フォト

ポチリとブログ村!

お気に入りリンク集

アクセサリー・パーツ

2013年10月24日 (木)

サドルバックの中身

前回ツール缶の内容を記事にしましたので、今日はサドルバックの中身を書いて

みる事にしましょう。

 

 

 

 

 

管理人のKHARMAに取り付けているサドルバックは、見た目重視?coldsweats01 の

RIXEN KAULのマイクロ30です。

 

 

 

Cimg4581 

 

本当はEscapeに取り付けようと購入したのですが、サドル形状の問題から

お蔵入りになっていた物だったのです。bleah   

 

ツール缶を使用する様になった管理人のバイク達ですので、自然とサドルバックの

役目が段々薄くなってくるのですが・・・・・・

 

one近場を走る時はツール缶を持たない

twoロングライドでは予備のチューブを2本持って行きたい

 

 

こんな考えから、サドルバックには最小限の物だけ入れる事にしたのです。

 

 

 

 

Cimg1194


口を開けるとこんな感じです。bleah   

 

 

 

 

Cimg1196


入っている物は予備チューブ1本とタイヤレバー2個(100均で調達)pencil  

 

後はコンビニでもらった小さなレジ袋を小さく丸めて入れています。

 

 

 

実際の所、近場を走る時でもツール缶を持たない時は無いのですが、大きなトラブル

に巻き込まれ無ければ、この装備だけでも十分だと思います。

 

 

アクセサリーネタの記事を書いていると、段々物欲が増してくるのですよねぇ~(笑)

 

 

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログへ      

 

 

 

 

 

2013年10月22日 (火)

ツール缶もらっちゃいました!(^O^)/

先日とっしぃ~さん秩父へ行った時の話なのですが、ツール缶を今のタイプから

ジッパー式のタイプに変えたいと言った所・・・・・・・ flair    

 

 

 

 

 

Cimg1181


ぱぁ~んsign01  (^O^)/  

 

中古で良ければ?と・・・・  もらっちゃいましたheart04  

 

 

本当はramu3003さん記事を読んで、ビットリアのジッパータイプが欲しいぃ~sign01

(;一_一) 直ぐに他の人に影響されるのですねぇ~ (汗)

 

 

なんて話した事がきっかけだったのですが、とっしぃ~さんはこのツール缶をGetした

そうんなので、TREKマークの入っているこちらが余ったという訳なのです。scissorsラッキー

 

 

 

 

 

Cimg1198


管理人が今使っているのはOGKのツール缶で、非常に軽く価格も安かったので採用

したのですが、使っていると少し問題点が気になり始めました。

 

 

 

 

 

Cimg1183 

 

一番の問題点は取りだし口がとても狭い事sign01 

 

ハッキリ言ってツール缶を逆さまにするか、人指し指と中指で挟む様にして取りだす

様にしないとならない使い勝手の悪さは、トラブル発生時にとてもイライラする原因

となるのです。bearing  

 

 

 

 

Cimg1191


走っている時にガタガタ音鳴りを抑えるスポンジなのですが、缶の大きさを狭める

だけでは無く、中に入れる物がスポンジに擦れて出し入れが非常にやり難い欠点

が有るのですdanger  

 

 

 

 

 

Cimg1186


管理人がツール缶に収納している物がこちらの内容です。

 

左上から 予備チューブ・TIPTOP・ワイヤーロック・チェーン固定用針金

右上から パンク修理セット・予備チェーン&ミッシングリンク・携帯工具

 

思ったより少ない様な気がしますが、これだけ入れるとOGKのツール缶は先程の

写真の通り満タンとなってしまいます。

 

 

所が・・・・・・

 

 

 

 

Cimg1189


ジッパーで半分に割る事が出来るこのタイプのツール缶だと、しっかり整理する

事によって、約1/4の空間が空く事になりました。

 

思っていた通りとても使い易そうですup  

 

 

さてさて、この空間に何を入れましょうか? (●^o^●)

 

 

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログへ   

 

 

 

 

                                      

2013年7月25日 (木)

チョットせこすぎたか?

先日何気なくシューズを見たら・・・・・・・ (・・;)ヤバイ!

 

 

 

 

管理人が愛用しているシューズはSIDI ERGO3なのですが、先日何気なく裏面を

確認するとこの様な状態になっていました。

 

 

 

Cimg9304


おぉ~sign02   ネジ山潰れてるimpact   

 

 

 

焦ってショップへ走り交換部品を購入して来ました。

 

 

 

Cimg9293


ネット価格と殆ど変りませんでしたので迷わず購入しましたが、本当は間違った

物をオーダーしない様に現物確認したのですが、今のSIDIは全てこの部品に

統一されているとの事でしたので、次回は送料無料調整アイテムとしてオーダー

する事にしましょう。(笑)

 

 

 

 

 

Cimg9298


こっちもそろそろ交換時期が迫って来ているみたいです。

 

 

 

 

 

さてさて、本題に戻してかかと部分を良く良く確認してみると (・・?  

 

 

 

Cimg9303


単純に外側が片減りしているだけの様にも見えます。

 

(;一_一) O脚!蟹股!! ただそれだけなのでしょうpaper  

 

 

 

 

そこで・・・・・・・・

 

 

 

 

Cimg9312


掃除をしてから左右付け替えをしてみましたsign03  (*^^)v 

 

 

これならもう少しパーツ交換を遅らせても大丈夫みたいです。bleah  

 

 

ヤッパリ・・・・・  セコ過ぎますますかねぇ~  

 

 

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログへ   

 

 

 

 

 

 

 

2013年6月 6日 (木)

Edge500の表示方法を変更してみた

使い始めてから半年以上が経過しているのですが、イマイチ使いづらくてしっくり来ない

事が気になっていたのです。

 

 

 

 

昨年ロードバイクを購入した事をきっかけに、GARMIN EDGE500を使用する様になった

管理人なのですが、100km以上の速度表示をしたり、いきなり20km以上別のポイントに

ワープしたりと・・・・・・ (ーー゛)  

 

密かに購入した事を後悔した事もあったのです。down  

 

 

その大きな理由の一つに、画面が見づらい事があったのですが・・・・・・・

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ flair

 

 

 

基本6項目画面をベースとしていたのですが、管理人にとって1/8サイズ部分は

とても小さくて見づらい内容(1/4でも小さいかも?)だったのです。

 

目が悪いくせに貧乏症の性格が影響して、せっかく入手出来るデーターは一目で

みたいと欲張った設定になっていた事に気付いたのです。paper  

 

 

そこで・・・・・・・・・

 

 

 

Cimg8743


 

基本パターン1 : 速度・距離・心拍・ケイデンス  

 

 

速度がデカイsign01  (^O^)/

 

実際に近場を走っている時に見ているのは、この4項目だけなのですよねぇ~ bleah  

 

 

 

 

 

Cimg8745

 

 

基本パターン2 : 距離・速度・心拍・ケイデンス・勾配・高度 

 

以前から使っていたパターンなんですが、勾配や高度が見えると山へ行った時には

とても心強い情報源になってくれます。

 

先日の和田峠で35%って出た時は目が点でしたけど・・・・・ (^_^;)  

 

 

 

 

Cimg8744_2

 

基本パターン3 : 時計・経過時間・気温・方位・カロリー・平均速度

 

走っている時には見ない様な項目ばかりですが、止まっている時に知りたい項目を

揃えて見る事にしました。

 

時計を付け忘れる事が多いので、やはり設定の中に時計は外せません。

 

 

埼玉の有名ブロガーさんが、ソフトを全て失った事件を記事で読みましたが・・・・・

 

 

(;一_一) 管理人も気を付けねば・・・・・・ sign01  

 

 

 

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログへ  

 

 

 

 

2013年5月23日 (木)

交換頻度が高いとコストを低くしなければ・・・・

3年と7カ月のノーパンク記録が終わった翌週に、2回目のパンクがやって来た管理人

だったのですが、気が付けば予備チューブが無くなっているではありませんがsign01  

 

 

 

 

 

2回ともパンク原因がバルブ付近の繋ぎ目から漏れていたスローパンクでしたので、

これはやはりチューブメーカーを変更する必要が有るのでは無いかと考え、管理人が

ポチッタチューブがこちらです。paper

 

 

 

 

Cimg8453


ビットリア ブチルライトチューブ 700x19~23C 仏式バルブ51mm

 

 

ほぼワンコインで購入可能と貧民ライダーにはピッタリの経済性です。good 

 

これなら毎週パンクしても・・・・・coldsweats01  

 

 

なんて考えていると大魔王が寄って来ますので、次のタイヤ交換時に使って

見る事にしたいと思います。(当然予備チューブとして携帯しますwrench ) 

 

 

 

さてさて価格が安いのは嬉しいのですが、少額ですと送料が掛ってしまいます

ので、何か別の物も頼まないと・・・・・・flair  

 

 

 

 

Cimg8454


ミシュラン PRO4 コンプサービスクルス 700X23C  

 

PRO3と比較し10%、ケーシングは30%も軽量化に成功しており、総重量は約180g。

転がり抵抗は非常に軽い数値(3kg/t)をたたき出しているそうです。

優れた転がり抵抗と、耐久性はライバル製品と比べ非常に高い水準にあり、

コーナリング性能においては前例のないレベルであるそうですので、早く交換して

走ってみたい所ですが・・・・・・

 

 

 

(ーー;) POR3の在庫が1本残っている事に気付きました。 

 

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログへ 

 

 

 

 

2013年3月14日 (木)

ホイール性能の差はどんな所に出て来るのか? 不思議だぁ~??

昨日の記事でホイールの重量差を確認頂きましたが、実はこの重量差を確認した

後で、ホイールを交換してして走り比べを実施しました。bicycledash    

 

 

 

 

 

結果は先日の記事でもコメントさせて頂きましたが、重量の軽いULTEGRAを履いた

時の方が、前輪だけの交換(重量差約140g)だけであっても、圧倒的にその性能差

を実感出来たのですが・・・・・・・・

 

 

実は不思議な事が有るのですpaper  

 

 

 

先日の重量測定を行った日に、別の比較実験を実施してみたのです。pencil  

 

 

 

 

Cimg6759


交換予定の前輪をこの様な形でフリーにして、ホイールの回転力?(ハブの

性能差)を比較してみる事にしました。

 

 

 

Cimg6768


手を伸ばした位置が前輪の頂上に来る位置に立って、左腕を振りおろして

タイヤを回転させ、自然に止まる迄の時間を計測します。

 

AKSIUMのタイムは1分36秒watch (3回測定しましたが10秒も差は有りません)

 

 

 

そしてULTEGRAの方は・・・・・・・・

 

 

 

Cimg6762


(・・?  ・・・・・・・・・?   30秒sign02  

 

 

えぇ~ sign03  

 

 

慌ててもう一度実施しますが結果は33秒watch  (?_?) 

 

 

これはきっとブレーキシューが接触しているのでは?と回転する状態を観察

してみますが、特に異常は見受けられませんsign01 

 

それどころか、回転スピードが落ちて来ると回り方がぎこちなくなって来て、急激に

止まる方向へ進んで行くように見えるのです。downdown   

 

 

 

このホイールは購入当時より一度もハブのメンテナンスを実施する事無く、1万キロ

以上も走り続けて来た実績を考えると、既にその寿命が終わっていると言っても

おかしく無いパーツなのです。

 

 

でも? 何故走ると軽く回るのでしょうか??

 

特にスタート&ストップを繰り返す様なコース設定では無い多摩サイにおいて、

圧倒的にULTEGRAの方が軽く走れる感じがするのは気のせいなのでしょうか?

 

重量が重くハブの回転がスムーズなAKSIUMの方が、巡航速度維持は得意の

様な感じがするのですが・・・・・・・?

 

 

経験と知識不足の管理人には明確な説明は出来ませんが、この不思議な逆転

現象に対して皆さんの知見を是非お聞かせ下さい。m(__)m

 

 

高級ホイール欲しくなって来ましたよheart04  

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログへ   

 

 

 

 

 

 

 


2012年12月19日 (水)

これでトンネルも安心です!(フロントライト)

管理人はナイトライドが苦手なのです。night   

 

 

 

 

理由は簡単で、何度も手術を繰り返した結果単純に鳥目(反応が鈍い?笑)

となってしまった事なのです。(^_^;)

 

ですので朝夕の暗い時間帯や、出口の見えない長いトンネルを走る事は、

雨の中を走る事よりも苦手な環境と言えるのです。coldsweats01 

 

 

そこで管理人としては、目前の路面状況に細心の注意を払う事に専念する為、

対向車や歩行者へは管理人の存在に早めに気付いてもらい、自動的に避けて

もらえる様にアピールする必要が有るのです。

 

 

そこで購入したのがこちらpaper  

 

 

 

 

Cimg4515


RAPID 1(フロント用)shine 

 

 

いやぁ~ 前回記事にさせて頂いたテールライトを非常に気に入ってしまい

ましたので、軽くて経済的なこのシリーズをフロントにも採用する事としました。

 

 

 

 

Cimg4490 

 

当然点灯で使うには照度が足りませんが、点滅・パルスモードで使用すれば

かなり離れた距離からでも存在を認識してくれると思います。

 

そして使用可能時間はUSBケーブルを使用した充電で、25時間と40時間と

十分過ぎる省電力paper  (電池購入しなくて良いのが魅力です)

 

 

 

 

 

Cimg4583


取り付け位置はEdge500の取り付けブラケットを上手くかわした位置にしました。

 

 

 

 

Cimg4597


搭載した形状は、この様に余り邪魔にならない配置を取る事が可能です。

 

 

 

 

 

Cimg4595


上から見るとこんな感じに左側へ集中させる事が出来ましたので、メインと

なるフロントライトは、空いている右側へ予定通り搭載可能となりました。

 

 

テールライト用ブラケットが1つ余っていますので、Escapeのフロントにも取り

付け出来る様にしちゃいましょうheart04  (*^^)v

 

 

 

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログへ    

 

 

 

 

2012年12月11日 (火)

Edge500の簡易ナビに関して

先日のヴェルニー公園ライドで使用したEdge500の簡易ナビ機能に関して、忘れない

うちにその方法を簡単に書きとめておきましょう。(*^_^*) 

 

 

one コースの作成

 

 

 

先ずはルートラボで走るコースを作成します。(誰かが作った物でもOK)

 

 

次にこの画面の下の方へカーソルを動かすと・・・・・

 

 

 

Photo


こんな感じで 『ルートのダウンロード』という物が有りますので、『TCX』形式を

指定して(TCXの上で右クリック→名前を付けて保存)予め用意したパソコンの

ホルダー等へデーターを保存します。

 

 

two Edge500へのデーター取り込み

 

 oneでパソコンに保存したTCX形式のコースデーターは、そのままEdge500端末へ

 データー送信する事が出来ません?ので、一旦Garmin Training Center(Edge500

 を購入すると付属で付いて来るCDのソフトですので、使用していない人は予め

 PCへ取り込んでおきましょう)へ取り込みます。

 

 

 

Tc


これが取り込んだ後の画像ですが、取り込み方はページ左上のファイルから

 

ファイル → 現在のユーザーアカウントにインポート → コース 

→ 自分がPCへ保存したTCXデーターを指定

 

この内容でルートラボ情報(TCXファイル)をトレーニングセンターへ保管出来ました。

 

 

次にこのデーターをEdge500端末へ送り込みます。

 

 

 

 

Edge


Edge500をUSBでパソコンへ繋ぎ、パソコンがEdge500を認識したらこの赤い矢印の

ボタンを押すと、トレーニングセンターへインポートされたコースがEdge500へ送信

される事となります。

 

 

 

three Edge500での利用方法

 

 データー送信が完了したEdge500をパソコンから取り外し、電源が入った状態で

 ENTERボタン(左下)を長押しする。

 

 

Cimg5174


こんな画面が出て来ますので、この状態より

 

トレーニング(ENTER) → コース(ENTER) → 読み込み開始~そして

 

希望のコース指定(ENTER) → 実行

 

これにより当日走るコースのナビをスタートし始めます。 scissors  

 

 

普段は自分で設定した項目画面(データー表示個数は各自が設定)が3画面

有ると思うのですが、上記方法でコースを設定してあげると第4面、第5面の

隠れ画面が表示される様になります。(操作はENTERで周回します)

 

 

 

Cimg5187_2

 

第4の画面がこちらで、コース距離や所要時間そして走行先のアップダウンが

表示されます。

 

写真の下が勾配で左が自分の位置、右へ向かって進みますのでこの先上りが

始まる事を表しています。

 

 

 

 

Cimg5185_2 

 

これが第5画面で、コース距離・時間の他に、一本線ではありますが自分の

進む方向を表したラインが表示されます。

 

中央下丸で囲まれた▲マークが自分を表し、前方を左へ90度曲がる事を意味

しているのです。

 

実際この場所は十字路を左折するのが正解なのですが、この▲マークがどんどん

この左折ポイントへ近づいて行くのが解りますので、速度の速い車のナビより、

曲がり間違えるリスクは少ないと思います。

 

 

そしてこの画面の最大のポイントはpaper  

 

極度の老眼(サイボーグ)の管理人でも読みとる(理解)事が出来る単純表示

である事なのです。heart04  

 

ハッキリ言って自転車で走っている時に、余分な情報は不必要なのですよsign01 

 

目的のコースを間違えずに走れればよいだけであって、周りの情報が欲しければ

事前に調べてルートに盛り込むとか、その場で調べたければスマホを利用すれば

良い事ですので、迷子にならずに目的のコースを走るという意味では、この簡易ナビ

が有れば十分であると思います。

 

当然ですが・・・・・ 当日コースを変えたい時には対応出来ませんsign01 (*^。^*)

 

まぁ~ 管理人と同じ様に老眼の進んだオジサマ達にはピッタリの機能ですよgood 

 

 

Edge500ユーザーでナビを使った事が無いというあなたpaper 

 

 

管理人でも使える簡単機能ですので、是非試してみてくださいねぇ~ (^O^)/  

 

 

 

↓↓↓ 参考になった方は、是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  

 

 

 

 

2012年11月28日 (水)

テールランプに困っていたのです。

KHARMA購入からもうすぐ一カ月になろうとしているのですが、最も困っていたのが

テールライトの選定なのです。

 

 

 

 

Cimg4501


シートポストは風の抵抗を考慮した形状となっており、とても魅力的なのですが・・・・・

 

 

 

 

 

Cimg4503


その形状ゆえ、後ろから見るとこんな感じとなりシートポストへテールランプを

取り付ける事は不可能な状態なのです。

 

 

 

 

 

Cimg4505


本当はこの辺に取り付け出来れば良いのですが、思ったより太い事と

角度もかなり上を向いてしまいますので、イマイチだと判断しました。

 

 

 

 

実際どうしようか考えていた所、先日津久井湖ライドをご一緒させて頂いた

とっしぃ~さんより、キャットアイで良い物が有ると紹介してもらいました。

 

 

 

 

 

 

Cimg4506


それはこのサドルとサドルバックとの間の部分に、専用パーツを利用して

小型のテールランプを取り付ける方法なのです。shine 

 

 

 

 

そして管理人が購入した物がこちらpaper  

 

 

 

 

Cimg4513


サドル用ブラケットRM-1sign01  

 

 

 

 

Cimg4512
 

そして2011年のグットデザイン賞のRAPID 1shine  

 

 

 

 

Cimg4518


中身はこんな感じでシートポストへ取り付けるブラケットと、充電用のUSBコード

が同梱されています。

 

 

 

 

Cimg4520


RM-1と一緒に取り付けるとこんな感じになります。note 

 

 

 

この二つで今迄諦めかけていた、KHARMAのテールライト問題を一気に解決

しようと早速取り付けwrench  

 

 

 

 

Cimg4523


(・・? あら?

 

 

実際に取り付けて見ると、サドル後部とレールとの感覚が非常に狭くなって

いる事から、RM-1の取り付け位置が写真の通り余裕の有る中央部分と

なってしまう為、サドルバックのブラケットを取り付ける事が出来なくなって

しまったのですsign02 (T_T) ヤバイ!

 

 

 

 

Cimg4521


サドルバックのブラケットを取り付けた状態で、この銀色のサドルレールに

取り付ける事が出来なければ、どちらか一方のアイテム取り付けを諦める

しか有りません。sweat01  

 

これは結構マズイと引きつり始めた管理人だったのですが、とっしぃ~さん

紹介してくれたKHARMA乗りのブログ記事を思い出しました。flair  

 

参考にさせて頂いた記事がこちらですpaper  

 

サドルバックの大きさは大分違いますが、ブラケットとの干渉を避ける方法が

記載さていたのです。   m(__)m ありがとうございました。

 

 

早速ホームセンターへ走り購入したアイテムがこちらsign01  

 

 

 

 

Cimg4528


見事に同じピッチで穴の開いているSUS板が販売されていましたsweat01  

 

 

 

Cimg4532


ブラケットのパーツと並べると、その厚みの違いが明確に解ると思います。

 

 

 

 

Cimg4534


その他にM3のネジ(ワッシャー)と両面テープ付きの滑り止め用ゴムシートを

購入して、取り付け作業の再開ですup   

 

 

 

 

Cimg4538


レールの当たる部分は適当な大きさに切ったゴムを貼りつけます。

 

 

 

 

Cimg4539


上下で長さは違いますが、用はレールをしっかりくわえ込んでくれれば良い

だけですので、干渉しづらいこの長さが丁度良いのかも知れません。

 

 

 

 

Cimg4542


バッチリ一番後ろの部分で取り付ける事が出来ました。scissors  

 

 

 

 

 

Cimg4561


こんな感じに2個のブラケットを無事に取り付ける事が出来ました。

 

 

 

 

 

Cimg4578


横から見るとこんな感じの仕上がりとなり、見事に今迄空きスペースとなっていた

サドルとサドルバックの空間へRAPID 1が収まりましたsign01  

 

 

 

 

 

Cimg4581 

 

“目玉おやじ”みたいなこのテールライトshine 結構気に入ってしまいましたsign03  

 

 

 

 

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   

 

 

 

 

 

2012年11月15日 (木)

クリートカバー

先日シューズとクリートを記事にした所、クリートの消耗を指摘するアドバイスが

多く集まりましたので、早速クリートカバーを購入する事にしました。

 

 

 

 

Cimg4177


クリートカバー SM-SH45

 

 

 

 

Cimg4187


こんな感じで先端に引っかけてから、パチンと押し込めば装着完了です。

 

 

 

 

Cimg4180


靴底みたいな感じで、クリートのカバーと平面性確保が可能となります。

 

 

 

 

Cimg4181


横から見ると結構出っ張っていますが、実際にこの状態で歩いてみると、

想像以上に安定して、しっかり歩く事が可能です。

 

 

クリートカバーを付けていない状態で歩くと、クリート先端がすぐに減ってしまう

恐れから、歩き方がぎこちなくなったり、つま先方向に力を入れなくなる事が

歩きにくい本当の理由なのかも知れません。

 

 

携帯は小さなビニール袋にいれて、背中のポッケへnote  結構使えますよgood 

 

 

 

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします! 

にほんブログ村 自転車ブログへ  

 

 

 

 

 

 

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ