう

とすると・・・・    下を向いて目を合わせてくれませんdown

  

仕方がないので、とても綺麗な川の流れを1枚camera

Dsc05422

フムフムこれはいい(*^。^*)とEscapeを入れてパチパチshine

Dsc05428

と・・・油断をしているとローディーさんがESCAPEwobblyup

 

やられたぁ~ 色々教えてもらおうと思ったのに・・・・・(涙)

 

とりあえず、ここが裏ヤビツで間違え無ければ、2段階の勾配区間(前半ゆるく、後半きつい)に

なっていて、その後半が一般的なタイムアタック区間だったはす・・・・?

今のローディーさんは明らかに呼吸を整えこれから出発という感じを醸し出していたsign01

相変わらずの能天気な判断で、本日はここからタイム計測をしてみる事に決定sign03

(タイム計測は『聖跡いろは』以外では初めての経験)

 

まずはこの場所がどこのポイントか目印を探しますeye

Dsc05424

丹沢ホームの看板

 

Dsc05423

橋の名前もパチリshine

 

Dsc05430

理解出来ない距離表示?

当日は頂上迄の距離かと思っていましたが・・・・

峠全体(246号)迄の距離を表していたのでしょうか???

 

サイコンの2をリセットし、時計をストップウォッチに切り替えていざしゅっぱぁ~つ bicycledash

 

何故か今回は焦る事なく『ペダルをこいでいれば、いつかは必ず着くsign01』という

偉大なK氏の言葉を心に刻み、マイペースで進みます。think

 

すると直ぐに同じ様な橋(チョット小さい)で休憩するライダーを発見sign01

さらに記念写真をとる中年のアベックさんまで・・・・(笑)

一応バイクを止めて、写真を1枚camera

Dsc05438

 

すると今度は休憩中のライダーさんから話しかけて来ました!

ライダー: こんにちは! 写真とりましょうか?

管理人: いぃえ・・・大丈夫です!

ライダー: せっかくの記念ですから!

と強引に押し切られ、管理人ショットを1枚camera  上の写真と大差無いので割愛ng

 

ここで慌ててストップウォッチを止めて世間話を少々・・・

その方の乗っているバイクは非常に見覚えのある色と形で・・・・

Mのmuirwoods(黒)荷台付きsign01(爆)でした!(^^)! 何故か吸い寄せられる気がしてspa

 

年は50代前半位の方で、藤沢からいらしたとの事でした。

昨年は3日間かけて京都迄行ったそうですが、今年は松本から糸魚川(日本海)を

目指すとの事で、その練習に峠訓練を始めたそうです。

(どこぞやの爆走オヤジなら1日でアルプス越え300km行けそうな気がしますが・・・笑)

 

お互いこのコースが初めてとの事でしたので、アベックの男性に頂上迄の距離を聞いて

みると・・・・・(>_<)

男性: ここから先はどんどん勾配が厳しくなるよ!

    10kmは無いけど確実に5km以上有るじゃ無いかなぁ~!

ライダー: 沈黙・・・・・・・

ということは、やはりさっきの『札掛橋』が起点で有る可能性は高いbellと密かに喜び

Muirwoodsおじさんと別れますsign01

 

不思議とこの日は、先行して抜かれたとしても構わない!という気持ちが強く

ひたすらマイペースで進みますsnail

 

再スタートをして直ぐにこの風景に出合います。

Dsc05440_2

見過ごす事は出来ずバイクを止めて写真を3枚程camera

後ろからオジサンがやって来ない事を確認し再スタートsign01

 

ここからひたすら登る登るchick 

28-21(19)のシティングと、勾配のきついコーナーではダンシングを混ぜ・・・

すると元気な声がsign01

『こんにちは!また会いましたねぇ~sign01

 

そうです、宮ヶ瀬で追走させて頂いたTREKのローディーさんでした(^O^)/

ペアの方が坂に慣れていない模様で、ペースが上がらなかったのでは?と感じました。

ゴールが近くなった事により、一人でペースアップされた様でした。

 

管理人: こんにちは!頂上迄はどの位ですかぁ~?

トレックさん: あと3km弱かなぁ~  標高で100m位だよ!

管理人: そうですか・・・・

しばしトレックさんと並走する様に坂を登りますnotes

流石にペースが上がらないので・・・・・・

トレックさん: それじゃまた!

と言い残して先に進んで行かれましたが・・・・・・    

この先が結構な勾配でcoldsweats01(滝汗)

 

トレックさんはシフトチェンジが上手く行かず足付き寸前の完全な失速状態bomb

トレックさん: いやぁ~はやいね~! お先にどうぞ!!

管理人: 失礼します・・・・

特にペースを上げるでもなく、淡々と進む今日のライドsweat01

 

100mも進むと勾配が緩くなりトレックさんが一気に復活up

トレックさん: また激坂でお待ちしています!

と行ってしまいました・・・・・しかし・・・・

この時点で既にほぼ頂上へ到着していたのでしたsign02(笑)

 

多くのライダーさんが休憩している中で、先程のトレックさんが管理人の

到着を待っていてくれたのですsign03(涙) なんかとても嬉しくて(>_<)

 

初めての登頂で、記念写真の位置やポイント、そして数枚の写真迄撮って

頂き・・・・・m(_ _)m  自転車仲間?っていいなheart04 と実感しました。

 

そのあと世間話をさせて頂きましたが、世田谷から来られたとの事で、ペアの方は

トレックさんの前の自転車を下取りして乗られているとの事でしたが、始めたのは

3カ月前だそうで・・・・・

トレックさんの愛車を撮らせてもらいましたsign01

Dsc05447_2

昨年モデルですが、先日トレックショップのバイクプラスさんで勧められたフルカーボンの

アルテ仕様ですsign01 格好いい good

 

その後お弟子さんも加わり話が盛り上がっている最中に、muirwoodsおじさん到着sign01

こちらの話が盛り上がっているのを見て、軽いアイコンタクトでご挨拶wink

同じ目的を達成した事による、仲間意識の高揚なのでしょうか?

何とも言えない快感が・・・・また登りたい!!

 

さて、最後に管理人の記録ですが・・・・・coldsweats01

Dsc05449

時間:26分53秒

 

Dsc05451

距離:6.41km

 

Dsc05452

平均速度:14.2km/h  の結果でした sign01

 

途中止まった分を甘めにカウントしても、25分を1つの目安にしてみたいと思います。

 

最後にこのコース概要と表側から見た峠の全景をご覧下さい。

Dsc05477

この真っ直ぐ先がヤビツ峠です。

 

 

 

2010年10月 5日 (火)

宮ヶ瀬ダム~ヤビツ峠ライド(後編)

第一目的のお土産は無事Getしましたsign01 という事は、帰りにまたこの道を戻る必要が無い・・・

という事になります。( ̄ー+ ̄)

 

さて、今回のライドの後半を占める候補コースの分岐点がこちらです。

Dsc05372

いずれ富士山(富士五胡)を目指す事にもなりそう?なので、一度道志道を走って

おきたいとの目論見も有り、宮ヶ瀬から戻って大月へ抜ける(都留方面)コースを

頭に入れて進む事となりました。

 

413号は後で進むとして、出来るだけ412号でダム近く迄・・・・chick

 

途中TREKに乗る二人のローディーさんとコースが一緒になり無事に宮ヶ瀬湖へwave

Dsc05373

広くて景色がとても綺麗な場所です。happy01

 

Dsc05378

とりあえず何時もの様にEscapeをパチリcamera

 

時間も早かったので、宮ヶ瀬湖の外周をぐるりと回ってみようかと再スタートbicycle

 

するとこんな標識を発見flair さてどうする・・・・

Dsc05381  

 

と、反対からライダーがsign01 やっぱり行くしかない(*^。^*) ヤビツライドに変更notes

 

最初のトンネルsweat01

Dsc05384_2

 

沢の名前が面白いsign02

Dsc05392

 

さらに進むとだんだん道が狭くなり、何処かで聞いた様なキャンプ場がclover

Dsc05395

宮ヶ瀬湖の付け根にあるキャンプ場でした!

この先はいわゆるヤビツへの山道??

全体的にこんな感じの道です。

Dsc05396

よくある峠のパターンです。 ロードコンディションが良ければと・・・・・coldsweats01

 

そんな事を考えているよりcancer びっくりしたのはその景色がとても良い事sign01

Dsc05402

 

思わず何度もバイクを止めてcamerashine

Dsc05406

 

気が付くと何処かで見た景色???

Dsc05416

KIKUさんのブログ記事??? (@^^)/~~~  写真の差が出ます(笑)

 

少しずつ勾配もきつくなって来た頃、またもや見た事のある光景が・・・

Dsc05441

 

その後はひたすら山道を登る!登る! (登坂内容は後日happy01報告です)

 

無事に頂上へ到着しましたmotorsports

Dsc05445

 

数名のライダーさん(皆ロード)がいらっしゃいましたが、元気な人とup疲れ切った人down

くっきりと分かれていましたbell(笑)

 

ライド中に知り合った方と少し自電車談義に盛り上がりましたが、お腹もすいて来たので

早々に山を下る事にしました。

 

ダウンヒル開始 bicycledash

風を切って進むと、体が冷えて行くのが解るくらい寒くなってきました。

 

Dsc05453

秦野の町でしょうか? 

なかなか良い景色ですが、個人的には裏ヤビツの沢の方が好きですsign01

 

途中の休憩ポイント?

Dsc05457

 

峠を降り切るとこんな石碑が有りました。

Dsc05468

 

やはりこちが側が表なんだと実感しました・・・(笑)

 

246号に出てしまえば自宅迄迷う事はありませんが、16号も含めてバイパスを通るのは

いやだなぁ~っと思っていると・・・・・

Dsc05488

『名古木』の交差点に到着sign01

頂上の雑談で聞いたのですが、ここが表ヤビツのスタート(タイム係計測)地点だそう?

なので、一応覚えておく為に一枚camera  (*^^)v

 

このまま左に曲がりとりあえず厚木方面へ・・・・・

やっとコンビニを見つけてriceball  腹ペコでしたsign01 

峠があと3kmあったらハンガーノックだったかも・・・・(>_<) 試食煎餅パワーで乗り切り!

Dsc05490

その後平塚の手前でも2度目の補給cake

Dsc05491

肉まんです(#^.^#)

 

やっと落ち着いてコースを真面目に考えますconfident 

江の島に出たら・・・・160kmは覚悟しないと・・・・・・・・・・・

コースのおさらいですsign01

 

平塚の街中を横切り花水橋方面を目指し、やっと海岸通りへ到着danger

Dsc05498

袖ヶ浜からエントリー

この時点で丁度100km地点となりましたsign01

Dsc05500

その後134号を進むと向かい風が・・・・・(辛い)

 

すると元気なローディーさんが2名管理人を追い越して行きますup

 

これは・・・・  行けるかも・・・・  (*^^)v

 

久しぶりのコバンザメ作戦実行ですsign03

2台の後ろに着くと見事にスピードアップup

25km/h出すのにヒーこら言っていたのに・・・・軽く30km/hオーバーでcoldsweats01

 

更に江の島回りを回避して『湘南新道』まで案内して頂き・・・・m(_ _)m

 

実際は3人組みのグループさんでしたが、1名の方は結構辛い状況だった様で・・・

完全に間に入れてもらった状態でした!

マックのジャージを着たリーダーさんがとても力強く、本当にありがとうございました。

(速いッスネ!に煽てられて・・・・・・頑張っちゃいました!笑)  写真無しですhappy02

  

その後『藤沢橋』に到着してshine 知っている場所だぁ~

Dsc05506

先週と同様に境川CRを走り自宅へ戻りました。

 

Dsc05510

夕暮れまじかの多摩サイです。

 

 

明日も裏ヤビツの記事(タイムトライアル)を番外で書こうと思っていますが、

裏ヤビツは私の様な峠ビギナーでも楽しめる場所であり、とても気に入って

しまいました!   次回も裏から登りたいと思います・・・・(笑) (#^.^#)

 

本日の走行記録

走行距離 : 157.18km

平均速度 : 22.5km/h

最高速度 : 48.8km/h

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年10月 4日 (月)

宮ヶ瀬ダム~ヤビツ峠ライド(津久井煎餅本舗偏)

この週末は何処へ行こうか非常に悩みましたcoldsweats01

 

本来であれば、ペンディングになっているグリーンラインへ行きたかったのですが、

前日来よりの雨rain 前回もコースに生えたコケがスリップの元となったので、

今回も選択肢から削除しました。

 

そして相変わらずの無計画ライドがスタートしましたsign01

 

<ライド目的>

one津久井煎餅本舗で美味しいお土産をGetするgood

two宮ヶ瀬湖(宮ヶ瀬ダム)をレポートする。

three出来るだけ距離を稼ぐup

 

そうです、本来であればお煎餅を買って(最悪帰り道)ダムに行って・・・レイクハンター!?

大月あたりで引き返して来るという甘い予定で出発したのですが・・・(o^-^o)

 

さてまずは出発前の1枚

Dsc05332_2

毎度の画像ですが・・・・・ここに注目です!

Dsc05331

あずみの湧き水です!(非買品?)

某ビジネスホテルをインターネット予約するともらえますが、管理人の自宅はこの

ペットボトルが沢山有り・・・・・本日は山なので持参する事に(笑)

 

7:15 自宅出発bicycle いつもより若干早起きですclock

既に多摩サイにはライダーが溢れていましたrun

Dsc05337

コースは多摩サイ~浅川~高尾~城山湖と以前に何度も走った事の有る

こちらの記事をご覧下さい。

 

先日の川をユンボが行進していた現場を再確認clip

Dsc05345

かなり綺麗になっていました・・・・人口的な川となっていましたcoldsweats01

 

最初の休息ポイントは毎度の多摩御陵です。

Dsc05348

奥に見えるのがゴージャスな橋ですspa

 

以前の様に休憩で一服smokingはで来ませんので・・・・・

とっとと先を急ぎますbicycle

 

とりあえず城山湖へ到着apple

Dsc05360

ここで持参した補給物資を・・・riceball

Dsc05354

ミニソーセージクロワッサンですsweat01 管理人の大好物ですsign03

 

・・・・・・・・

 

話を進めましょうcoldsweats01

 

第一目的地点の津久井煎餅本舗を目指します!(内閣総理大臣賞受賞です!)

Dsc05367

有りましたぁ~  自由の女神の意味は不明ですが・・・・・・(苦笑)

 

早速中に入ってみると粋なお母さんが店番をnotes

残念ながら写真は有りませんが、とても美人な方でして・・・・・

どんどん色々なお煎餅を進められてしまい・・・・

Dsc05368

ご了解を頂き、ラインナップを宣伝させて頂きます!

8種類試食しましたが、どれも個性的な味で・・・・・

ついつい購入へと・・・・(笑)

是非また訪問させて頂きたいお店でぇ~すsign01

注)ブランデー煎餅は食べ過ぎると本当に酔ってしまうそうですので、

  ひとかけらだけ味見させて頂きましたsign01

 

結局お土産ですので、番長と娘が好きそうなコショウ煎餅とマヨネーズ煎餅を購入notes

Dsc05518

コショウ煎餅はその香りが絶妙で管理人好みです!

マヨ煎は塩煎餅にマヨネーズをそのまま付けて食べた様な感覚の一品でしたsign03

 

サイクリングでの初お土産で番長も笑顔した・・・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

 

Dsc05369

happy02 こんな大きな看板が有りますので、見逃す事は有りませんrestaurant

Escapeが小さく見えます(笑)

 

 

 

 

 

 

2010年10月 3日 (日)

週末の状況

この週末は年度末(上期)の決算と義母のもらい事故が重なり、ブログアップが進んで

いませんでしたが・・・・・coldsweats01

 

しっかり土日は走りましたので、何時もの様に週末ライドの記録を掲載します。pencil

 

10/2(土) 裏ヤビツ?登頂! 詳細コースはこちらをご覧下さい

 

一応写真を一枚happy01

Dsc05446

土曜の走行記録

走行距離 : 157.18km

平均速度 : 22.5km/h

最高速度 : 48.8km/h

 

 

本日は午後が雨rainで、昨日がまる一日自電車だった為、乗る事を諦めていたのですが・・・

思ったより雑務が早く片付いてscissors さっさと準備をして羽村堰へbicycle Gosign01

 

久しぶりに堰の状況を一枚camera

Dsc05527

紅葉の季節が楽しみですmaple

 

関戸橋付近の光景wave

Dsc05533

京王線の橋で、奥に見えるのは聖跡桜ケ丘です。

撮影ポイントは毎度こちらになります。

Dsc05531

羽田から35kmポイントです。

 

 

本日の走行記録

走行距離 : 45.18km

平均速度 : 24.8km/h

最高速度 : 40.0km/h

 

ヤビツライドに関しては、後日その詳細を記事にアップします。

また、義母の交通事故ですが、救急車で搬送されたのですが、大きな『たんこぶ』と

左足の捻挫で済んでくれた事が不幸中の幸いでした。

当分不便かもしれませんが、入院する事無くじたくへ帰る事ができました。confident

 

 

 

2010年10月 1日 (金)

9月走行記録

今月は自粛ライドが続いた割には・・・・・8月と変わらない距離?

 

 

9月結果

走行距離 : 445.49km

平均速度 : 22.8km/h

出動回数 : 8回

月間目標差 : +28.8km

年間目標差 : ▲299.0km

 

主な走行ルート

羽村堰 2回 90.44km

野川 2回 96.92km

多摩御陵 45.33km

羽田 79.14km

江の島 101.04km

多摩サイポタ 32.62km

 

点検終了後の江の島ライドはMurwoodsさんとご一緒出来てnotesとても楽しかったですsign01

 

さて、今月は何方とお会い出来るでしょうか(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ