フォト

ポチリとブログ村!

お気に入りリンク集

« 『松姫峠』ライド (前編) | トップページ | 『松姫峠』ライド (後編) »

2011年9月15日 (木)

『松姫峠』ライド (中編)

前編は輪行ネタで多くの内容を費やしてしまいましたので、今日はメインの松姫峠の

内容を書きたいと思います。

 

 

 

深城湖から松姫峠の頂上迄は約9kmですが、本格的な上りは最初のトンネルを越えて

からになるのです。

 

Cimg8461

(写真の上はジャビット君の影です)

 

見えて来ましたsign01 この辺は余裕で写真撮りです。

 

もう一度ルートを確認頂きたいのですが・・・・・

 

 

 

コースメイン部分は距離8kmで平均斜度7.5%だったのです。coldsweats01 

 

平均5%程度と思いこんでいた管理人は、まあゆっくり走れば完走出来るとマイペース

で進んで行くと、バイパス工事の警備員さんが声を掛けてくれました。

 

警備員さん: おはようsign01 これからが厳しいぞぉ~sign03 

管理人: おはようございますnote 

警備員さん: 今日は4~5人登ってるからぁ~ 頑張れよぉ~ spa  

管理人: はいpaper 行ってきまぁ~す。

 

周りにはだれもいないこの状況で、時速10km/h程度の低速で走る一人の自転車

乗りに声を掛けるその笑顔は、妙に場馴れしている様で・・・・・・happy01 

 

管理人も妙に素直な子供の様に『いってきまぁ~すsign01』 なんて・・・・

 

こういう時って全然恥ずかしく無いのが不思議ですよねsweat01 (*^。^*) 

 

 

さて、コースを良く見て頂くと解るのですが、前半はトンネルを使ってループする様に

急斜面を登って行くバイパス部分が終了すると、普通の峠と同じ様な雰囲気の道に

なって来ます。fuji   

 

 

Cimg8463

 

全体的にはこんな雰囲気の道です。

 

 

Cimg8462

 

たまにチラチラ視界が広がり綺麗な山並みや、コースの上部等を何度か見る

事が出来るのです。(まだまだ余裕有りの管理人)

 

 

 

Cimg8465

 

この頃は未だ何とか速度を保っていたのですが、平均斜度7.5%を片手ハンドルで

調子に乗っていた管理人は段々失速する自分を感じ始める事に・・・・down  

 

 

Cimg8468

 

後から写真を見ると斜度の緩いアウトコースへ思いっきり膨らんで走っていた事が

解ります・・・・・・・・(^_^;) 

 

 

Cimg8470

 

落石避けのトンネルを抜ける頃から、流石に片手ハンドルでは厳しくなって来たので

カメラをしまい必死にペダルを回し始めますrecycle 

 

 

この日は輪行で峠に直行したせいか、何故か体力に余裕が有りました。wink 

 

きっと単独走行によるゆっくりマイペースが、心拍を上げ過ぎる事無くここまで

管理人を運んでくれたのだと感じました。

 

 

 

サイコンをチラ見しながら更に進んで行くのですが bicycle  そろそろ頂上?

 

そんな事を考えていると・・・・・・・・fuji 本日最高の絶景が飛び込んで来ますsign01 

 

 

あわててカメラを取り出して写した一枚がこちらです。

 

Cimg8472

 

思いっきり右側に寄って止まりそうな速度で押しましたscissors でも・・・・・

 

この景色にやっぱりEscapeも入れて撮りたいheart04 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

せっかくここまで来たのだから、足付き無しで頂上まで行きたい? think 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

頂上に登ってから戻れば? 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

次に来た時に写せばいいじゃんsign02 

 

 

心の中で色々な思いがぐるぐる回る中、管理人が選んだ道はshine  

 

Cimg8475

 

青空と眼下に登って来たコースが見えるこの場所は、松姫峠最高の絶景ポイント

であった事を確信しました。

 

 

Cimg8485

 

賛否両論有ると思いますが、管理人が峠を登る一番の目的は、こんな最高の

景色を満喫して写真に収めて帰る事が出来るだけて、十分に幸せな気分になれる

事を実感させてくれました。

 

 

 

結果的にこの場所は頂上から約500m地点の最終ヘアピンを曲がる手前の直線

だったので、そのまま進んでも余裕で完走出来たレベルですし、頂上へ到着して

からこの場所へ戻ったとしても、殆ど負担にならない程度の距離でした。

 

 

Cimg8504

 

頂上のゴール地点ですmotorsports 小菅村の看板が目立ちます。

 

 

Cimg8503

 

ゴール地点から振り返るとこんな感じで大月の看板となります。

 

写真でみえている部分の先が右ヘアピンであり、そのヘアピンを曲がればあの絶景

ポイントとなりますので、この峠に訪れた際は是非そこで写真を撮って峠の素晴ら

しさを感じて下さいねpaper 

 

 

Cimg8508

 

ここはバスも来ている様ですし、写真左の茶色い建物は以外に綺麗なトイレでした。

 

ここに写っている人達は、何とこの横の山道を走りながら進んで行く様で・・・・・sweat02 

 

管理人には絶対真似出来ないスポーツですよsign01 (^_^;) 

 

そうそう、この頂上は売店や自販機、そして飲料可能な水道等は一切有りませんので、

十分注意して下さい。pencil 

 

 

さて、写真を撮って少々休憩した管理人でしたが、ここからはこのコースの最高の

醍醐味であるダウンヒル&下り基調の奥多摩コースを満喫するぞぉ~notes っと・・・

 

 

峠を下り始めたのですが・・・・・・・・・・

 

この先からが今回のライドで味わう本当の辛い時間がスタートしてしまうのでした。sweat02 

 

つづく

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

 

 

 

       

« 『松姫峠』ライド (前編) | トップページ | 『松姫峠』ライド (後編) »

週末ライド」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^
坂はきつそうやけど…絶景っすね~~~^^v
あぁ…山に行きたくなってきたww

てか、どうでもいいけどやっぱサドル… かっけーなぁww

土曜日晴れだったのですね。私は寝台列車で東北の山登っていました。

ずぶぬれ苦行と快晴ガツガツス登山。若い青年ががんがん引っ張るので、心臓バクバクで咳込みはじめGiveUp申し出たしだいです。若いってそれだけで体力ですよね。

そっか、伊豆走れたのは、追いかけたりあわせたりしなかったから、体力がもったんですね。

富士がんばらねばwobbly

こんばんわ。日本の夏の風景だなぁ。天気上々。これだから峠ライドは止められないってか?自転車の多くなった都会を離れたくなる今日この頃です。

うひょ~絶景~(*^_^*)気持ちいいですネ~
これぞファンライド!って感じでしょうか?
で、ここからが・・・問題の苦行開始なんですネ(笑)

ものすごいワインディングロードですね。

ヒルクライムは苦労して登った後の絶景がニンジンですよね。

下りでつらいことに???

続編が楽しみです。

家が全く見えない峠っていいですね~
静かな山の中をチャリの音だけ聞きながら登っていくのが最高です^^
しかし、私は坂が嫌いですww

写真を撮るために降りたのは足付きには私だったらしません。
逆に余裕があるからそう思える訳なのではないでしょうか?

空気が透き通って気持ちよさそうですね。

こんばんは。
ほんとまさに絶景ですね~(^^)
飛行機雲がタイミング良く写っているのもGoodですね!
こんな所で思いっきり深呼吸してみたいです。

足つき無しに挑戦するのか、写真の為に自転車を降りるか、と言えば私もきっと自転車を止めてしまう派です。
写真のためだけではなくて、もしかしたらその景色に見入るためかもしれません。
それはそこでしか味わえない景色があるから、、、。私も自転車に乗っている一番の目的は
山の中の景色を味わいたいからです。ですのでkanokaさんスタイルに一票!

なんか峠のピークのちょっとした駐車場、、、記憶にあります。私はここまで車で来て、ここから自転車で山の中へ入っていきました・・・・・

こんばんは。いや、この景色みたら是非ともいってみたくなりますねぇ。私だったら間違いなく、景色をじっくり>>脚付きなし、でございます^^

>ramu3003さま
 
こんばんは。
最近ramuさんも山に目覚めてしまったのですよね!(笑)
この時期から紅葉に掛けては最高の景色を楽しむ事が出来ますので、
出来る限り山に行きたいと思います!

>ももひき姫さま
 
こんばんは。
今回もDrヘリの出番が・・・・・・(*^。^*)
おやじさんがスピードあげてもゆっくりチームはマイペースで登りましょうね♪

>kurajiさま
 
こんばんは。
やはりそうですよね!
苦しくとも街中から離れて最高の雰囲気を味わいに山へ行っちゃうんですよ♪
冬になる前に出来るだけ走りますよぉ~

>とすとんさま
 
こんばんは。
下りから最悪の拷問ライドスタートです。(笑)
本当にお尻痛かったですよ!(T_T)

>tac-phenさま
 
こんばんは。
遠く迄見える直線よりも、ぐにゃぐや曲がったワインディングロードは
私にとって大きな味方です。(笑)
この様な道ですと、それ以外にも絶景を見るチャンスが増えますので
やはり私好みって感じでしょうか?(爆)

>まるおさま
 
こんばんは。
まるおさんが好きなのはやはり夜の街?(笑)
ネオンの横浜も最高♪ですよね!(爆)

>まっくろくろすけさま
 
こんばんは。
貧脚の私ですが、少しづつパワーアップしているって感じで、
今迄きつかった峠をもう一度回ってみようかと密かに考えています。(笑)
やはりペース配分を注意して登れば、結構行ける感じがします!
(今回も以外に余裕でした)
これも他のブロガーさんの記事が良いアドバイスいなっていると思います。

>ひこうき雲さま
 
こんばんは。
今回はそのまんまお名前使用させて頂きました。(^O^)/
丁度タイミングが良かったのでラッキーでした。

>しんちゃんさま
 
こんばんは。
ここから中へはランニングで走る人達も居る位のコース設定でした。
そういうお話を聞くとMTBが欲しくなっちゃいますよね!(笑)
ロード・MTB・ミニベロ・・・・・3台欲しい・・・・・
あぁ!あとパパチャリ1台。(爆)

>ざむさま
 
こんばんは。
ざむさんは輪行経験者ですので、このコースは凄くお勧めですよ!
距離的にも内容も申し分なしのクリーンヒット!って感じですので
是非一度走ってみて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1369070/41700789

この記事へのトラックバック一覧です: 『松姫峠』ライド (中編):

« 『松姫峠』ライド (前編) | トップページ | 『松姫峠』ライド (後編) »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ