フォト

ポチリとブログ村!

お気に入りリンク集

« 回復走とサドルポジション・・・そして秋の気配 | トップページ | ツールド富士2011秋(第2話) »

2011年9月26日 (月)

ツールド富士2011秋(第1話)

夏に実施したツールド伊豆に味をしめた事より、前回メンバーに加えて参加者を増やし

秋のイベントを実施する事となりました。

 

今回も700枚近い写真を眺めながらの記事編集となりますので、小学生日記スタイルの

当ブログでは終わりが何時になるか解りませんがsweat02是非最後迄お付き合いください。

 

 

今回の計画概要は9/23・24の2日間を利用して、山中湖を中継地点(宿泊地)として

富士5合目を登る事を目標としました。

 

この富士スバルラインは、富士クライムで有名なコースであり、足に覚えのあるライダー

であれば“一泊して行く様な所では無い”なんて書き込みが増えそうですが、そこは

管理人を筆頭とする貧脚揃いのメンバー eye も多い?事と、単純に飲み会付きの

お泊りライドが楽しいupwardrightという事でcoldsweats01 今回も2日の工程となりました。

 

 

 

さてさて先ずは1日目の往路コースを確認します。

 

 

 

 

 

初日のポイントは道志道の最後に有る山伏峠となりますが、当日は山中湖で泊まり

ですので、燃え尽きてしまっても全然OKと気楽にスタート出来ます。

 

 

初日は台風15号の影響で、前日の夜は雨模様rainでしたので、いきなり路面は

ウエットコンディションでのスタートとなりました。

 

Cimg9011

 

6:50 スタート bicycledash 

 

最初の目的地はオヤジ軍団の集合ポイントである尾根幹(多摩卸売市場前交差点)

通称『国士舘前』に向かいます。

 

   

Cimg9016

 

多摩サイもこんな感じで立木が倒れる等の影響が出た位、大きな被害を発生させた

台風でしたが、とりあえず今回の企画を実行出来るだけでウキウキの管理人でした。

 

 

じゃぁ~んsign03  

 

Cimg9024

 

待ち合わせ場所で最初に合流したのはMANTRAサドルの先輩であるoscarさんでした。

 

ここでじっくりこのサドルの特性やポジション出しの秘訣を教えてもらえた事が、管理人

にとっては最高の財産となりました。(自転車仲間の存在って最高ですsign01

 

 

 

Cimg9026

 

間もなく、おやじさん・姫・kahana(青TREK)さんの3名も到着しました。

 

oscarさんkahanaさんは日帰りお見送りライドなので、今回はバックバックなしです。

 

 

 

Cimg9029

 

さぁ~出発up 

 

管理人はここでもoscarさんの後ろにさせて頂き、サドルとお尻の位置をしっかり

チェックpencil させて頂く事にしましたscissors (決して怪しい趣味は有りませんsweat01) 

 

 

5台の列車はゆっくりと尾根幹を西へ向かいます。

 

 

次の合流ポイントは尾根幹最後の24hours セブンイレブンです。

 

Cimg9032

 

pepeさん登場ですsign01 

 

先日管理人が道を間違えた為、裏ヤビツライドが宮ヶ瀬ライドに変更となって

しまいましたので、今回の富士クライムは予行練習無しでの登頂となりました。

 

軽く挨拶をして早々にスタートしますが、今回は姫よりも先を走るメンバーが wink  

既にコース上を進んでいるのでしたnotes 

 

 

Cimg9044

 

津久井湖の城山ダムですが、台風の影響で水量と濁った水の勢いは、かなり

迫力を感じる事が出来て・・・・・・

 

 

Cimg9043

 

バイクを止めてしばし見学です。danger 

 

 

Cimg9045  

 

コース上にはこんな障害物が大量に落ちており、皆ハンドサインを多用して

無事にかわしながら走って行きます。

 

 

Cimg9062

 

牧馬峠との分岐点であるこの24hours ヤマザキさんに到着した時には、既に次の

待ち合わせポイントの約束時間を過ぎている状況でした。

 

実は我らがももひき姫は体調を崩し最悪のコンディションでの参加であり、心拍が

上がって来ると咳が止まらず呼吸困難な状態に・・・・   大丈夫か姫ぇsign02 

 

管理人はこの状況を次の待ち合わせポイントの仲間に連絡し、こちらへ戻って

来てくれるとの話をしている間に、おやじさんが先行する別働隊へ連絡を取ります。

 

はて?

 

実は電光掲示板の交通情報案内で、413号(道志道)山梨県内全面通行止めdanger 

との案内を見てしまったからなのです。sweat02 ヤバイshock 

 

このまま20号に進み大月周りで山中湖を目指すしかないのか・・・・・

 

一同緊張が広がりますが、別働隊との電話は繋がら無い事より(無事な証拠confident

ずとりあえずこのまま進む事に決めました。

 

 

Cimg9065

 

ここでお見送りライドのkahanaさんとはお別れとなりましたpaper 

 

次回も宜しくお願いします。(^^ゞ 

 

 

再スタートを切った一行ですが、に無理が来ない様におやじさんが先導しながら

ゆっくり道志道を進み始めると間もなく、対向車線に高速で爆走する大型の物体がsign02 

 

あぁ~impact 

 

完全に止まる事が出来ずに大きくオーバーラーンして引き返して来た人はheart02 

 

 

Cimg9072

 

まるおさんの登場ですnote 

 

先日道志道を走ったばかりだったのですが、今回は仕事を投げ出しての参加と

嬉しいじゃありませんかぁ~ !(^^)! 

 

さあこれで残ったのは先行する別働隊だけですので、当初の予定である道の駅迄

にはなんとしても捕まえるぞぉ~sign01 と再スタートです。 bicycledash 

 

 

Cimg9079

 

taurus 牛柄のバーテープが良く似合います。happy01 

 

 

 

Cimg9092  

 

途中からスピードの上がらない姫が遅れ始めますが、このチャンスを生かして

管理人はポイントの写真を撮らせて頂く事にしました。camera  

 

 

Cimg9093

 

 

更に進むと両国橋付近でこの状態となりました。danger 

 

Cimg9109

 

ありゃぁ~down 最悪 downdown  

 

 

Cimg9104

 

道も川の様になってるし・・・・・・sweat02  

 

 

Cimg9114

 

すると・・・・・ 通行止めは“大型車”だけじゃないでしょうかup 

 

乗用車はそのまま進んでますよscissors 

 

 

そうと決まれば余裕で記念撮影を実施 camerashine 

 

Cimg9118

 

やっぱりEscapeも一枚sign01

 

Cimg9124

 

なかなか良い雰囲気です。note 

 

 

さてさてこれからは本格的な上りが始まると気合いが入るメンバーでしたが・・・・

 

Cimg9127

 

一番奥の方は何故か余裕のしぐさです。bleah さすが大物は違いますねぇ~spa 

 

 

 

Cimg9141   

 

ここでもしっかり湧水を補給ですbell  

 

そして何故か・・・・・・・taurus 

 

Cimg9140  大売り出しsign01 

 

 

その後もこんな所や・・・・

 

Cimg9147

 

あんな所ででも

Cimg9154  

 

 

チャンスを駆使して写真を撮りながら進みます。

 

 

Cimg9157

 

写真を撮ったらダッシュで run 追いかけるぅ~note の繰り返しでした。

 

 

そして・・・・・・

 

Cimg9159

 

あぁ~ あそこに見えるのはfuji 

 

 

Cimg9161

 

先行していたお弟子さん三代目さんを予定より早く確保しました。(^O^)/ 

 

今回は逃げ切りに焦る事無く、この先進む事が出来る様です。

 

これで今回のツールド富士メンバーが全て登場となりました。

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

 

 

 

 

     

« 回復走とサドルポジション・・・そして秋の気配 | トップページ | ツールド富士2011秋(第2話) »

週末ライド」カテゴリの記事

コメント

さっそく1/4章、楽しませていただきました!
(それにしても、今回は大ちゃんがいないせいか、黄色いジャージめだっちゃってますね........(^-^; )

マントラ星の兄弟

いくつかの部隊で別々に走りながら合流点を目指していくって、面白いですね。
流動的に合流点が変わっていって、、、それでもちゃんと合流できたりするのは
きっと同じ趣味仲間だからなのでしょうかね。 続きも楽しみにしてまーす。

あれから一人寂しく心細く道を迷いながら帰宅しました。
大勢でのツーリングって安心ですごく楽しいですね!
通行止めは通れたみたいで、その後、雨は大丈夫だったのかな・・・

通行止めには一瞬驚きましたが、通れて良かったですね~^^
これだけのメンバーで泊まりライドは楽しそうですねw
関西でも泊まりライドを企画したくなりました^^

姫、大丈夫???
それにしても「一番奥の人」はどこでも余裕があるように見えるのは
気のせいでしょうか?

進もうとする先々が通行止めな感じでやきもきしましたが、それが逆に楽しそうな感じが伝わってきました。

楽しそう!
姫は大丈夫だったのかな?
気になるな

>oscarさま
 
こんばんは。
いきなり章の区切りをかえてしまってゴメンナサイ(#^.^#)
マントラの星! これからも布教活動頑張りましょう♪(笑)

>しんちゃんさま
 
こんばんは。
前回からツールドフランスの様に、逃げと追う集団って感じのパターンが
自然発生している様な感じがしますが、やはり峠が多いと避けられない
事なのかも知れません。
でも必ず合流するのですけど・・・・(笑)

>kahanaさま
 
こんばんは。
やはり別れた後の単独走はちょっと寂しいですよね!
次回はエンドまで是非ご一緒下さい。
天気ですが、どうも強烈な晴れ男か女神が居る様です。(笑)

>ユッキンさま
 
こんばんは。
お泊りライド楽しいですね!
ゆっくり出来るし今迄行け無かった場所にも足を延ばせるし。
今度は浜松辺りで待ち合わせしますか?(笑)

>カレーパンマンさま
 
こんばんは。
奥のお方はやはり何か持っていますよ!
絶対・・・・?

>まっくろくろすけさま
 
こんばんは。
初日の姫は本当に可哀想な位苦しそうでした。
でも2日目は少し元気になってくれた様で、無事完走出来て良かったです。

何人かのお医者さんに見てもらったら、検査の結果完全に原因不明なのにものすごい咳き込むので「
肺がんから疑ってください」
って言われちゃいました。がーん。

いつも必死なので、見えていない風景をkanokaさんのブログで確認しています。
次が楽しみです。

こんにちは
巨大な物体ですww
デイリーストアまでkahanaさんがご一緒だったんですか~
お会いしたかったな~
それにしても後から思うと綱渡りの様な道志道だったんですね~
ちなみに私は余裕では無く、な~んにも考えて無いだけでしたww

こんばんわ~
さぁ~腰すえて?読みますヨ~4部作?(笑)
そういえば台風の次の日出発だったんですネ
凄く昔の話のような気がします(爆)

>ももひき姫さま
 
こんばんは。
がぁ~ん!(汗)
脅かさない下さいよ!
やはり美人薄命でしょうか?

>まるおさま
 
こんばんは。
何も考えていないパターンは私も一緒ですよ!(笑)
次回は是非kahanaさんと一緒に走りましょうね♪

>とすとんさま
 
こんばんは。
そうなんですよ!
直前まで台風の影響で、中止にして車で宴会だけしに
山中湖まで行こうか?なんて話が出た位でした。(笑)
何とか走れて超ラッキーです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1369070/42046282

この記事へのトラックバック一覧です: ツールド富士2011秋(第1話):

« 回復走とサドルポジション・・・そして秋の気配 | トップページ | ツールド富士2011秋(第2話) »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ