フォト

ポチリとブログ村!

お気に入りリンク集

KHARMA

2012年11月 1日 (木)

シューズ選び『SIDI ERGO3』

1時間以上かけて書いた記事が、エラーでいきなり消えてしまい落ち込みながら

同じ内容を書き直しています。crying 

 

 

 

ペダルはSPD-SLにしようと決めた管理人は、即決ネットでポチッとボタンを押した

のですが、さすがにシューズをポチる程勇気は無くsweat02  ショップへGosign01 rvcardash 

 

相変わらず事前調査を行う事も無く、周りの仲間たちが履いているメーカーを

取りあえず履いてみてから考えるnote と・・・・ SiDIのシューズを試してみました。

 

 

 

 

Genius5_pro_2_2

ジェニウス5プロ 

 

 

 

管理人のレベルではこの程度が仕様も価格もぴったりだと思ったのですが、

管理人の足に合うサイズは気に入った色がなった事より、段々調子に乗って

上位グレードの説明を受けながら、どんどん試着して行く事になりました。coldsweats01 

 

 

親切な店員Mさん:『カーボンソールになると+5,000円』『センターのバンドが

            ワイヤーになると+5,000円』って感じですねぇ~

 

管理人: 『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・snail  ・・・・・・・・・・・fish 』 

 

親切な店員Mさん:『これなら踏み心地もフィット感も最高ですよheart04

 

管理人: 『あのぉ・・・・・・  これsweat02 これ下さいup 』

 

 

 

 

 

 

Cimg3973_2


今回管理人が購入したのがこちらのSiDI ERGO3です。good 

 

 

いやぁ~ 管理人レベルではかなりの贅沢品だったのですが、今使っている

SH-RT52は3本ベルトのマジックテープ方式であり、脱ぎ履きは楽なのですが、

サイズが甘く指先がかなり遊んでいる事と、長距離を走るとベルト部分が痺れて

来る事が多かったので、このワイヤーによる締め付けのフィット感と、サイズの

見直しが購入のポイントとなりました。

 

 

 

 

Cimg3975_2


ソールはカーボンなのですが、果たして管理人にその違いが解るのか?bleah 

 

 

 

 

 

 

Cimg3860_2 

 

『クリートも下さいsign01』 と・・・・ 黄色い奴を買って帰ったのですがsweat02  

 

ペダルはクリート付きで販売されている事を知りませんでしたので、スタート

から予備クリート保有となってしまいました。(^_^;)

 

 

 

 

 

Cimg3976


SPD-SLのクリートは、こんな感じで3カ所を外側からネジで締めつける

だけの簡単構造なのですが、各部想像以上に広い調整幅を持っています

ので、何度か再調整をしながら合わせる必要が有りそうです。

 

 

この週末は、また多摩サイを行ったり来たりとなりそうです。(*^。^*)

 

 

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  

 

 

 

 

 

2012年10月31日 (水)

ペダル選び『PD-6700C』

ロードバイクに乗るのだから、やはりペダルはSPD-SLが良いのかなぁ~

 

 

 

 

単純な悩みはバイクを購入する前に決めておくべきなのですが、管理人の場合

毎度追い込まれないとなかなか動かない性格なので・・・・・・sweat02  

 

 

最初はコスパや利用方法を考えるて、Escapeで使っているSPDシューズをそのまま

使う方法が一番良いと考えたのです。

 

 

 

 

Shidpda600

シマノSPDペダル PD-A600  (Escapeの記事はこちらをご覧下さい)

 

 

EscapeにはホイールとこのペダルにULTEGRAグレードを装着している事より

KHARMAにもこれ以上の物を使いたいと考えたのですが、SPD-SLのULTEGRA

仕様で有るPD-6700はA600より値段が高いのに、重量が重いのですよsweat01 bearing 

やっぱり同じA600を購入してシューズを兼用にした方が良いのかなぁ~down

 

 

 

初のロードバイクですし、どうせならピシィ~!っと新しいシューズにしたかった

管理人でしたので、やはりSPD-SLに拘りたいと思い始めたら・・・・・

 

 

 

 

 

(#^.^#) 見つけちゃいましたsign03  

 

 

 

 

Cimg3862

PD-6700C shine  ULTEGRAグレードのカーボン仕様ですpaper  

 

 

<重量比較>

 

・PD-A600  286g 

・PD-6700  314g

・PD-6700C 260g

 

※外観を見る限り、駆動軸は全て同じ作りに見えます。

 

これならしっかりグレードアップした感じになりますよねぇ~ note  

 

 

 

Cimg3865

 

触った感じはカーボン独特の柔らかさが伝わって来る感じですが、見た目は

削り出しの一品物って感じの仕上がりです。(笑)

 

 

 

 

 

Cimg3867_2


裏面から見ると無駄な部分は肉を削って軽量化の工夫を施して有ります。

 

 

 

 

Cimg3869


このペダルの特徴は、A600の時と同じ様にペダルレンチを使う必要が

無いという事なのです。

 

 

 

 

 

Cimg3870


こんな感じでアーレンキーさえあれば取り付け可能ですの非常にお手頃です。

 

お陰様で未だペダルレンチを持っていませんよscissors  (●^o^●)

 

 

 

 

 

Cimg3863

 

締めつけ強度の調整はこの部分をアーレンキーで回します。

 

 

 

 

 

 

Cimg3969_2


この部分が調整を確認するゲージなのですが、中央の金属部分(赤い所の上)

が上に有る時は緩くなり、下へ行くほど硬く(きつく)なるそうです。

 

当然ですが、管理人は最弱設定ですpaper  (#^.^#) 

 

 

 

 

 

Cimg3916


いやぁ~ 良い選択をしたと完全に自己満足の管理人でした。 (*^^)v

 

 

 

 

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  

 

 

 

 

 

 

2012年10月29日 (月)

KHARMA SERIES

今更細かい事を書いてもしょうが無いのですが、自分自身の記録とKHARMA購入を

検討されている人の為に、基本仕様を記事にしておく事にします。

 

 

 

 

管理人が購入したのは2012年モデルのKHARMA SERIES の完成車です。

 

 

Cimg3875


 

仕様: ULTEGRA ホワイト/クリア

サイズ: Sサイズ

Photo_2 Photo_3  

 

ちなみに管理人の身長は170cmで、腕長め&足短めですheart04  

 

 

Ys’さんのバイオレーサー@1,000-では、このKHARUMAのジオメトリーからすると

ステム▲30mm(90⇒60)、サドル後退28⇒58 と、現状かなり前乗りになって

いるとの事です。  (;一_一) ステム交換しちゃおうかなぁ~sweat02 

 

 

次に写真無しとなりますが、体重計での重量測定を報告します。pencil 

 

oneKHARMA 7.6kg (ペダル無し)

twoEscape 10.5kg(通常装備・ボトル無し)

threeEscape 9.5kg(サドルバック・ツール缶・携帯ポンプ含まず)

 

※測定方法はデジタル体重で管理人の体重を差し引いた重さ

※計測可能範囲は0.1kg単位

 

 

測定誤差も含めてペダルを含むKHARMAの重量は8kg弱って感じでしょうかpencil  

 

 

 

それでは気になるパーツの写真を順にご覧頂きましょう。

 

 

 

Cimg3890 

先ずは噂の90mmステムとKUOTAのヘットセットnote  

 

カラーリングもマッチして良い感じなのですが、長いと言われると乗ってもいない

のに、段々交換したくなって来るのは仕方がないですよねぇ~coldsweats01  

 

 

 

Cimg3896 

 

ハンドルも同じくDedaなのですが、カラー以外は余り気に入っていません。

 

お金貯めてカーボンにしちゃおぉ~ っと??? (*^_^*)

 

 

 

 

Cimg3915

 

クランクはコンパクトクランクの50x34T pencil 

 

 

 

 

Cimg3919


リアディレーラーも良い感じheart02 

 

 

 

 

Cimg3920 

 

スプロケは12x25Tなのですが、本当は11x27Tが良かったとdown  

 

 

 

Cimg3901


ホイールはMavic AKUSIUM F830g R965g 計1,795g

 

扁平スポークと大きなラチェット音が特徴みたいですが、合成に優れて

コスパの高い使い易いホイールと評判です。

 

 

 

Cimg3903 

 

タイヤはKUOTAオリジナル700x23cなのですが・・・・・・・・・ (^_^;) 

 

 

 

 

Cimg3929 

 

サドルは管理人の好きなメーカーである san marcoPONZA POWER

KUOTA仕様ですよsign03 これ結構お気に入りです。(^O^)/

 

 

 

Cimg3925


シートポストはKUOTAのオリジナルカーボンポストなのですが、これが空気

抵抗を意識した扁平形状で、とてもカッコイイのですよsign01 

 

しかし・・・・  テールライトをどうしようか悩んでいます。coldsweats01  

 

 

 

 

Cimg3895


ブレーキもULTEGRAなのですが、先日の初乗りでは思ったより良く止まるdanger 

って感じでした。(笑)  Vブレーキに慣れていた管理人だったのですが、

これなら十分問題無しと言える位の効き目でしたよpaper 

 

 

 

Cimg3943

 

BBも当然ULTEGLAなのですが、このぶ厚いBB周りの形状がKHARMA

選んだ一つの理由なのです。scissors  

 

 

 

 

Cimg3909 

 

流れる様なトップチューブ形状と・・・・・・heart04  

 

 

 

Cimg3938

 

汗が落ちたり持ち上げる時に直接手で触れるトップチューブ周りのワイヤーは

フレームイン構造になっています。

 

13年モデルのKHARMA EVOは、ダウンチューブ周りもフレームインに

なるそうですので、更にスッキリするのでしょうねぇ~shine 

 

 

 

 
Cimg3907 

 

この背の高いダウンチューブが特徴のバイクなのですが、他にも意外に

気の効いた小技も使っているのです。happy01  

 

 

 

Cimg3911

 

フロントディレーラー部分です。

 

 

Cimg3904 

 

こんなチョットした小物にまで気を使って仕上げている所が、購入を決断する

ポイントになった事は言うまでも有りません。 

 

 

KHARMAは自社のカーボン技術だけでは無く、この様にしっかりした一流メーカー

の部品を採用しており、こんな価格で販売しても良いのですかぁ~sign02 って

真剣に感じてしまうのは管理人だけなのでしょうか?

 

 

それでもやはり完成車ですので、交換したい部品は幾つも有ります。

 

番長の目を盗んで、またパーツ交換を企んでいる管理人なのでした。good  

 

 

 

 

↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ     

 

 

 

 

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ