フォト

ポチリとブログ村!

お気に入りリンク集

« 彩の国うどんツアー(後編) | トップページ | 初挑戦は如何なる事に? »

2013年5月23日 (木)

交換頻度が高いとコストを低くしなければ・・・・

3年と7カ月のノーパンク記録が終わった翌週に、2回目のパンクがやって来た管理人

だったのですが、気が付けば予備チューブが無くなっているではありませんがsign01  

 

 

 

 

 

2回ともパンク原因がバルブ付近の繋ぎ目から漏れていたスローパンクでしたので、

これはやはりチューブメーカーを変更する必要が有るのでは無いかと考え、管理人が

ポチッタチューブがこちらです。paper

 

 

 

 

Cimg8453


ビットリア ブチルライトチューブ 700x19~23C 仏式バルブ51mm

 

 

ほぼワンコインで購入可能と貧民ライダーにはピッタリの経済性です。good 

 

これなら毎週パンクしても・・・・・coldsweats01  

 

 

なんて考えていると大魔王が寄って来ますので、次のタイヤ交換時に使って

見る事にしたいと思います。(当然予備チューブとして携帯しますwrench ) 

 

 

 

さてさて価格が安いのは嬉しいのですが、少額ですと送料が掛ってしまいます

ので、何か別の物も頼まないと・・・・・・flair  

 

 

 

 

Cimg8454


ミシュラン PRO4 コンプサービスクルス 700X23C  

 

PRO3と比較し10%、ケーシングは30%も軽量化に成功しており、総重量は約180g。

転がり抵抗は非常に軽い数値(3kg/t)をたたき出しているそうです。

優れた転がり抵抗と、耐久性はライバル製品と比べ非常に高い水準にあり、

コーナリング性能においては前例のないレベルであるそうですので、早く交換して

走ってみたい所ですが・・・・・・

 

 

 

(ーー;) POR3の在庫が1本残っている事に気付きました。 

 

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログへ 

 

 

 

 

« 彩の国うどんツアー(後編) | トップページ | 初挑戦は如何なる事に? »

アクセサリー・パーツ」カテゴリの記事

コメント

このチューブ大人買いは、紛れもなくパンク大魔王を認識してしまった結果だと思うのですが?
ねぇmasaruさ〜んそうですよね?

こんにちは(^^)v
私も3年ちょいでノーパン記録が途切れましたが、2回目はまだですよ(^^)

PRO4お揃いですな!
ただ、こいつはグリップの良さと引替なのか、若干減りが早いような気が…

修理しないんですか?
バルブ付近の繋ぎ目というのがどの辺か不明ですが、パッチが当てられる場所なら修理するのが経済的だと思いますよ
人によってはロードは高圧なので修理不可とか言いますが、どのメンテ本読んでもパッチで修理って書いてますし
実際パッチ当てたチューブで延べ5000km以上走ってますけど何の問題もないですよ

バルブの根元が切れてしまう最大の要因は、
私の場合に限った話ですが、空気を入れる時が原因でした。

室内で使用するフロアポンプなんですが、いま使っている物は
ホースの長さが若干短くて、ミノウラの二段重ねスタンドの上段の自転車だと
若干ホースが引っ張られるような感じになるんです。

横着しないで、自転車を床に降ろせば問題なかったのですが
上に架けたまま空気を入れたときに、バルブに斜めに力が加わって
根元が切れたことが何度かあります。

もちろん、よく言われているような、バルブ穴付近のバリが・・というのも
関係するのかも知れませんが、真っ直ぐの状態を保っていればOK。
ほんの少しだけではありますが斜めでアウト。

そういう事なんだろうと、私は納得することにしました。

>ももひき姫さま
 
こんばんは。
実は最初に在庫を使ったのはおやじさんのパンクだったのです。
あの尾根幹に車で行った時ですよ!(笑)

>ramu3003さま
 
こんばんは。
いずれにしろ趣味の世界なので、交換時期が少し早目の方が良いかも?です。(笑)

>スターチャンネルさま
 
こんばんは。
そう言われれば、1本目はネジで止めるタイプでは無かったので、ポンプのバルブを
押しつける時に変な角度で力が加わっていたのかも知れません。
アドバイスありがとうございました!
続く様なら別の事考えないと駄目かも知れませんねぇ~(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1369070/51735230

この記事へのトラックバック一覧です: 交換頻度が高いとコストを低くしなければ・・・・:

« 彩の国うどんツアー(後編) | トップページ | 初挑戦は如何なる事に? »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ