フォト

ポチリとブログ村!

お気に入りリンク集

タイム計測

2011年7月27日 (水)

聖跡いろは記録更新(その4)

先週の週末何気なく走った聖跡いろはで、久しぶりに大幅タイム更新が出来ました

ので、忘れないうちにその走り方を記録しておきましょう。

 

 

当日のライド記事はこちらをご覧下さい。

 

Cimg6568

 

signaler何時もの信号をスタート地点として、とりあえず写真を撮りタイム計測を実施します。

 

一発勝負のタイムアタックの時は、3分を切るのが毎度の結果(詳細はこちら)なの

ですが、管理人のレベルではトレーニングコースの一部として通過する際には、このタイム

+30秒程度が必要となるのが、妥当なレベルと認識していました。

 

今回もトレーニングコースを走ろうと考えていましたので、無理せず走ろうとかなり

リラックスモードでスタートとです。spa  

 

走りだしよりフロントミドルの38に固定paper リアは3速の21clip シッティングで軽く

回して行きます。

 

管理人の目標はこの状態でペースを崩す事無くオールシッティングで登り切って

丁度3分位が良いと考えてはいるのですが、やはり時計が気になり毎度心拍が

急上昇で撃沈となるパターンでした。down

 

しかし・・・・・

 

今回は前半1/3のストレートコースを過ぎても呼吸が一切乱れていませんsign01 おや?

 

そのままシフトダウンする事無く第1、第2ヘアピンをクリアして苦しくなる第3ヘアピンへupwardright 

 

ヘアピン前でリア2速の23へシフトダウンして毎度休憩ポイントとなるフラット直線へnote 

 

チラッと時計を見ると未だ1分台?shine 

 

もう一度目を凝らして見ると1:38と見えますsign02  どうする・・・・

 

深呼吸をする頃にはフラット部分へ、このまま一息着いてゆっくり登るのか?

 

 

ここは一気に方針変更upup 

 

2速に落としたリアを一気に4速の19に入れると、後はひたすらダンシングでゴール

目指してまっしぐらぁ~sweat01 

 

 

motorsports 横断歩道のゴールと共に、タイムを確認した所・・・・・

 

Cimg6569

 

watch 2分39秒16

 

 

おぉ~sign01 初の39秒台が出ましたpaper 今迄40秒台が出た事も無いのに・・・・!(^^)!

 

やはり前半無理の無いペースで走る事が重要なのかも知れません。 

 

次回は最終スパートを5速の17で踏んでみたいと思いますpaper  

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

 

 

 

 

   

2011年2月13日 (日)

聖跡いろはタイムアタック(番外編)

三連休最終日notes 遂にsunお日様が顔を出しましたsign01 

 

 

本当であれば今日はロングライドを計画して、距離を稼ぎたい所なのですが・・・・

 

1ヶ月以上前より約束していたテニスtennisの日だったのです。sweat01

 

当然走りに行きたいから・・・・とは言えずdown 

テニスも半年ぶり位なので、やはり約束通りテニスコートへ向かう事にrun

 

Cimg1886

今日は『いつ盗まれても大丈夫号』での出動です。

(籠が付いているので便利ですscissors

 

Cimg1901

最終的に11人も集まり16時近く迄体を動かしましたsign01

久しぶりのテニスで、何時もとは違う筋肉を使い思いっきり筋肉痛になりそうです。sweat02

 

 

さて、管理人の週末としては十分な一日だったのですが、自転車ブロガーとしては

何か物足りない週末になってしまった様でdown 

 

これから家に帰ってEscapeに乗り換えても一時間位しか走れないし・・・・・・・

 

 

テニスを終えて、帰路へ着いた時にこの光景が目に入りました。 

Cimg1916

flairあれに見えるのは・・・・sign02

 

 

そうです、テニスコートの後ろにみえる丘は・・・・・?

 

ここは聖跡桜ケ丘ですsign03

 

約5時間のテニスで体はボロボロですが、自転車ブロガーとしてのハートに

火が着いてしまいましたsign02  行くしかなぁ~いupwardrightupwardrightupwardright

 

Cimg1918

ラケットがかなり邪魔なのですが、そんな事は関係有りませんnote

この“いつ盗まれても大丈夫号”で登る事に意義があるのですsign01

 

当然ルールはいつもと全く同じ条件でclip

Cimg1919

signaler少しスタートラインを飛び出していますが、それは大目に見るとしてsweat01  

 

信号待ちの車を全て見送り、ストップウオッチを押していざスタートup

 

ギアが無いピスト状態の大丈夫号ですので、スタート直後からいきなりダンシングup

 

ヘアピンを迎える前の前半スロープにて既に自転車性能の違いに思わず涙が・・・sweat02

 

前に進まない・・・・・      止めておけば良かった・・・・crying

 

 

テニスラケットは右脇にに抱え込む様なスタイルを維持、ダンシングの膝はハンドルに

ぶつかる位の状態でヘアピンを向かえます。

 

駄目だぁ~   登れないdowndown

 

 

ここで足付きしたら、ブログの記事には出来ない? との使命感???(*^_^*)

体が自動的に次の手を打ちますsign01

 

ペダルを踏んだだけでは進まない大丈夫号のハンドルを、思いっきり手で引っ張り

上げ、船のオールを漕ぐ様な要領で強引にペダルを回しますrecycle

(鼻から煙が噴き出す様な形相で・・・・・爆)

 

しまいには、コーナーアウト側の手はハンドルを逆手に持つ必殺技迄編み出しupup

 

 

何と足付き無しで“聖跡いろは” を登りきりましたsign01 (*^^)v

 

 

一応タイムを・・・・・

Cimg1920

watch4分40秒60 登れただけで満足ですsign01

 

Cimg1926

何時もの様に頂上で記念の一枚camera

 

今週は0kmですが、チョット満足の週末でした (^O^)/

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

 

 

 

 

 

2010年11月16日 (火)

裏ヤビツライド(第2回タイムアタック編)

裏ヤビツライド記事もこれが最後のタイムアタック編になります。

 

約1カ月前に初めてこの裏ヤビツを登りましたが、その時は計測ポイントを良く確認

せずに大体のレベルを見ただけでしたので、裏ヤビツショートでwatch約27分が記録

されました。 前回の記事はこちらをご覧下さいsign01

 

今回はショートのスタート地点よりおやじさんを追いかけ、着いて行く事が出来れば

かなり良いタイムが出せると ( ̄ー ̄)ニヤリ 

密かに期待していたのですが・・・・・・

  

おやじさんとoscarさんは二人でノンストップannoy   あららぁ~coldsweats01

 

『札掛橋』の看板に気付いたお弟子さんと管理人は一旦停止でpaper  とりあえず一枚camera

 

Dsc06845

ここでは鮮やかな黄色がバックですsign01

 

Dsc06847

当然Escapeも前回と同じ位置でパチリcamerashine

慌てて撮ったので少しバランスが悪くなってしまいました・・・・weep

 

それでも都合5枚の写真を撮り、急いでスタート地点にスタンバイpaper

 

『それでは行きましょうsign01』 ストップウオッチのスイッチを入れwatch

お弟子さん、ディスカバリーのいちさん、管理人の三人が同時スタートですsignaler

裏ヤビツショートのコースはこちらをご覧下さい。

  

Dsc06848

単なる手ぶれか・・・・それともスピードが出ているのか・・・・・・????

 

お弟子さんを先頭に進みますbicycle

 

Dsc06849

前半は確か傾斜が緩いはず・・・・・・と余裕で写真など撮っているとhappy02

お弟子さんのペースが結構いいスピードでsweat01

 

ダメだぁ~ 真面目に走らねばup

カメラをしまい慌てて二人を追いますが、既に管理人の心拍はレットゾーンに突入sign02

 

このままだとパンクするimpact

 

一旦焦らずギアを落とし、呼吸を整えますsleepy  しばしの我慢・・・・・

 

一カ月前は軽くチギッタはずのお弟子さんcat いつの間にレベルアップしたのか?

それとも今日のペースが遅いのか・・・・・・

 

色々考えていると勾配変化ポイントの『きまぐれ茶屋』が見えて来ました!

するとお弟子さんから先に行け合図danger ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

いちさんと二人一気に追い抜きますが・・・・・・

勢い余っていちさんもパスcoldsweats01    し・・しまった・・・・・(滝汗)

 

こうなったら何も考えずに後は黙って登るだけだぁ~sign03 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

ここがあの天然水ポイントかpencilメモメモ    意外と周りを見る余裕もcatface

・・・・・・・

・・・

今回は何故かダンシングする事も無く、黙々とシッティングでゴールmotorsports

 

あら?終わっちゃった!という感じでした。

予想通り前回と同じ位置でおやじさんとoscarさんが出迎えてくれましたsign01

 

さてさて気になるタイムは?

Dsc06857

watch24分58秒

 

一応当初目的の25分は切る事が出来ました。

 

間もなくお弟子さんと、いちさんが到着ですsign01

Dsc06853  

 

とりあえず今回は先にゴール出来ましたが、あと一カ月もしたらお弟子さんの

背中しか見る事が出来なくなりそうです・・・・(笑)

 

さてさて次のトライは雪解けの春となるのでしょうか??

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

2010年10月26日 (火)

和田峠ライド(撃沈のタイムトライアル編)

峠のタイムトライアルサイトが結構有る事に最近気付いた管理人です。coldsweats01

 

今回の和田峠は2回目という事で、事前にタイムトライアル(良く利用されている)の場所や

ルールを確認してから出発する余裕がありました。

 

先ずはコースの紹介です。

『和田峠』←ルートラボで見れます。

距離 : 3600m

平均勾配 : 10.08%(最大は18%弱との話です・・・・滝汗)

標高差 : 363m

ルート全般に休む事を許さない激坂の連続と、5つのインコースは走れないヘアピンから

構成される手強いコースです。

 

最初に管理人のEscapeの仕様を記載しておきます。

最も軽いギアは 28x25(1.12)です。

先日の裏ヤビツは 28x21(1.33)と28x23(1.22)を多用して登りました。

ノーマルEscapeは 28x32(0.88)、28x28(1.00)、28x24(1.17)となります。

したがって、現時点でのEscape仕様は、ほぼノーマルのリア2枚残しという事になります。

 

さて、この和田峠の記録を見てみると・・・・・こちらのサイトをご覧下さい。

最速は13:34sign01 信じられないスピードshine 

Best10は15分台とは pencil

 

前回はゼーハーshockで40分以上の貧脚管理人からしたら、異次元の話しです・・・・(笑)

さて、半年修行を重ねた管理人の実力は如何にsign01

 

先ずはスタート地点である『陣馬亭』event

Dsc06525_2

廃墟ですが、向かって右側には椅子と灰皿が用意して有ります。

 

スタート直後の路地ですbell

Dsc06528

間違えない様に、この右側に見える橋をスタートにした方が良いと思うのですが・・・coldsweats01

 

Dsc06521

帰りに撮った写真ですので、Escapeの向きが逆(下り)となっています。bleah

奥に峠の山並みが・・・・・

 

前半の約1.2kmは、程良い峠の雰囲気とトレッキングの人達を交わしながら進みます。

ガンガン走るロードの方3名程に軽くちぎられました。down

 

この区間のお気に入り風景を2枚程clip

Dsc06486

立木と木漏れ日notes

 

Dsc06474

苔の生えたガードがとても良い味を出しています。

一眼レフ(せめてもう少し画素数の高いデジカメ)が欲しくなって来ましたlovely

 

ここを過ぎると挨拶代わりの第一波がやって来ます。

Dsc06470

ほぼ直線で一気に上がるのですが、既にこの段階でギアは 28x25(1.12)です。(滝汗)

 

Dsc06469

少しの区間傾斜の緩い場所が現れます。

 

Dsc06467

ヒルクライム中(行き)は、ここでトレッキングの4人組が休息を取っていましたが、

これが最後の足休めポイントであり、以降約2.2kmはひたすら激坂との戦いとなります。

一度シフトアップするもすぐさま最も軽いギアへrecycle

 

1.9km地点の第1左ヘアピンです。impact

Dsc06463

一応まともな道に見えますが、Escapeの後ろタイヤに木の枝をはさんで

何とか止めている状態です。coldsweats01

 

上か見るとこんな感じです。

Dsc06461

ヘアピンの中では一番勾配が緩い?と思います。

 

Dsc06454

第1ヘアピンからのS字アプローチと第2右ヘアピンですimpact

 

Dsc06452

上から見た感じですが、ブラインドになっている分勾配を感じません。

 

ここまでの激坂区間で、MTBを4台抜かしそれなりのペースでペダリングしていたの

ですが、この辺から貧脚が悲鳴をあげ始めます・・・・・(>_<)

 

Dsc06450

何故かバタバタと倒れているsweat02 寂しい雰囲気・・・shock

 

屍の骨の山・・・・

足が上がらない・・・・・・・

このままスピードが落ちたらコケルのか・・・・・・・・sign02

 

Dsc06444

(第3ヘアピン入口から見下ろした画像)

  

おもぉ~い雰囲気になった瞬間第3左ヘアピンが登場impact

Dsc06438

Dsc06439_2

2枚とも上から見た画像ですが、最も絞られた部分に土がせり出し、コースが狭くなった

錯覚に陥ります。また、進行方向の左を見上げると、まさに2階へのはしごを登る様な

気分になってしまいます。

 

『駄目だsweat02このままでは登れずにコケルbomb未だビンディングを外す力が残っているのか?』

真剣に恐怖が襲って来ましたbearing

当然インコースはとても走れないので、右側のアウトコースを無視して走りますが・・・・

 

『ガードレールshineキャッチpaper

Dsc06442

(帰りの画像ですので、Escapeは逆向きです)

 

スタートより2.7km地点であえなく撃沈downwardright 

ガードレールを握りしめ、完全stopとなってしまいました。(T_T)

 

ゆっくりビンディングを外し、呼吸を整えますwobbly 今日も負けです(涙)

 

そんな管理人をあざ笑う様に先程抜かして行ったMTBがどんどん登って行きますsign01

 

焦る気持ちはゆっくり抑え(ここがどの位のポイントかも判断出来ていないsweat02)再スタートの

タイミングを計ります。

 

3人目のMTBが通った後で、その背中を追う様に再スタートを切りますbicycledash

 

あぁ~ なぁなんだぁ~sign02

 

足が異常に軽いup さっきまであんなに重たかった足が・・・・・

以前来た時は、一度止まると再スタートを切っても100m程度でまたSTOPdanger

そんな事を繰り返して泣きながら登ったのですが、今回は体力も急速に回復し

息苦しくも無いsign01 完全なnosmoking禁煙効果(*^^)v

 

するとギア比が違うMTBにすぐ追いつき、簡単にパスsign01

『失礼します!』 『お先にどうぞ!!』てな具合で・・・・

 

あと後気付いたのですが、このコースの一番の難所は第3左ヘアピンから第4右ヘアピン

迄の約600mが、コース・体力・気持ち的にも大きなポイントとなる様です。

 

Dsc06434

少し見晴らしが良くなり・・・・

 

Dsc06431

こんな目印が有る場所に・・・・・

 

『もののけ姫』の“こだま”の様なオブジェが有りますsign01

Dsc06425

 

苦しい上りのさなかで気付く事が出来たくらい、一回の休憩で復活したと言えますwink

Dsc06427

Escapeも一緒にパチリcamera

 

 

Dsc06421

大きな左コーナー

勾配はそこそこですが、気持よく登れる雰囲気です。

 Dsc06415

第4右ヘアピンです。 イン側の道が崩れています・・・・

 

Dsc06410_2

背の高いこの立木が目印です。

 

Dsc06406

和田峠唯一の絶景ポイントです。

ほんの一瞬ですので、見逃さない様に要注意ですsign01

 

そして最終第5左ヘアピンを迎えます。

Dsc06397

道幅は広く、道の中央部分でも登れる位の勾配です。

 

Dsc06395

上から見ると結構凄いのですが・・・・

第3、第4ヘアピンからすると、少し気持ち的に楽なヘアピンです。note

 

ここを過ぎれば後はゴールへまっしぐらぁ~upwardright

途中から山頂小屋の姿も見えて来ますので、一気に元気が出て来ますsign01

 

Dsc06393

ゴール地点から見た最後の直線です。

何人かのゴールシーンを見ましたが、何故か皆ダンシングでゴールしてました・・・・

実は管理人もsweat01 ゴールが見えて来るからだと思います。

 

果たしてタイムは?

Dsc06392

watch26分19秒  おぉ~ 結構早い?

 

サイトで確認しても、1.2近辺のギア比を使用している人達は20~23分程度で

皆記録を出している状況なのです!

もし、管理人がペダリングしていたペースを守って、途中休憩を行わなかったら・・・

20~23分の記録を出す事も出来たかも知れません。(*^_^*)

 

最終的にリベンジマッチは返り討ちにあってしまいましたが、是非次回こそはノンストップで

完走したいと思います。(@^^)/~~~

 

 

 

 

2010年10月21日 (木)

聖跡いろはタイムアタック(その3)

先週の日曜日に桜ケ丘ポタを実施しましたが、桜ケ丘と言えば・・・・・thunder

 

たとえ前日が峠であっても何故かタイム計測をしてみたくなりwink

関戸橋を渡っている最中で、寄り道をする事に決めました。

 

このタイム計測は3回目になります。

だいぶ忘れ掛けて来ましたので、コースと過去の記事を記載させてもらいます。

 

<コース概要>

距離 : 825m

標高差 : 55m

平均斜度 : 6.7%

※詳細説明は『聖跡いろは』の紹介をご覧下さい。

one 5月30日 2:55:50  記事内容

two 6月19日 2:51:69  記事内容

 

Dsc06168

いつもの様にスタートグリットでの一枚camera

 

今日の誓いはpaper

・フロントセンター縛り

・勝負は1回のみ

 

信号が変わり車が全て発信したのを確認しスタート bicycledash 

昨日の疲れはそれほど感じずに、フロントセンター縛りで前半を進みsweat01

中盤以降のヘアピン区間においてはダンシング発動sign01

後半はいつもの通り軽い酸欠&貧血shock 気にせずゴールの横断歩道へmotorsports

 

さてタイムは・・・・・・

Dsc06175

watch 2分53秒59    (;一_一) 平凡なタイム・・・・・

 

残念ながら、記録更新とはなりませんでしたが、ハッキリ以前とは違う事が1つsign01 

 

nosmoking禁煙効果で、ゴール後のハーハーゼーゼーからの復活が非常に早いscissors

禁煙前は走り出せる迄10分近く掛っていた(大げさでは有りませんcoldsweats01)のに、

今回は1分程度で復活fuji 吸気系の改造は凄い威力ですgood

 

次回は元気な状態で、50秒切りを目指して登りますsign03

 

 

 

2010年10月13日 (水)

牧馬峠タイムアタック?

調子に乗ってまた記録を残しておこうとタイムを計測しましたwatch

 

この内容は個人的な記録として記入する内容ですので、軽く読み流して下さいsign01

 

さて、『牧馬峠』って言ってもハッキリ言って聞いた事無いcoldsweats01のが本音で・・・・・(爆)

でも、それなりの峠ぽいので、自分なりの基準を設けて(次回ライドの目安として)

記録を残しておく事にしましたpencil

 

先ずはコース概要の確認です。

距離 : 3.2km

上り : 7.7%

 

スタート地点に決めたポイントがこちらflag

 Dsc05759

 『青馬橋』ですsign01

 

橋の下はこんな感じで・・・

Dsc05758_2

ここも綺麗な緑色の川wink  notes

 

スタート地点から一気に上りへと転じているそのコースが見て取れますcoldsweats01

Dsc05760

 

一応フロントミドルの38でスタートするも、直ぐにインナー28に切り替え

先週と同じ2枚残しの28-21で進みますbicycle

 

しかし・・・・

やはりかなりの勾配が・・・・・・

とりあえず絶好の撮影ポイントと割り切り、数百メーター地点で早くも撮影実施camera

(決して苦しくなっての足着きでは有りません・・・・笑(-_-)zzz)

Dsc05763

 

気を取り直して同じギアで再出発すると・・・・これまた直ぐに眼下のキャンプ場がsign01

Dsc05765

(あくまで撮影で、足着きでは・・・・sweat01 ありませんsign02

 

おいおい!真面目に登れsign01って感じになって来たので、ギアの縛りは一切無しにして

苦しくなったら最も下の28-25を使用して一気に上りますsweat01   結構きついです(涙)

 

そして、次に撮影ポイントとなったのがこちらです。

Dsc05777

一瞬ゴール地点と思いこみ、ストップウオッチを止めてwatch 写真をパチリcamera

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

 

あれぇ~? まだ上が有る??

再度バイクに跨り、ストップウオッチを再起動sign01

 

頂上付近の緩い勾配を軽自動車の後ろに付きゆっくり進みます。

 

Dsc05778

このゲートを一応のゴールとしましたmotorsports

 

気になるタイムはsign02

Dsc05779

watch15分19秒

 

ルートラボの自電車所要時間より遅いタイム・・・・・(;一_一)

まあ、個人的な記録(日記)ですから・・・・徒歩よりは速いし(爆)

 

このポイントでしばし休んでいると、次から次へと物凄い勢いで駆け上がって来る

ローディーさんが多数up  ハッキリ言ってレベルが違います! (-_-)zzz

 

登坂状況を確認していると・・・・

今回も裏のコースだったのでは?と思い始め、峠を下り始めるとannoy

 

Dsc05787

激坂の証であるエンボス加工が続きます。

 

Dsc05783

車も上るのが苦しそう・・・coldsweats01

 

次回同じコースを走るのであれば、このチェックポイントを利用しようと思います。

 

でも・・・・

次は表のエンボス加工道路を上ってみたいかも・・・・・(笑)

 

 

 

2010年10月 6日 (水)

裏ヤビツショートタイムアタック?

先日来より記事としている裏ヤビツ峠にて、一応のタイム計測を実施してみたので、

別記事にて記録しておきたいと思います。pencil

 

最初にsign01 かなり期待されている方が若干1名いらっしゃいますが・・・・(笑)

大した内容(記録)では無く、個人的な記録として残す記事ですので、軽く読み流して下さい。

 

初めてのヤビツ峠fuji それも十分な準備もせずに登頂を開始して、頂上に着く迄は

そのコースが裏ヤビツで有る事の確信も無いままに進んだ内容ですので、相変わらずの

小学生日記形式coldsweats01 で記載します(笑)

 

 

素晴らしい景色とその雰囲気に下手な写真ばかりを撮りまくる管理人でしたが、

だんだんと心配になって来る事が (;一_一)

ここは本当にヤビツ峠なのであろうか・・・・・

頂上迄あとどの位登るのだろうか・・・・・・

 

お腹も少し減ってきたし、足(体力)をどの位残しておけば良いのかとcloud不安が膨らんで

きはじめた頃の事ですshine 休憩中のローディーさん発見sign01lovely

 

明らかにお休み中の状態sleepy と見受ける状態だったので、バイクを止めて話し掛けよう

とすると・・・・    下を向いて目を合わせてくれませんdown

  

仕方がないので、とても綺麗な川の流れを1枚camera

Dsc05422

フムフムこれはいい(*^。^*)とEscapeを入れてパチパチshine

Dsc05428

と・・・油断をしているとローディーさんがESCAPEwobblyup

 

やられたぁ~ 色々教えてもらおうと思ったのに・・・・・(涙)

 

とりあえず、ここが裏ヤビツで間違え無ければ、2段階の勾配区間(前半ゆるく、後半きつい)に

なっていて、その後半が一般的なタイムアタック区間だったはす・・・・?

今のローディーさんは明らかに呼吸を整えこれから出発という感じを醸し出していたsign01

相変わらずの能天気な判断で、本日はここからタイム計測をしてみる事に決定sign03

(タイム計測は『聖跡いろは』以外では初めての経験)

 

まずはこの場所がどこのポイントか目印を探しますeye

Dsc05424

丹沢ホームの看板

 

Dsc05423

橋の名前もパチリshine

 

Dsc05430

理解出来ない距離表示?

当日は頂上迄の距離かと思っていましたが・・・・

峠全体(246号)迄の距離を表していたのでしょうか???

 

サイコンの2をリセットし、時計をストップウォッチに切り替えていざしゅっぱぁ~つ bicycledash

 

何故か今回は焦る事なく『ペダルをこいでいれば、いつかは必ず着くsign01』という

偉大なK氏の言葉を心に刻み、マイペースで進みます。think

 

すると直ぐに同じ様な橋(チョット小さい)で休憩するライダーを発見sign01

さらに記念写真をとる中年のアベックさんまで・・・・(笑)

一応バイクを止めて、写真を1枚camera

Dsc05438

 

すると今度は休憩中のライダーさんから話しかけて来ました!

ライダー: こんにちは! 写真とりましょうか?

管理人: いぃえ・・・大丈夫です!

ライダー: せっかくの記念ですから!

と強引に押し切られ、管理人ショットを1枚camera  上の写真と大差無いので割愛ng

 

ここで慌ててストップウォッチを止めて世間話を少々・・・

その方の乗っているバイクは非常に見覚えのある色と形で・・・・

Mのmuirwoods(黒)荷台付きsign01(爆)でした!(^^)! 何故か吸い寄せられる気がしてspa

 

年は50代前半位の方で、藤沢からいらしたとの事でした。

昨年は3日間かけて京都迄行ったそうですが、今年は松本から糸魚川(日本海)を

目指すとの事で、その練習に峠訓練を始めたそうです。

(どこぞやの爆走オヤジなら1日でアルプス越え300km行けそうな気がしますが・・・笑)

 

お互いこのコースが初めてとの事でしたので、アベックの男性に頂上迄の距離を聞いて

みると・・・・・(>_<)

男性: ここから先はどんどん勾配が厳しくなるよ!

    10kmは無いけど確実に5km以上有るじゃ無いかなぁ~!

ライダー: 沈黙・・・・・・・

ということは、やはりさっきの『札掛橋』が起点で有る可能性は高いbellと密かに喜び

Muirwoodsおじさんと別れますsign01

 

不思議とこの日は、先行して抜かれたとしても構わない!という気持ちが強く

ひたすらマイペースで進みますsnail

 

再スタートをして直ぐにこの風景に出合います。

Dsc05440_2

見過ごす事は出来ずバイクを止めて写真を3枚程camera

後ろからオジサンがやって来ない事を確認し再スタートsign01

 

ここからひたすら登る登るchick 

28-21(19)のシティングと、勾配のきついコーナーではダンシングを混ぜ・・・

すると元気な声がsign01

『こんにちは!また会いましたねぇ~sign01

 

そうです、宮ヶ瀬で追走させて頂いたTREKのローディーさんでした(^O^)/

ペアの方が坂に慣れていない模様で、ペースが上がらなかったのでは?と感じました。

ゴールが近くなった事により、一人でペースアップされた様でした。

 

管理人: こんにちは!頂上迄はどの位ですかぁ~?

トレックさん: あと3km弱かなぁ~  標高で100m位だよ!

管理人: そうですか・・・・

しばしトレックさんと並走する様に坂を登りますnotes

流石にペースが上がらないので・・・・・・

トレックさん: それじゃまた!

と言い残して先に進んで行かれましたが・・・・・・    

この先が結構な勾配でcoldsweats01(滝汗)

 

トレックさんはシフトチェンジが上手く行かず足付き寸前の完全な失速状態bomb

トレックさん: いやぁ~はやいね~! お先にどうぞ!!

管理人: 失礼します・・・・

特にペースを上げるでもなく、淡々と進む今日のライドsweat01

 

100mも進むと勾配が緩くなりトレックさんが一気に復活up

トレックさん: また激坂でお待ちしています!

と行ってしまいました・・・・・しかし・・・・

この時点で既にほぼ頂上へ到着していたのでしたsign02(笑)

 

多くのライダーさんが休憩している中で、先程のトレックさんが管理人の

到着を待っていてくれたのですsign03(涙) なんかとても嬉しくて(>_<)

 

初めての登頂で、記念写真の位置やポイント、そして数枚の写真迄撮って

頂き・・・・・m(_ _)m  自転車仲間?っていいなheart04 と実感しました。

 

そのあと世間話をさせて頂きましたが、世田谷から来られたとの事で、ペアの方は

トレックさんの前の自転車を下取りして乗られているとの事でしたが、始めたのは

3カ月前だそうで・・・・・

トレックさんの愛車を撮らせてもらいましたsign01

Dsc05447_2

昨年モデルですが、先日トレックショップのバイクプラスさんで勧められたフルカーボンの

アルテ仕様ですsign01 格好いい good

 

その後お弟子さんも加わり話が盛り上がっている最中に、muirwoodsおじさん到着sign01

こちらの話が盛り上がっているのを見て、軽いアイコンタクトでご挨拶wink

同じ目的を達成した事による、仲間意識の高揚なのでしょうか?

何とも言えない快感が・・・・また登りたい!!

 

さて、最後に管理人の記録ですが・・・・・coldsweats01

Dsc05449

時間:26分53秒

 

Dsc05451

距離:6.41km

 

Dsc05452

平均速度:14.2km/h  の結果でした sign01

 

途中止まった分を甘めにカウントしても、25分を1つの目安にしてみたいと思います。

 

最後にこのコース概要と表側から見た峠の全景をご覧下さい。

Dsc05477

この真っ直ぐ先がヤビツ峠です。

 

 

 

2010年6月19日 (土)

『聖跡いろは』タイムアタック!(6/19)

今日は雨rainのはず・・・・

 

昨晩は2時過ぎ迄飲んだくれていたbottle管理人

当然早起きは出来ずsleepy更にお酒も抜けていない状態でshock

 

ゆくりスタートで短時間勝負の時はやはりここしか無いsign01

 

家の用事を全て済ませ、そそくさ準備sandclock 天気も持ちこたえてくれている。

 

Dsc03932

やって来ました『聖跡いろは』shine

 

前回迄の成績はwatch2分55秒50秒 詳しくはこちら

 

<本日の作戦>

one前半の勾配が緩い区間を一気にダンシングでスピードアップ

twoなるべく高いギアでスピード維持(フロントはセンター維持)

 

 

早速信号待ちから準備、青信号の合図から車を全て見送りストップウオッチを

ぷちっbicycledash

 

無事にSPDを一発でキャッチして、フロントセンター・リア5速にてダンシングup

ヘヤピン区間ではリアを1速落とすだけで力いっぱいペダルを回すrecycle

 

後半は心臓が口から出て来るheart02のでは? ・・と なんとかゴールmotorsports

 

記録は・・・・

Dsc03937

watch2分51秒69 !(^^)!

 

約4秒のタイム更新sign02

というか・・・もっと行ってると思っていたのですが・・・・(ノ_-。)

 

この後は軽く浅川をポタって帰宅

 

 

本日の走行記録

走行距離 :  24.2km

平均速度 : 23.0km/h

最高速度 : 43.0km/h

 

6月累計  : 332.0km

累積距離 : 2902.1km

 

 

さあぁ~ この後はオランダ戦だぁsign03

飲むぞぉbeer

 

 

 

 

2010年5月30日 (日)

『聖跡いろは』タイムアタック!

今週の週末は天気が悪く・・・raincloud

 

本当であれば、浅川~相模湖付近か、江の島でも行こうと考えて

いたのですが、昨日が仕事weep 今日は朝から怪しい天気と・・・

 

【管理人の心得 雨対策】

one雨の日は乗らないrain

two下が濡れている時は乗らないpout

three雨が降りそうな時はのらな・・・・近場で我慢(* ̄ー ̄*)

という心得で週末ライドしてます。 温い・・・・spa

 

そこで、今日は近場の『多摩御陵』とスタートしたのですが、

まずは先日来の『聖跡いろは』へタイムアタックにup

前回は100km走行後という事も有り、登るだけでも必死でしたので、

体力が余っている出発直後に挑戦sign03

 

さてタイムは??

Dsc03629

 watch 2分55秒 !(^^)!

 

とりあえず3分切りで良しとしましょうscissors

 

この後顔にポツリとsweat02 あぁ雨?

ブログネタも出来た事だし、今日は引き上げだぁ~っと

 

軟弱な管理人でした。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

 

本日の走行記録

走行距離  :  9.1km

平均速度  : 20.3km/h

最高速度  : 36.1km/h

 

5月累計   : 350.5km

累積距離  : 2570.1km

 

 

 

 

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ