フォト

ポチリとブログ村!

お気に入りリンク集

お勧めコース

2011年6月14日 (火)

『kanoka』トレーニングコース

関戸橋を起点としてサイクリングを楽しんでいる管理人の、トレーニングコースを

紹介させて頂きます。

 

 

コース概要はこちら←ルートラボで見れます)で確認下さい。

 

距離 : 17.8km

最大標高差 : 110m

平均斜度 : 4.3%(上り)

獲得標高 : 281m

 

 

先ずはスタート地点となる『新大栗橋』交差点です。

 

Cimg4296

 

写真正面は“関戸橋方面”ですので、写真左側へ向かってスタートします。

 

ルートラボでは、スタート直後に路地へ入る(実際管理人が通る)コースですが、

『聖跡桜ケ丘駅前』交差点を左折してもOKですので、“聖跡いろは”方面へ進みます。

 

Cimg5203

 

この橋を渡り切った横断歩道が“聖跡いろは”のスタート地点となります。

 

TTを実施される人や興味の有る人はこちらをご覧下さい 

 

 

トレーニングコースの第一関門となりますが、基本データーは次の通りです。

 

距離 : 825m

標高差 : 55m

平均斜度 : 6.7%

 

Cimg5208

 

こんな感じのヘヤピンを抜けながらガンガン上ります 

 

Cimg5211

 

カメラ片手でも登れる短い距離ですので、是非気軽にチャレンジしてみて下さい。

 

※番外ですが、大丈夫号でも登れる坂です  

 

Cimg5216

 

頂上へ上がるとこの交差点が有りますので、この横断歩道を  ゴールライン

として、自分の目安としています。

 

ここでタイムを確認したら、そのまま横断歩道を直進します。

 

Cimg5217

 

最初の分岐ポイントですが、ロータリー式の円形交差点を右方向へ進みます・・・

 

Cimg4221

 

こんな感じとなっていますので、左から時計回りに回り込んで右折する様にしましょう 

 

 

Cimg5221

 

次の交差点は道なりに右側へ進みます。

 

 

Cimg5222

 

S字コーナーの様に道なりに左ですが、ほぼ90度に曲がるコーナーとなります。

 

正面の看板をアップにすると・・・・

 

Cimg5223

 

あら?この通りは“いろは坂通り”だったのですね 

 

 

Cimg5224

 

緩い下りを降り切ると、T字路の交差点にぶつかります。    左です。

 

Cimg5225

 

この157号は自動車中心の道であり、速度を上げた車も多いので、 十分注意

して走って下さい 緩い下りですので一気にGo   

 

 

Cimg5228

 

降り切った交差点が“多摩ニュータウン通り158号”と交差する『乞田新大橋』交差点

です   コンビニが有りますので、トレーニング中の休憩と補給ポイントとなります。

 

 

その後18号を南下して尾根幹への交差ポイントである『多摩卸売市場前』交差点を

目指しますが、意外にダラダラ上る上り基調が続きます。

 

Cimg5229

 

この付近迄はダラダラ上りなので、3週目以降はボディーブローの様に効いて来ます 

 

 

Cimg5234

 

尾根幹の交差ポイント 

 

有名な外車メーカーさんが目立ちますが、我らがオヤジ軍団の皆さんとの待ち合わせ

ポイントとしても利用している場所です。

 

ここを越えると一気にTopギアへ入れて一気にスピードアップ 

 

Cimg5237

 

町田市へ突入です 30年前ここでネズミ捕りに捕まった管理人です(*^_^*)

 

 

Cimg4187

 

『小野路』交差点です。 トンネル迄行く前に左折します 

 

  

18号の旧道を鶴川方面に向かって進んで行くとこんなポイントに差し掛かります。

 

Cimg5248

この標識に従い“真光寺”方面へ向かう為、この派手な壁沿いに左の路地を上ります。

 

Cimg5250

 

結構車も上って行きますが、直ぐにT字路となりますので戻る様に左へ曲がります。

 

Cimg5254

 

進行方向は写真右へ真っ直ぐ進むのですが、写真左が走って来た道となります。

 

 

その後緩い上り坂を進みますが、このコースで一番嫌なポイントがここの場所です。

 

Cimg5256

 

『鶴川4丁目』交差点です。

 

写真の通り左側は側溝のふたが出っ張っており、23Cでは上りたく無い場所です。

そして、この交差点は鶴川街道を回避した抜け道ドライバーが右折するポイント

ですので、大型も混ざって思いっきり“幅寄せ”“進路被せ”でいじめられますので、

挑発に乗らずに安全重視で進みましょう 

 

 

Cimg5260

 

この交差点を過ぎると一気に道幅は広がり、自転車スペースも現れますので

安心して走る事が出来ます。

 

Cimg5262

 

『真光寺十字路』交差点です。 

横浜屋が目立ちますが、この左折ポイントには  セブンイレブンも有りますので、

ここも補給ポイントとして抑えておきましょう 

 

さて、ここを過ぎるとこのコース第2の難関である“真光寺”の上り坂に差し掛かります。

 

Cimg5269

 

距離 : 760m

標高差 : 45m

平均斜度 : 5.8%

 

 

Cimg5270

 

上り切るとこんな感じのポイントが有り、町田市(東京)と川崎市(神奈川)の境を

通過する事になります。

 

Cimg4233

 

プチサイクリング気分に浸れる場所です。 

 

Cimg5274  

プチダウンヒルを楽しめますが、大型ダンプカーが砂を撒き散らしている様ですので、

スピードの出し過ぎには要注意です 

 

 

Cimg5282_2

 

降り切った交差点を左折して“はるひ野”方面に進みますが、もし曲がり忘れて

しまった場合は、“黒川”を抜けて『若葉台駅南』交差点を左折しましょう 

 

Cimg5285

 

はるひ野の住宅街を抜けて、ショッピングセンターの交差点(1個目の信号)を

右折します。

 

Cimg5286

 

こんな感じの地味な交差点です。 

 

  

小田急多摩線をくぐって進むとこんな感じとなります。

 

Cimg5294

 

ゴルフ練習場のネットが目立ちますが、この通りは大型飲食店が立ち並ぶ

華やかな通りです。 ここを左折して・・・・・・ 

 

 

ここからがこのコース最大の難関である“稲城台病院”の坂となります。

 

Cimg5299

 

京王線をくぐるとその坂が見えて来ますが、ここの手前がネズミ捕りポイントですので、

皆さん制限速度を守りましょうね (^O^)/ 

 

 

Cimg4237

 

距離 : 365m

標高差 : 28m

平均斜度 : 7.5%

 

この場所は見通しが良いので車はかなりのスピードを出して上ります。

 

Cimg5304

 

管理人は毎度歩道を走ります 結構安全です 

 

Cimg5308

 

交差点部分がゴールですが、休まずにここを左折して最後の上りへ 

 

 

Cimg5309

 

距離 : 265m

標高差 : 14m

平均斜度 : 5.2%

 

 

Cimg5312

 

このコーナーを曲がり切れば全ての上り工程が終了し、後は楽しい下り基調の最終

工程となります。

 

Cimg4281

 

聖ヶ丘山頂付近は携帯電話の大型アンテナと飲料水タンクが非常に目立ちます。

 

この辺もジブリ作品のモデルとなった場所だと思いますが・・・・ 

 

 

Cimg5317

 

『連行寺』交差点をそのまま通過し 

 

Cimg4254

 

聖跡記念館』の交差点を道なりに右へ

 

 

Cimg5325

 

『連行寺坂上』交差点を左です 

 

桜ケ丘カントリークラブの入口が目印です。

 

 

Cimg5328

 

走り始めて直ぐにこんな場所に出てしまい、左の側道へ?って感じになりますが、

下りの力を借りて一気に車道を走りましょう 確か大丈夫なはずです。

 

Cimg5332

 

ビビり―な管理人はあまりスピードが出せませんが、ここはかなりの速度が

出せるポイントです。安全第一で 

 

 

Cimg5341_2

 

このシマシマ模様が現れたら『新大栗橋』のゴール地点は直ぐそこです。

 

 

Cimg4298

 

写真奥側から下って来ますので、一旦ここでSTOPして休みましょう 

 

注意

このコースは一般道である事を忘れないで下さい。

交通ルールには従って下さい。

自身の安全及び周囲への注意を怠り無くお願いします。

このコース全体を使用してのタイム計測は御控え願います。

 

コース全体は信号も多いので、自分のペースに合わせて利用してみて下さい。

週末白いEscapeを見かけたら、きっと管理人ですので、絶対に煽らず気軽に

声を掛けて下さいね 

 

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログへ

 

 

 

     

2010年8月17日 (火)

奥武蔵グリーンライン

今日は、この夏休み中に走破する予定であった、『奥武蔵グリーンライン』を紹介します。

 

 

なすくまオリジナル『奥武蔵グリーンラインマップ』でコース全体をチェック

Glmap_bnf02e6

提供はブログ村でも人気者なす子さんオリジナルマップです。

ブログ等ネット上での使用は、製作者の了解が必要ですので、詳細はこちら

Nasco blog!をご覧下さい

管理人はOKもらっちゃいました(*^^)v

 

この奥武蔵グリーンラインは、299号に沿って尾根づたいを秩父方面迄進める

林間コースとなっています?が、この地図の良い所は各区間距離とその名称、

そして途中で回避する場合の幹線コース接続ポイントが細かく書かれている事です。

 

前回、鎌北湖ライドでも感じましたが、目印が少なく(当然補給ポイント無し)、

この様な立て札だけが頼りとなる事が予想されますので・・・・・

 Dsc04448_2

実際走った経験者の方が作成したMAPが一番頼りになると予想しています

 

さて、管理人の考えているコースですが概要はこちらをご覧下さい。

①関戸橋~武蔵横手駅 約40km

②武蔵横手(グリーンライン)~刈場坂峠 約28km

③正丸峠越え 約10km

④53号(名栗湖)~羽村堰 約28km

⑤羽村堰~関戸橋 約22km

合計約130kmの距離&高低差累計1km以上のタフなコースです。

※管理人の家より、北へ進む日帰り最長コースとなりそうな場所です。

 

下見も一部コースも経験済みですので、近々に実行する予定です

レポートご期待下さい

 

 

最後になりますが、こころよくマップを提供頂きましたなす子さんに改めて

御礼申し上げます。

ランドナーでのライド記事、楽しみにしています

 

 

 

 

2010年6月20日 (日)

多摩御陵

管理人のお勧めコースやリピートコースを紹介します。

 

今回紹介するのは『関戸橋~多摩御陵』です。

コース概要はこちら ←(ルートラボで見る事が出来ます)

 

多摩サイ(多摩川)は複数の川と合流していますが、このコースは

相模湖方面を中心とする様々なコース(峠)の起点となる場所となりますので、

是非おさえておいて下さい。

 

スタートは関戸橋から上流(右岸)へ向かいます。

最初に見えてくるのが“是政橋”です。

Dsc03940

 

早速この橋を渡って左岸へ移ります。(浅川は多摩川を左に分岐します)

橋の入口はこんな感じです。

Dsc03939

 

右岸より少し狭い感じがしますが、しっかり舗装されている事と、

右岸より交通量(利用者)が少ない事より、割と走りやすい感じがします。

Dsc03941

 

程なくこんな風景が見えて来ます。

Dsc03957

浅川も幾つもの支流が合わさった川ですので、この写真の様に

分岐地点が発生します。(間違えない様に!) 

実際のコースは、現状走行中の道から支流を渡り写真の一番右側に見える

コースへと進みます。

 

Dsc03944

分岐点です。

写真左側の橋を渡り、写真右側へ戻る様に進めば1つ前の写真右側の

コースへ進む事が出来ます。

 

ここからはこんな感じに舗装がされています。

Dsc03948

左が自転車、右の茶色い部分が歩行者となります。

 

一部一般道を走る区間も有りますが・・・

Dsc03953

 

そのまま川沿いをズンズン進むとこんな風景が

Dsc03962

“滝合橋”ですが、この区間は左岸のサイクリングロードが無くなりますので、

橋を渡り右岸へ渡ります。

 

最初に訪れた時は、この切り替えが解らず左に曲がってしまい、

かなりの間一般道を走る事に

 

右岸は次に現れる橋迄ですが、左岸に渡った瞬間直ぐに支流を

渡る(先程の様な)切り返しとなります。

Dsc03964

左岸に渡った写真ですが、正面の橋を右側に渡り手前に切り返します。

詳細はルートラボで確認して下さい。

コーポ北島の周りを回る様に浅川本流へ戻ります。

 

間違えやすいのはここ迄で、あとはひたすら道なり(コースなり)に進みます。

 

Dsc03967

約15km地点の八高線踏切です。

 

ここは、ホイール交換で紹介したスポーク折れの事件現場です。

この踏切を渡った20m先で事件は発生しました。

 

“鶴巻橋”にてパチリ

Dsc03972

八王子市役所付近だからか?橋の周りにはオブジェが数点・・・

 

ここを過ぎるとタイル状の道が現れ

Dsc03975

左に90°曲がれば最終区間が目の前です。

 

Dsc03978

最終区間入口です右側へ進みます。

 

この区間はとても癒される風景が・・・

Dsc03983

 

緩い登り坂ですので、スピードを落として川の流れや草の香りを

是非楽しんで下さい。

 

Dsc03989

こんな橋が見えたら“多摩御陵”入口です。

 

始めて訪れた人でも間違える事が無い程立派な橋です。

 

橋をくぐり、左に上がると(勾配がきついので注意)橋の上に

Dsc03993

 

橋を渡りそのまま一般道を進むと・・・・

Dsc04001

それらしい風景 厳粛な感じ・・・

 

多摩御陵に到着

Dsc04002

 

入口には派出所も

Dsc04004

 

中にはESCAPEで入れませんので

Dsc04008

多摩御陵の詳細はこちらをごらん下さい。

 

最後に記念写真をパチリ

Dsc04007

 

管理人もサイクリングを始めた当時は、片道約20kmと手軽な

目標地点であり、何度も訪れました。 

 

文頭にも書きましたが、このポイントは山への起点となりますので、

是非覚えておきたいコースです。  (●^o^●)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年5月29日 (土)

お勧めコース『羽田大鳥居』

管理人のお勧めコースやリピートコースを紹介します。

 

第2回目は『関戸橋~羽田大鳥居』です。

コース概要はこちら (ルートラボで見る事が出来ます)

関戸橋を起点に下流へ向かう片道約35kmのコースで、管理人の

ホームコースと連動する(詳しい記事はこちら)羽村堰付近迄を

『たま リバー50キロ』と呼んでいます。

Dsc03451 

チョット切れていますが・・・・ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

 

 

スタートは関戸橋です。下流に向かい左岸(東京側)を走ります。

最初のポイントがこちら府中市 郷土の森

Dsc03447

博物館や水遊び公園、体験学習?(無料で工作等が出来ます)等々

小さな子供と一緒に、極めて低料金で一日遊べます。

隣接した施設には流れるプール、交通公園、体育館も有りますので、

是非一度訪れてみてください。

 

本題に戻り、サイクリングロードはこんな雰囲気です。

Dsc03449_2  

上流から来ると写真右奥から左へのS字クランクとなります。

その後はこんなイメージが続きます。

Dsc03454

 

通常は渡る事が可能な2本目の橋(多摩河原橋)で対岸へ

渡ります。(ルートラボのコース)

Dsc03458

途中から未舗装のダートとなり、クロスやロードの方は迂回が

必要となる為ですが、あえて左岸の抜け道を紹介

 

この先は野球のグランドが並んでおり、この様な車止めが7か所

程度有りますので、要注意下さい( ̄○ ̄;)!

Dsc03459

 

程なくダート出現

Dsc03460

約30m手前より、左側の車道へ降りる事が出来ますので、

素直に回避 (写真左手側は階段です)

 

ポイント

土手を下ったら、車道には出ずに降りた側の歩道(右側)を

ゆっくり200m程進む。

車道を進むとどんどん川から離れて行き、初めての人は不安に・・・

Dsc03463

そして、サイクリングロード側へ戻る入口は

Dsc03465

ここです。

戻ってみるとダートは続いている状態ですが、(写真右)

Dsc03468

左側に舗装路復活 !(^^)! チェーンが張ってあり車は通れません

Dsc03469

迂回しているローディーさん

 

これを通過すれば12kmポイントの多摩水道橋に到着

Dsc03472 

約1/3の工程が終了ですが、サイクリングロードも終了となり??

狛江市側はサイクリングロードが有りませんので、右岸へ

 

途中、舟島神社を左手に眺めながら

Dsc03479

 

246号線手前で右に急カァ~ブ

Dsc03480

実際は写真右手より奥側へと進み、支流を越える歩道橋を渡ります。

Dsc03484

ここだけは、階段を手押しとなります o(_ _)oペコッ

Dsc03486

こんな所も 23cタイヤで問題無しです

 

第三京浜をくぐり、丸子橋を通過すると約24km地点のガス橋に到着します。

写真を撮り忘れたのでこちらをどうぞ(^-^;

多摩区・高津区・中原区さんはサイクリングロードを用意してくれているので、

約12km飽きる事無く走る事が出来ます。

 残念ながら幸区さんはサイクリングロードが無いので、大田区さんの用意

してくれている左岸へ戻ります

 

ここからは、多摩サイの中で最も道幅も広く、整備が施された区間が続きます。

Dsc03489

しかし、利用されている方が非常に多い事と、マナー無視にて

『我が道を行く』方々が最も出没する地点でもありますので、

(特にジョギング・犬の散歩・子連れのポタリング)

走行には十分注意が必要です

 

こんなゲートが出て来たら、落ち着いて深呼吸

Dsc03493

風向きによっては、潮の香りが 確認出来ますよ

 

大師橋(産業道路)・首都高横羽線を通過するとこんな風景が

Dsc03496

海だぁ~

Dsc03495

この地点から市道を海沿いに進めば、程なく大鳥居前の弁天橋が見えて来ます。

 

Dsc03503

弁天橋から見た大鳥居です ESCAPE付き

 

Dsc03507

 ゴール地点の羽田大鳥居です。

 

多摩サイは羽田~羽村堰の50kmとなっていますが、実際全ての

コースを走ってみた所、サイコンの距離は115kmでした。

上流から下流へと変わって行く風景と、川の両岸を色々変えて走る

事で、毎度新たな発見が有る楽しいコースです。

是非一度完走にトライしてみて下さい。

 

追記

本文中の市区町村に関わる表記は、各々を中傷する物では有りません。

ただ・・多摩川両岸全てにサイクリングロードが整備される事を希望します

 

 

 

 

 

2010年5月24日 (月)

『聖跡いろは』の紹介

先日お話した『聖跡いろは』を紹介します。

 

コース全体は こんな感じです(ルートラボで見れます)

Dsc03574

距離:825m

標高差:55m

平均斜度:6.7%

コーナー:6か所(うちヘアピン3か所)

 

まずはスタート地点

Dsc03549

信号待ちからスタート

まるでF1のスタートの様ですが、実際は信号待ちの車を見送って

からのスタートとなります。

 

Dsc03570

スタート地点から見える第1コーナー(右)を過ぎてから、緩やかな

第2コーナー(左)へ差しかかる地点。

勾配は未だ緩く、余裕のポイント

 

Dsc03562

一気に勾配がきつくなる第1ヘアピン

Dsc03563

貧脚管理人はフロントインナーでくるくると・・・・( ̄Д ̄;;

第2ヘアピンへと進み

 

Dsc03556

厳しくなって来る第3ヘアピン

 

ここを通過すると勾配が一旦緩やかに・・・・

Dsc03551

緩やかな最終コーナーを通過し

Dsc03552_2

ゴォ~ル  一応写真の横断歩道がゴールです。

 

当日は100km近くのライドを済ませた管理人に既に余力となる

足は残っておらず・・・(-_-X) 言い訳

レポに徹しました。( ̄▽ ̄)

※第3ヘアピン付近で気合いの入ったローディーさんに思いっきり

 抜かれてしまいました。

 

次回は真面目にトライしたいと思います。

 

 

★緊急調査★

お近くで聖跡いろはをトライされている方!是非トライアルタイムを教えて下さい

 

 

2010年5月15日 (土)

ホームコース

まずは管理人のホームコースを紹介します。

《関戸橋~羽村堰》 距離:約20km 最大標高差:78m 

往復は休憩を入れて約2時間と手軽なコースと言えます。

スタート地点の関戸橋はこんな感じです。

多摩川右岸を上流に向かって

Dsc03278

 自転車のフリーマーケットが開催される場所でもあります。

今年は\500でブルホーンハンドルをGetしました。

約2kmでセブンイレブンが見えて来ます。

Dsc03282

多摩サイでは数少ないロード沿いのコンビニで、休日は

自電車乗りの方々でいつも込み合っています。

手前の濃いブルーの建物が、Ys’ロードさんです!

管理人もここでESCAPEを購入しました。

そろそろ体が温まって来る4km地点

Dsc03283

舗装路が無くなり行きどまりの状況になります。

ここで引き返してしまう人も多いかと思いますが、まだまだ先は続きます。

実際管理人も初めての時はここで引き返しました。(^-^;

舗装路が無くなったら右側へ曲がり一般道へ

Dsc03284

小さな川を渡った最初の十字路を左に進んで下さい

やがて車の通れない細い路地へと変化して、良くブログに

登場する橋を渡る事になります。

Dsc03286

この写真は渡りきって反対側から撮影した物です。

熱い時は清涼感に溢れています。

立日橋を越えた6km地点です。

Dsc03292_2

あの白い橋を渡って左へ進みます。

スグにUターンする様に上流へ・・

この先は土手の上も河原(グランドの横)も走れるコース

となっており、行きは河原帰りは下りずに土手の上って

パターンが多いです。(* ̄ー ̄*)

次のポイントはこちら

Dsc03295

通称『タイ焼き公園』

自電車乗りの待ち合わせ場所や子連れの若奥様ポイントで、

奥に見える『柴舟』さんで販売されているタイ焼きから付いた

名前だそうです あくまで通称

Dsc03296

その後もひたすら走り続けると・・・・・

Dsc03303

八高線列車事故のオブジェや

(1945年に列車の正面衝突で105名の方が亡くなったそうです)

Dsc03306

森林浴を満喫出来る小道を走り

有名な?T垣トンネルに到着します。

Dsc03307

みなさんも事故や落車に注意しましょう

その後くじら公園・自然公園の横を通過し

Dsc03310_2

Dsc03311

福生南公園へ

Dsc03312

秋川ルートの場合(サマーランド方面)はここを左へ

Dsc03314

15kmポイントの陸橋でぇ~す 

ラストスパート

このルート唯一の信号に到着

Dsc03321_2

信号を渡り川沿いに走ると、ほどなく目的地の羽村堰へ

Dsc03329

いつもの休憩テーブルへ

Dsc03331

ミニベロの方が『多摩川兄弟』の銅像を写メに

ここは天気が良いと地元の方の宴会場になっている事が多く、

今日も一組盛り上がっていました。

自転車乗りの方は個人のライドが大半で、この先奥多摩街道を

進んで小河内ダムへと足を延ばす事も可能です。

Dsc03338

管理人のコースの一つでもありますので、近々にレポします。

注)このコース上流は『歩こう会』の老人が多いので、速度は

 控えめにお願いします。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ