フォト

ポチリとブログ村!

お気に入りリンク集

« ツールド伊豆2011夏(東伊豆編) | トップページ | ツールド伊豆2011夏(西伊豆編 その2) »

2011年8月17日 (水)

ツールド伊豆2011夏(西伊豆編 その1)

輪行バッグは管理人の為に有ると半分諦めて出発したこのイベントでしたが、

走っているうちに段々風邪の症状が改善して来る様で・・・・・・

当然薬漬けの状態で走っていたのですが、好きな事をするというこの状況は、

どうやらどんな薬よりも管理人の体に効いていた様ですsign01 (^O^)/ 

 

 

 

さて、これから問題の2日目である西伊豆ルートが始まります。

 

距離は初日より短い137kmですが、獲得標高が今回のコースで最高の2429mと

自然と涙が出て来る内容に、管理人をはじめとしてメンバーは無言のプレッシャーsweat01 

 

 

Cimg7276

 

下田の黒船のレプリカを見ながら朝食を終える一行ですが、何やら一人だけ

別行動を進めている人が・・・・・・・penguin  

 

 

Cimg7280

 

あらぁ~ 今日もかなり厳しいコース設定の為、自ら志願で姫が一足先にスタート

する事になりました。

 

ここで、タイヤの空気を満タンに補充して出発ですsign01 

 

 

Cimg7288

 

(@^^)/~~~ いってらっしゃぁ~いheart04 

 

全員で元気にお見送りと余裕のオヤジ軍団だったのですが・・・・・・・・・

 

余裕はこの時だけになるとは誰が予想出来たでしょうかshock 

 

 

 

さてさて、そんなオヤジ軍団3名もから40分遅れで2日目のコースへ出発です。paper 

 

Cimg7296_2

 

お弟子さんの奥様がお見送りをしてくれました (^O^)/ 最高ぉ~note

 

こんな美人の奥様に毎日見送ってもらえるお弟子さんは、間違え無く日本一の

幸せ者ですねぇ~heart02 

 

 

 

 

Cimg7297

 

2日目の最初に目標とするのは伊豆半島最南端の石廊崎なのですが・・・・・・

 

 

さっそく寄り道ですnote 

 

 

Cimg7304_2

 

南伊豆ひまわり畑 を発見し、迷わず写真を撮る事になりました。sun 

 

 

Img_4357 おやじさん提供

 

せっかくの花畑なのですが、何故か我々の華は一緒にいませぇ~んdown 

 

(^_^;) 後で姫に聞いたら、このヒマワリ畑の存在に気が付かない程 tulip 

必死に走っていたそうです。happy01 

 

 

 

 

 

 

 

Cimg7323

 

石廊崎に到着しましたsign01  eye 姫の姿は見えませんsleepy  

 

後々冷静に考えて見れば、石廊崎迄の距離は約17kmであり、40分遅れてスタート

して、ヒマワリ畑でのんびり写真撮影していたオヤジ集団が姫に追いつくはずは

有りませんでした。coldsweats01 

 

ここから136号へ戻る為に本日最初の上りをホイサカサァ~って進んで行くと・・・・・・

 

そこには想像を超えた絶景が待っていてくれましたwave 

 

Cimg7333

 

伊豆西南海岸は全員が思わず声を上げそうになった最高のポイントでしたup  

 

シャターを押す回数がいきなり倍増となり、時間を忘れて見とれてしまいました。notes 

 

  

  

 

136号に戻った一行は、その交差点で一旦休憩を取る事にしました。

 

Cimg7342

 

今回のライドは炭酸系飲料を一気飲みするのが定番となってしまう程、体中が乾いて

しまう灼熱地獄を味わう毎日でした。

 

当然水筒にはスポーツドリンクか水を満タンにしてからスタートとなります。

 

大げさな話では無く、毎日5L程度の水分を補給していた様で、本当に良く走ったと

自分でも感心してしまう位でした。

 

 

 

話しを本編に戻しましょう! 

 

 

Cimg7344

 

妻良港を過ぎてマーガレットラインを北上する一行に、本日最初の本格的な上りが

やって来ます。

 

約7.6kmの距離と230mの上りを4度のアップダウンをしならが登って行きます。

 

 

Cimg7347  

 

途中峠の茶屋?coldsweats01 でしばし休憩をして、残り半分を登りますup  

 

 

Cimg7358

 

頂上付近の休憩所ですが、ここに到着した頃は空には雲が・・・・・cloud   

 

 

Cimg7359

 

時間的にも11:00となり、そろそろランチの検討との居場所が気になり始めた

オヤジ軍団なのですが、メールを送れどからの返信は無し・・・・・・

 

この伊浜の上りで追い抜いてしまったのか?いやいやそんなはずは・・・・・sweat02  

 

天気の変化と共に少し不安のcloudがオヤジ軍団を覆って来たのですが、ここは

とりあえず松崎・堂ヶ島へ進む事にしました。

 

 

Cimg7362

 

ここで南伊豆とお別れですsign01

 

 

 

Cimg7364

 

雲見を通過して136号はマーガレットライン⇒彫刻ラインと変化し松崎へ入ります。

 

 

 

24hours松崎のコンビニで休憩を入れて、姫に再度連絡を取ってみる事に・・・mobilephone 

 

Cimg7370  

 

あらぁ~ sweat02 この時点で堂ヶ島を通過して、土肥温泉が射程距離に入ったshine 

 

(・・? なんと出発から約50kmが過ぎようとしているのに、単独走の姫列車を組む

オヤジ軍団との距離の差は、出発時のアドバンテージのまま約40分17kmを維持

していたのですdown  オヤジ三人は開いた口が閉まりません・・・・・shock 

 

とりあえず姫とのランチは諦めて、ここでコンビニ昼食とする事にriceball 

 

少しでも姫との距離を詰めたいとの思いで炎天下でお昼を食べたのですが・・・・・(>_<) 

 

 

西伊豆編その2へつづく    (@^^)/~~~

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

« ツールド伊豆2011夏(東伊豆編) | トップページ | ツールド伊豆2011夏(西伊豆編 その2) »

週末ライド」カテゴリの記事

コメント

やるね~!姫♪
オヤジ軍団も負けちゃ~いられれませんよ~!

しかし・・・お弟子さんが裏山。。

読んでいるだけで、あの状況がよみがえり、夜なのに熱中症になってしまいそうです。。。
真冬にまた読み返さないといけませんね。。。

いー写真(腕前)と天気!sunよかったですね。
行ってよかったupwardright

マーガレットラインには、コンビニがなかったですね。
湧き水のある場所など、情報があったらもっと楽しい走り倍増x2
つながったかな?

こんばんは。
姫、約40分17kmを維持ってすごいですね~
普段背負わない、リュックがとても重そう・・・

暑そうですねえ。でも楽しそう。
この景色ならそうなりますね。

がんばれ姫!!
逃げ切るんだ~

ひまわり畑って√136に沿って右に曲がった所ですか。春には菜の花畑になってますが、夏はひまわり畑なんだ、
それにしても、姫の逃げ、凄いぞ!!(Ken)

ひまわりキレイですね。看板まではみていてのですが、まさか全国版のNewsになるほどの最盛期だったとは。

あとの看板も、景色も覚えていますよ。でも、もっとよく覚えているのは、松崎に入ったところの写真左端にも見える、つぎなる傾斜地。

「常に次の坂は走りきれるだろうか?ペース配分は?休憩は?」
そればっかり考えて走っていま「した。

姫すごいですね~
黙々と一人で走り抜けていくって^^
でも、折角なんで皆んなで走った方が良かったのにって思うのは私だけ?

こんにちは^^
私も2日間300キロ走行で、12リットルの水分を補給してましたww
トイレにはわずか一回行っただけでしたね~

40分の差が縮まらないのはやはり寄り道などか多かったからでしょうね。

でこれより先は頑張って走るのかな?

>ユッキンさま
 
こんにちは。
本当にうらやま・・・・・(笑)
何故か自転車関係で知り合った女性は、皆綺麗な人が多い様な
気がするのですが?たまたまでしょうか?(笑)

>おやじさま
 
こんにちは。
今回はライドの楽しさとともに、夏のツアーへのポイントも
勉強する事が出来ました。
次の企画は秋のツアーでしょうか?(笑)

>お弟子さま
 
こんにちは。
マーガレットラインは最高の眺望でしたね!
あれで温度がもう少し低ければ、走り易かったの
ですが・・・・・・(汗)
いつか別の季節に、またこの伊豆イチ走りましょうね。
 

>kahanaさま

こんにちは。
この3日間は姫の頑張りばかりが目立ったライドとなりました!(笑)
しかし、皆バックバックが妙に不自然な感じで、走りにくそうでしたねぇ~(笑)

>moumouさま
 
こんにちは。
今回は夏の暑さを嫌という程味わいました!

>カレーパンマンさま
 
こんにちは。
だらしないオヤジ軍団です・・・(笑)
今日は後編でかめさんを目指しますよぉ~

>ももひき姫さま
 
こんにちは。
松崎あたり迄は足も残っていて、暑さとの戦いでしたが
この先からだんだん体力低下を感じる様になったのでは?
それでも無理をせずに確実に進むこの走りは、今後私も
真似させて頂きたいと思います。(^^ゞ

>まるおさま
 
こんにちは。
本当は2~3時間程度で追いつくと簡単に考えて
いたのが大きな間違いでした・・・・
次回からは全て一緒に走りたいと思います!(笑)

>ramu3003さま
 
こんばんは。
やはり一日6Lですか!
私たちも夜のビールを入れれば間違えなく6L超えてますよ!(爆)

>まっくろくろすけさま
 
こんばんは。
普段の行いが良いオヤジ軍団には、この後神風が吹くのですよ!
何とか最悪の事態は避ける事に成功してゴールしました!

こんばんは。

ペダルを回し続けてさえいれば、自転車は進んでくれる。
正にそれを淡々とこなし続けていたのですね、姫。

次の坂は?とかペース配分は?とか考えながら走るって
それって【ブルベ】向きなんじゃないでしょうか。

しかしまぁ西伊豆って、結構な坂の連続なんですね。
車でしか走ったことが無くて、坂がキツイという記憶がなかったのですが
厳しいコースなんですね。

続き、楽しみです。

>スターチャンネルさま
 
こんばんは。
私が知る限り、今回の伊豆イチで姫は別人の様な変貌を遂げたと思います。
これからもっともっと厳しいコースでも、きっとクリア出来る様な気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1369070/41224565

この記事へのトラックバック一覧です: ツールド伊豆2011夏(西伊豆編 その1):

« ツールド伊豆2011夏(東伊豆編) | トップページ | ツールド伊豆2011夏(西伊豆編 その2) »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ